FrameworkContentElement.AddLogicalChild(Object) FrameworkContentElement.AddLogicalChild(Object) FrameworkContentElement.AddLogicalChild(Object) FrameworkContentElement.AddLogicalChild(Object) Method

定義

指定した要素をこの要素の子として追加します。Adds the provided element as a child of this element.

protected public:
 void AddLogicalChild(System::Object ^ child);
protected internal void AddLogicalChild (object child);
member this.AddLogicalChild : obj -> unit
Protected Friend Sub AddLogicalChild (child As Object)

パラメーター

child
Object Object Object Object

追加される子要素。The child element to be added.

注釈

このメソッドは、論理ツリーが別のプロセスによって反復処理されている場合に、例外をスローすることがあります。This method can throw an exception if called at a time when the logical tree is being iterated by another process.

ほとんどFrameworkContentElementの派生クラスは、コンテインメントを担う専用のコレクション (クラスなどInlines ) をSpan公開します。Blocks クラスSectionにあります)。Most FrameworkContentElement derived classes expose dedicated collections that are responsible for containment (for example, Inlines on the Span class; Blocks on the Section class). 通常、これらのクラスから派生する場合、論理ツリーを直接操作する必要はありません。You can typically avoid any need to manipulate the logical tree directly if you derive from these classes instead. コンテンツ要素の論理ツリーの操作は高度なシナリオであり、特殊化されたパーサーを必要FrameworkElementとする場合や、親のレンダリング要素 (コンテンツホスト) として機能する特殊なを使用する場合があります。Working with the logical tree for content elements is an advanced scenario that may require a specialized parser or a specialized FrameworkElement that acts as the parent rendering element (content host).

LogicalChildrenAddLogicalChildの使用方法の詳細については、「 WPF のツリー」を参照してください。For more information about how to use LogicalChildren and AddLogicalChild, see Trees in WPF.

適用対象

こちらもご覧ください