UpDownEventArgs クラス

定義

UpDownBase コントロールから派生したコントロールに対してデータを提供します。Provides data for controls that derive from the UpDownBase control.

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

public ref class UpDownEventArgs : EventArgs
public class UpDownEventArgs : EventArgs
type UpDownEventArgs = class
    inherit EventArgs
Public Class UpDownEventArgs
Inherits EventArgs
継承
UpDownEventArgs

注釈

UpDownEventArgs は、ユーザーが UpDownBase コントロールから派生したコントロールのボタンをクリックしたときに使用されます。The UpDownEventArgs is used when the user clicks a button on a control that derives from the UpDownBase control. UpDownEventArgs には、どのボタンがクリックされたかに関する情報が含まれています。The UpDownEventArgs contains information on which button was clicked.

コンストラクター

UpDownEventArgs(Int32)

UpDownEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the UpDownEventArgs class.

プロパティ

ButtonID

ユーザーがクリックしたボタンを表す値を取得します。Gets a value that represents which button the user clicked.

メソッド

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象