ToolTip.AutomaticDelay ToolTip.AutomaticDelay ToolTip.AutomaticDelay ToolTip.AutomaticDelay Property

定義

ツール ヒントの自動遅延を取得または設定します。Gets or sets the automatic delay for the ToolTip.

public:
 property int AutomaticDelay { int get(); void set(int value); };
public int AutomaticDelay { get; set; }
member this.AutomaticDelay : int with get, set
Public Property AutomaticDelay As Integer

プロパティ値

自動遅延 (ミリ秒単位)。The automatic delay, in milliseconds. 既定値は 500 です。The default is 500.

注釈

プロパティを使用すると、1つの遅延値を設定できます。この値はAutoPopDelay、、 InitialDelay、およびReshowDelayの各プロパティの値を設定するために使用されます。 AutomaticDelayThe AutomaticDelay property enables you to set a single delay value, which is then used to set the values of the AutoPopDelay, InitialDelay, and ReshowDelay properties. AutomaticDelayプロパティが設定されるたびに、次の値が既定で設定されます。Each time the AutomaticDelay property is set, the following values are set by default.

プロパティProperty 既定値Default Value
AutoPopDelay プロパティ値のAutomaticDelay 10 倍。10 times the AutomaticDelay property value.
InitialDelay AutomaticDelayプロパティ値と同じです。Equal to the AutomaticDelay property value.
ReshowDelay AutomaticDelayプロパティ値の1/5。1/5 of the AutomaticDelay property value.

これらのプロパティは、 AutomaticDelayプロパティが設定された後に個別に設定することもできます。These properties can also be set independently once the AutomaticDelay property has been set. 詳細については、 AutoPopDelayInitialDelay」、 ReshowDelay 「」、および「」を参照してください。For more information, see the AutoPopDelay, InitialDelay, and ReshowDelay properties. このプロパティは、通常、ツールヒントウィンドウに一貫した遅延パターンを提供するために使用されます。This property is typically used to provide a consistent delay pattern for your ToolTip windows.

適用対象

こちらもご覧ください