FrameworkContentElement.RegisterName(String, Object) メソッド

定義

NameScope の登録メソッドへのアクセスを簡略化するアクセサーを提供します。

public:
 void RegisterName(System::String ^ name, System::Object ^ scopedElement);
public void RegisterName (string name, object scopedElement);
member this.RegisterName : string * obj -> unit
Public Sub RegisterName (name As String, scopedElement As Object)

パラメーター

name
String

指定した名前オブジェクトの割り当てに使用する名前。

scopedElement
Object

割り当て対象のオブジェクト。

注釈

このメソッドは、 を呼び出す便利なメソッドです RegisterName 。 実装では、適用可能な実装が見つかるまで、後続の親要素がチェックされます。これは、 を実装する要素を見つけること NameScope によって検出されます INameScope 。 名前スコープの詳細については 、「WPF XAML Namescopes 」を参照してください

を呼び出す必要があります。これは、コードで作成するときにアプリケーションのアニメーション ストーリーボード RegisterName を正しくフックするために必要です。 これは、主要なストーリーボード プロパティの 1 つ が、ターゲット要素への参照を取得できるのではなく、実行時の名前参照 TargetName を使用する理由です。 これは、その要素にコードから参照でアクセスできる場合でも当てはいます。 ストーリーボード ターゲットの名前を登録する必要がある理由の詳細については、「ストーリーボードの概要」 を参照してください。 コンテンツ要素のアニメーションは、コントロールのアニメーションよりも一般的では"少なく、 ストーリー ボードの概要" はコントロール シナリオに集中します。

適用対象

こちらもご覧ください