WebBrowser.Refresh メソッド

定義

WebBrowser コントロールに現在表示されているドキュメントを再読み込みします。Reloads the document currently displayed in the WebBrowser control.

オーバーロード

Refresh()

WebBrowser コントロールに現在表示されているドキュメントの更新されたバージョンがサーバーにあるかどうかを確認し、更新されていれば再読み込みします。Reloads the document currently displayed in the WebBrowser control by checking the server for an updated version.

Refresh(WebBrowserRefreshOption)

指定された更新オプションを使用して、WebBrowser コントロールに現在表示されているドキュメントを再読み込みします。Reloads the document currently displayed in the WebBrowser control using the specified refresh options.

Refresh()

WebBrowser コントロールに現在表示されているドキュメントの更新されたバージョンがサーバーにあるかどうかを確認し、更新されていれば再読み込みします。Reloads the document currently displayed in the WebBrowser control by checking the server for an updated version.

public:
 override void Refresh();
public override void Refresh ();
override this.Refresh : unit -> unit
Public Overrides Sub Refresh ()

次のコード例は、メソッドを使用して、 Refresh Internet Explorer のようなコントロールの 更新 ボタンを実装する方法を示して WebBrowser います。The following code example demonstrates how to use the Refresh method to implement a Refresh button for the WebBrowser control similar to the one in Internet Explorer. この例では、 WebBrowser というコントロール webBrowser1 とというコントロールがフォームに含まれている必要があり Button ButtonRefresh ます。This example requires that your form contains a WebBrowser control called webBrowser1 and a Button control called ButtonRefresh.

完全なコード例については、「 方法: Windows フォームアプリケーションに Web ブラウザーの機能を追加する」を参照してください。For the complete code example, see How to: Add Web Browser Capabilities to a Windows Forms Application.

// Reloads the current page.
void ButtonRefresh_Click( System::Object^ /*sender*/, System::EventArgs^ /*e*/ )
{
   
   // Skip refresh if about:blank is loaded to avoid removing
   // content specified by the DocumentText property.
   if (  !this->WebBrowser1->Url->Equals( "about:blank" ) )
   {
      this->WebBrowser1->Refresh();
   }
}
// Reloads the current page.
private void refreshButton_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // Skip refresh if about:blank is loaded to avoid removing
    // content specified by the DocumentText property.
    if (!webBrowser1.Url.Equals("about:blank"))
    {
        webBrowser1.Refresh();
    }
}
' Reloads the current page.
Private Sub refreshButton_Click( _
    ByVal sender As Object, ByVal e As EventArgs) _
    Handles refreshButton.Click

    ' Skip refresh if about:blank is loaded to avoid removing
    ' content specified by the DocumentText property.
    If Not webBrowser1.Url.Equals("about:blank") Then
        webBrowser1.Refresh()
    End If

End Sub

注釈

コントロールは、 WebBrowser 最近アクセスしたサイトの Web ページをローカルハードディスクのキャッシュに格納します。The WebBrowser control stores Web pages from recently visited sites in a cache on the local hard disk. 各ページでは、キャッシュに保持される期間を示す有効期限を指定できます。Each page can specify an expiration date indicating how long it will remain in the cache. コントロールは、ページに移動するときに、キャッシュされたバージョンを表示することによって時間を節約します (使用可能な場合は、再度ページをダウンロードする必要はありません)。When the control navigates to a page, it saves time by displaying a cached version, if one is available, rather than downloading the page again. メソッドは、コントロールに Refresh WebBrowser 最新バージョンが表示されるように、コントロールをダウンロードして、現在のページを強制的に再読み込みします。The Refresh method forces the WebBrowser control to reload the current page by downloading it, ensuring that the control displays the latest version. このメソッドを使用して、Internet Explorer のような [ 更新 ] ボタンを実装できます。You can use this method to implement a Refresh button similar to the one in Internet Explorer.

注意

ドキュメントの更新は、現在のページを再読み込みするだけなので、 Navigating メソッドを呼び出すと、、、およびのイベントは発生し Navigated DocumentCompleted ません RefreshA document refresh simply reloads the current page, so the Navigating, Navigated, and DocumentCompleted events do not occur when you call the Refresh method.

こちらもご覧ください

Refresh(WebBrowserRefreshOption)

指定された更新オプションを使用して、WebBrowser コントロールに現在表示されているドキュメントを再読み込みします。Reloads the document currently displayed in the WebBrowser control using the specified refresh options.

public:
 void Refresh(System::Windows::Forms::WebBrowserRefreshOption opt);
public void Refresh (System.Windows.Forms.WebBrowserRefreshOption opt);
override this.Refresh : System.Windows.Forms.WebBrowserRefreshOption -> unit
Public Sub Refresh (opt As WebBrowserRefreshOption)

パラメーター

opt
WebBrowserRefreshOption

WebBrowserRefreshOption 値のいずれか 1 つ。One of the WebBrowserRefreshOption values.

注釈

コントロールは、 WebBrowser 最近アクセスした Web ページをローカルハードディスクのキャッシュに格納します。The WebBrowser control stores recently visited Web pages in a cache on the local hard disk. 各ページでは、キャッシュに保持される期間を示す有効期限を指定できます。Each page can specify an expiration date indicating how long it will remain in the cache. コントロールは、ページに移動するときに、キャッシュされたバージョンを表示することによって時間を節約します (使用可能な場合は、再度ページをダウンロードする必要はありません)。When the control navigates to a page, it saves time by displaying a cached version, if one is available, rather than downloading the page again. メソッドは、 Refresh WebBrowser コントロールに対して、現在のページの再読み込みを強制します。The Refresh method forces the WebBrowser control to reload the current page. 再読み込みの種類は、指定された値によって異なり WebBrowserRefreshOption ます。The type of reload depends on the WebBrowserRefreshOption value specified. 値を指定してメソッドを呼び出すと、 Refresh WebBrowserRefreshOption.Completely ドキュメントの最新バージョンがダウンロードされます。If you call the Refresh method with the WebBrowserRefreshOption.Completely value, the latest version of the document is downloaded. 値を使用する場合、 WebBrowserRefreshOption.IfExpired 最新バージョンは、現在のドキュメントの有効期限が切れている場合にのみダウンロードされます。If you use the WebBrowserRefreshOption.IfExpired value, the latest version is downloaded only if the current document has expired. この値を使用すると WebBrowserRefreshOption.Normal 、サーバーは、独自のキャッシュに格納されているドキュメントのコピーを送信します。If you use the WebBrowserRefreshOption.Normal value, the server sends a copy of the document stored in its own cache.

注意

ドキュメントの更新は、現在のページを再読み込みするだけなので、 Navigating メソッドを呼び出すと、、、およびのイベントは発生し Navigated DocumentCompleted ません RefreshA document refresh simply reloads the current page, so the Navigating, Navigated, and DocumentCompleted events do not occur when you call the Refresh method.

こちらもご覧ください

適用対象