FrameworkContentElement.Name プロパティ

定義

要素の識別名を取得または設定します。 この名前は、イベント ハンドラー コードなどのプログラムによるコードの取り出しが XAML の解析中に構築された後に要素を参照できるよう、インスタンス参照を提供します。

public:
 property System::String ^ Name { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.NeverLocalize)]
public string Name { get; set; }
[<System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.NeverLocalize)>]
member this.Name : string with get, set
Public Property Name As String

プロパティ値

String

要素の名前です。

実装

属性

注釈

このプロパティの最も一般的な使用方法は、マークアップで XAML 要素名を指定する場合です。

このプロパティは基本的に、XAML x:Name ディレクティブ を設定する WPF フレームワーク レベルの便利 なプロパティを提供します

コードから を取得する方法は一般的ではありません。コード内に適切な参照が既にある場合は、要素参照でメソッドとプロパティを呼び出すだけで、 を必要としないのが一般的です Name Name 。 例外は、文字列にオーバーロードされた意味がある場合です。たとえば、その名前を UI に表示すると便利な場合です。 元の がマークアップから設定されている場合は、コードから を設定する方法も推奨されません。また、 プロパティを変更した場合、オブジェクト参照 Name Name は変更されません。 このようなオブジェクト参照は、XAML の読み込み中に基になる名前スコープが明示的に作成された場合にのみ作成されます。

既に読み込まれている RegisterName 要素の プロパティに対して効果的な変更を行う場合 Name は、 を具体的に呼び出す必要があります。

コードからの設定が重要な重要なケースの 1 つは、ストーリー Name ボードが実行される要素に名前を付ける場合です。 名前を登録する前に、 インスタンスをインスタンス化して割り当てる必要がある場合 NameScope があります。 「例」セクションまたは「ストーリーボード の概要」を参照してください

コードからの設定にはアプリケーションが限られていますが、名前で要素を検索する方が一般的です。特に、ページがアプリケーションに再読み込みされ、実行時コードが必ずしもそのページのコードの背後にあるとは限らないナビゲーション モデルを使用している場合です。 Name ユーティリティ メソッド は、任意の から使用できます。このメソッドは、その要素の論理ツリー内の を使用して任意の要素 FindName FrameworkContentElement Name を再帰的に検索できます。 または、 の静的 FindLogicalNode メソッドを使用できます。 LogicalTreeHelper これは、文字列も Name 引数として受け取ります。

一般的に使用されるルート要素 ( Window など Page ) は、 インターフェイス を実装します INameScope 。 このインターフェイスの実装では、そのスコープ内で名前が明確に指定される必要があります。

依存プロパティ情報

識別子フィールド NameProperty
メタデータ プロパティが に設定されている true IsAnimationProhibited

適用対象

こちらもご覧ください