FrameworkContentElement.InputScope FrameworkContentElement.InputScope FrameworkContentElement.InputScope FrameworkContentElement.InputScope Property

定義

この FrameworkContentElement で使用される入力のコンテキストを取得または設定します。Gets or sets the context for input used by this FrameworkContentElement.

public:
 property System::Windows::Input::InputScope ^ InputScope { System::Windows::Input::InputScope ^ get(); void set(System::Windows::Input::InputScope ^ value); };
public System.Windows.Input.InputScope InputScope { get; set; }
member this.InputScope : System.Windows.Input.InputScope with get, set
Public Property InputScope As InputScope

プロパティ値

代替の入力メソッドからの入力を解釈する方法を変更する入力スコープ。The input scope, which modifies how input from alternative input methods is interpreted. 既定値は null です (コマンドの既定の処理が行われます)。The default value is null (which results in a default handling of commands).

注釈

この依存関係プロパティは、プロパティ値を継承します。This dependency property inherits property values. ローカル値またはスタイルを使用して他InputScopeの値が設定されていない子要素がある場合、プロパティシステムInputScopeは、この値が割り当てられている最も近い親要素の値になるように値を設定します。If there are child elements with no other value for InputScope established through local values or styles, the property system will set the value to be the InputScope value of the nearest parent element with this value assigned.

構文のXAMLXAML使用法が示されており、構文的に許可さXAMLXAMLれていますが、でこのプロパティを設定するのは一般的ではありません。Although a XAMLXAML syntax usage is listed and is syntactically allowed, setting this property in XAMLXAML is not common.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドIdentifier field InputScopeProperty
メタデータプロパティがに設定されるtrueMetadata properties set to true Inherits

適用対象