WebBrowser.WebBrowserSite WebBrowser.WebBrowserSite WebBrowser.WebBrowserSite Class

定義

WebBrowser コントロールのホスト ウィンドウを表します。Represents the host window of a WebBrowser control.

protected: ref class WebBrowser::WebBrowserSite : System::Windows::Forms::WebBrowserSiteBase
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
protected class WebBrowser.WebBrowserSite : System.Windows.Forms.WebBrowserSiteBase
Protected Class WebBrowser.WebBrowserSite
Inherits WebBrowserSiteBase
継承
WebBrowser.WebBrowserSiteWebBrowser.WebBrowserSiteWebBrowser.WebBrowserSite
属性

注釈

アンマネージWebBrowser activex コントロールを使用した OLE 開発に慣れている場合は、activex コントロールのマネージWebBrowserラッパーである Windows フォームコントロールの機能を拡張できます。If you are familiar with OLE development using the unmanaged WebBrowser ActiveX control, you can extend the functionality of the Windows Forms WebBrowser control, which is a managed wrapper for the ActiveX control. この機能拡張を使用すると、たとえば、ブラウザーのショートカットメニューやショートカットキーをカスタマイズしたり、ホストされているドキュメントに対してカスタムのセキュリティ構成を提供したりすることができます。You can use this extensibility, for example, to customize the browser shortcut menu and shortcut keys or to provide a custom security configuration for hosted documents.

この機能を使用するには、クラスWebBrowserおよびWebBrowser.WebBrowserSiteクラスを継承するクラスを実装します。To use this feature, implement classes that inherit from the WebBrowser and WebBrowser.WebBrowserSite classes. アンマネージWebBrowser ActiveX コントロールは、プロテクトWebBrowser.CreateWebBrowserSiteBaseメソッドを使用して、 WebBrowser.WebBrowserSiteクラスによって実装されている機能拡張インターフェイスを取得します。The unmanaged WebBrowser ActiveX control uses the protected WebBrowser.CreateWebBrowserSiteBase method to retrieve extensibility interfaces implemented by the WebBrowser.WebBrowserSite class. メソッドをオーバーライドして、 WebBrowser.WebBrowserSiteクラスから継承した独自のクラスのインスタンスを返します。 CreateWebBrowserSiteBaseOverride the CreateWebBrowserSiteBase method to return an instance of your own class that inherits from the WebBrowser.WebBrowserSite class. クラスWebBrowser.WebBrowserSiteは、OLE IDocHostUIHandlerインターフェイスの既定の実装を提供します。The WebBrowser.WebBrowserSite class provides a default implementations of the OLE IDocHostUIHandler interface. 詳細については、MSDN ライブラリの「 IDocHostUIHandler インターフェイス」を参照してください。For more information, see IDocHostUIHandler Interface in the MSDN library. このインターフェイスの独自の実装を提供したり、コントロールのWebBrowser動作をカスタマイズするために他の ActiveX コントロールインターフェイスを実装したりすることができます。You can provide your own implementation of this interface or implement any other WebBrowser ActiveX control interface in order to customize the behavior of the control. 詳細については、MSDN ライブラリの「 WebBrowser コントロール」を参照してください。For more information, see WebBrowser Control in the MSDN library.

注意

IDocHostUIHandlerメンバーに独自の実装を提供する場合は、そのインターフェイスのすべてのメンバーを実装する必要があります。If you provide your own implementation for any IDocHostUIHandler members, you must implement all the members of that interface.

コンストラクター

WebBrowser.WebBrowserSite(WebBrowser) WebBrowser.WebBrowserSite(WebBrowser) WebBrowser.WebBrowserSite(WebBrowser)

WebBrowser.WebBrowserSite クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the WebBrowser.WebBrowserSite class.

メソッド

Dispose() Dispose() Dispose()

WebBrowserSiteBase によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the WebBrowserSiteBase.

(Inherited from WebBrowserSiteBase)
Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean)

WebBrowserSiteBase によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the WebBrowserSiteBase and optionally releases the managed resources.

(Inherited from WebBrowserSiteBase)
Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

セキュリティ

SecurityPermission
この型をオーバーライドする場合は。アンマネージコードへのアクセスが必要な場合は。for overriding this type, which requires access to unmanaged code. 関連付けられInheritanceDemandた列挙型: およびUnmanagedCodeAssociated enumerations: InheritanceDemand and UnmanagedCode

適用対象

こちらもご覧ください