FrameworkContentElement.ToolTip プロパティ

定義

ユーザー インターフェイス (UI)user interface (UI) でこの要素に対して表示されるツールヒント オブジェクトを取得または設定します。Gets or sets the tool-tip object that is displayed for this element in the ユーザー インターフェイス (UI)user interface (UI).

public:
 property System::Object ^ ToolTip { System::Object ^ get(); void set(System::Object ^ value); };
[System.ComponentModel.Bindable(true)]
public object ToolTip { get; set; }
member this.ToolTip : obj with get, set
Public Property ToolTip As Object

プロパティ値

ツールヒント オブジェクト。The tooltip object.

属性

次の例では、ToolTip プロパティの値を文字列に直接設定します。The following example sets the value of the ToolTip property directly to a string.

// Alias the working TableRowGroup for ease in referencing.
TableRowGroup trg = tbl.RowGroups[0];
trg.Rows[0].Background = Brushes.CornflowerBlue;
trg.Rows[1].FontSize = 24;
trg.Rows[2].ToolTip = "This row's tooltip";
' Alias the working TableRowGroup for ease in referencing.
Dim trg As TableRowGroup = tbl.RowGroups(0)
trg.Rows(0).Background = Brushes.CornflowerBlue
trg.Rows(1).FontSize = 24
trg.Rows(2).ToolTip = "This row's tooltip"

注釈

このプロパティの値が ToolTip型である場合、これは UIUIで使用されるツールヒントです。If the value of this property is of type ToolTip, then that is the tool-tip that will be used in the UIUI. 値が他の型の場合は、その値がシステムによって提供 (構築) される ToolTipコンテンツとして使用されます。If the value is of any other type, then that value will be used as the content for a ToolTip provided (constructed) by the system. 詳細については、「ToolTipService」を参照してください。For more information see ToolTipService. サービスクラスには、ツールヒントをさらにカスタマイズするために使用できる添付プロパティが用意されています。The service class provides attached properties that can be used to further customize a tool-tip.

XAML 属性の使用方法XAML Attribute Usage

<object ToolTip="toolTipContent"/>  

XAML プロパティ要素の使用XAML Property Element Usage

<object>  
  <object.ToolTip>  
    <ToolTip .../>  
  </object.ToolTip>  
</object>  

- または --or-

<object>  
  <object.ToolTip>  
    toolTipObjectContent  
  </object.ToolTip>  
</object>  

XAML 値XAML Values

toolTipContenttoolTipContent
ToolTipの表示テキストになる文字列。A string that becomes the display text for the ToolTip.

toolTipObjectContenttoolTipObjectContent
オブジェクト要素の形式で提供される、FrameworkContentElement のコンテンツとして使用されるオブジェクト。Some object, provided in object element form, that should be used as the content for the FrameworkContentElement . 通常、これは FrameworkElement またはその他の要素の1つであり、最終的には複合内のテキストコンテンツを含む、ToolTipのレイアウトの複合を作成します。Typically this would be a FrameworkElement or some other element that creates layout compositing for the ToolTip, eventually containing text content within the compositing. この使用法では、ToolTip 要素が解析された XAMLXAMLから暗黙的に作成され、 toolTipObjectContentコンテンツがその ContentControl.Content プロパティとして設定されます。In this usage, the ToolTip element is created implicitly from the parsed XAMLXAML, and the toolTipObjectContent content is set as its ContentControl.Content property.

<ToolTip.../><ToolTip .../>
以下を参照してください。ToolTipSee ToolTip.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドIdentifier field ToolTipProperty
メタデータプロパティが true に設定されるMetadata properties set to true なしNone

適用対象