FrameworkContentElement クラス

定義

FrameworkContentElement は、ContentElement 基底クラスの WPF フレームワーク レベルの実装および拡張です。 FrameworkContentElement は、補足の入力 API (ツールヒントやコンテキスト メニューなど)、ストーリーボード、データ バインディング用のデータ コンテキスト、スタイルのサポート、および論理ツリーのヘルパー API に関するサポートを追加します。

public ref class FrameworkContentElement : System::Windows::ContentElement, System::ComponentModel::ISupportInitialize, System::Windows::IFrameworkInputElement, System::Windows::Markup::IQueryAmbient
public ref class FrameworkContentElement : System::Windows::ContentElement, System::ComponentModel::ISupportInitialize, System::Windows::IFrameworkInputElement
[System.Windows.Markup.RuntimeNameProperty("Name")]
[System.Windows.Markup.UsableDuringInitialization(true)]
[System.Windows.Markup.XmlLangProperty("Language")]
[System.Windows.StyleTypedProperty(Property="FocusVisualStyle", StyleTargetType=typeof(System.Windows.Controls.Control))]
public class FrameworkContentElement : System.Windows.ContentElement, System.ComponentModel.ISupportInitialize, System.Windows.IFrameworkInputElement, System.Windows.Markup.IQueryAmbient
[System.Windows.Markup.RuntimeNameProperty("Name")]
[System.Windows.Markup.XmlLangProperty("Language")]
[System.Windows.StyleTypedProperty(Property="FocusVisualStyle", StyleTargetType=typeof(System.Windows.Controls.Control))]
public class FrameworkContentElement : System.Windows.ContentElement, System.ComponentModel.ISupportInitialize, System.Windows.IFrameworkInputElement
[<System.Windows.Markup.RuntimeNameProperty("Name")>]
[<System.Windows.Markup.UsableDuringInitialization(true)>]
[<System.Windows.Markup.XmlLangProperty("Language")>]
[<System.Windows.StyleTypedProperty(Property="FocusVisualStyle", StyleTargetType=typeof(System.Windows.Controls.Control))>]
type FrameworkContentElement = class
    inherit ContentElement
    interface ISupportInitialize
    interface IFrameworkInputElement
    interface IInputElement
    interface IQueryAmbient
[<System.Windows.Markup.RuntimeNameProperty("Name")>]
[<System.Windows.Markup.XmlLangProperty("Language")>]
[<System.Windows.StyleTypedProperty(Property="FocusVisualStyle", StyleTargetType=typeof(System.Windows.Controls.Control))>]
type FrameworkContentElement = class
    inherit ContentElement
    interface IFrameworkInputElement
    interface IInputElement
    interface ISupportInitialize
[<System.Windows.Markup.RuntimeNameProperty("Name")>]
[<System.Windows.Markup.UsableDuringInitialization(true)>]
[<System.Windows.Markup.XmlLangProperty("Language")>]
[<System.Windows.StyleTypedProperty(Property="FocusVisualStyle", StyleTargetType=typeof(System.Windows.Controls.Control))>]
type FrameworkContentElement = class
    inherit ContentElement
    interface IFrameworkInputElement
    interface IInputElement
    interface ISupportInitialize
    interface IQueryAmbient
Public Class FrameworkContentElement
Inherits ContentElement
Implements IFrameworkInputElement, IQueryAmbient, ISupportInitialize
Public Class FrameworkContentElement
Inherits ContentElement
Implements IFrameworkInputElement, ISupportInitialize
継承
派生
属性
実装

注釈

FrameworkContentElement では、独自のレンダリング動作はまだ定義されていません。実際 FrameworkContentElement のクラスインスタンスをコードまたはマークアップでインスタンス化することは可能ですが、WPF アプリケーションのユーザーインターフェイス (UI) には何も表示されません。 レンダリングロジックは FrameworkContentElement 、コンテンツモデルの一部として、または派生クラスで子要素を受け取るクラスによって提供される必要があり FrameworkContentElement ます。

FrameworkContentElement は、と同じ Api の多くに意図的に似て FrameworkElement います。 で見つかった特定の Api に FrameworkElement 相当するものがないことに注意 FrameworkContentElement してください。 いくつかの FrameworkElement api は、には関係のない geometry 表現やレイアウトなどの機能を対象としてい FrameworkContentElement ます。

既存の派生クラスの大部分は、 FrameworkContentElement System.Windows.Documents 名前空間にあります。 これらの派生クラスの多くは、フロードキュメントモデルの要素を実装しています。 などの一部の派生クラスには Hyperlink 、コントロールに似た機能があり FrameworkContentElement ますが、コントロールに似た要素がフロードキュメントモデルに参加できるように、から派生しています。

コンストラクター

FrameworkContentElement()

FrameworkContentElement クラスの新しいインスタンスを初期化します。

フィールド

BindingGroupProperty

BindingGroup 依存関係プロパティを識別します。

ContextMenuClosingEvent

(ContextMenuClosing Routed Events Overview (ルーティング イベントの概要)) を識別します。

ContextMenuOpeningEvent

(ContextMenuOpening Routed Events Overview (ルーティング イベントの概要)) を識別します。

ContextMenuProperty

ContextMenu 依存関係プロパティを識別します。

CursorProperty

Cursor 依存関係プロパティを識別します。

DataContextProperty

DataContext 依存関係プロパティを識別します。

DefaultStyleKeyProperty

DefaultStyleKey 依存関係プロパティを識別します。

FocusVisualStyleProperty

FocusVisualStyle 依存関係プロパティを識別します。

ForceCursorProperty

ForceCursor 依存関係プロパティを識別します。

InputScopeProperty

InputScope 依存関係プロパティを識別します。

LanguageProperty

Language 依存関係プロパティを識別します。

LoadedEvent

(Loaded Routed Events Overview (ルーティング イベントの概要)) を識別します。

NameProperty

Name 依存関係プロパティを識別します。

OverridesDefaultStyleProperty

OverridesDefaultStyle 依存関係プロパティを識別します。

StyleProperty

Style 依存関係プロパティを識別します。

TagProperty

Tag 依存関係プロパティを識別します。

ToolTipClosingEvent

(ToolTipClosing Routed Events Overview (ルーティング イベントの概要)) を識別します。

ToolTipOpeningEvent

(ToolTipOpening Routed Events Overview (ルーティング イベントの概要)) を識別します。

ToolTipProperty

ToolTip 依存関係プロパティを識別します。

UnloadedEvent

(Unloaded Routed Events Overview (ルーティング イベントの概要)) を識別します。

プロパティ

AllowDrop

この要素をドラッグアンドドロップ操作の対象として使用できるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 ContentElement)
AreAnyTouchesCaptured

少なくとも 1 つのタッチがこの要素にキャプチャされているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 ContentElement)
AreAnyTouchesCapturedWithin

少なくとも 1 つのタッチがこの要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素にキャプチャされているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 ContentElement)
AreAnyTouchesDirectlyOver

少なくとも 1 つのタッチがこの要素上で押されているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 ContentElement)
AreAnyTouchesOver

少なくとも 1 つのタッチがこの要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素上で押されているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 ContentElement)
BindingGroup

要素に使用される BindingGroup を取得または設定します。

CommandBindings

この要素に関連付けられている CommandBinding オブジェクトのコレクションを取得します。

(継承元 ContentElement)
ContextMenu

この要素内からユーザーインターフェイス (UI) を介してコンテキストメニューが要求されるたびに表示されるコンテキストメニュー要素を取得または設定します。

Cursor

この要素上にマウス ポインターが置かれたときに表示されるカーソルを取得または設定します。

DataContext

要素がデータ バインディングに含まれている場合に、その要素のデータ コンテキストを取得または設定します。

DefaultStyleKey

このコントロールのスタイル テンプレートをテーマ内で検索するために使用するキーを取得または設定します。

DependencyObjectType

DependencyObjectTypeこのインスタンスの CLR 型をラップするを取得します。

(継承元 DependencyObject)
Dispatcher

この Dispatcher が関連付けられている DispatcherObject を取得します。

(継承元 DispatcherObject)
Focusable

要素がフォーカスを得ることができるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 ContentElement)
FocusVisualStyle

この要素がキーボード フォーカスを受け取ったときに適用される外観、効果、またはその他のスタイル特性のカスタマイズを可能にするオブジェクトを取得または設定します。

ForceCursor

この FrameworkContentElement インスタンスのプロパティで宣言されているように、ユーザーインターフェイス (UI) がカーソルを描画する必要があるかどうかを示す値を取得または設定し Cursor ます。

HasAnimatedProperties

この要素にアニメーション化されたプロパティかあるどうかを示す値を取得します。

(継承元 ContentElement)
InputBindings

この要素に関連付けられている入力バインディングのコレクションを取得します。

(継承元 ContentElement)
InputScope

この FrameworkContentElement で使用される入力のコンテキストを取得または設定します。

IsEnabled

この要素がユーザーインターフェイス (UI) で有効かどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 ContentElement)
IsEnabledCore

派生クラス内で IsEnabled の戻り値になる値を取得します。

(継承元 ContentElement)
IsFocused

この要素に論理フォーカスがあるかどうかを判断する値を取得します。

(継承元 ContentElement)
IsInitialized

この要素が Extensible Application Markup Language (XAML) として読み込まれるか、またはメソッドが明示的に呼び出されることによって初期化されているかどうかを示す値を取得し EndInit() ます。

IsInputMethodEnabled

入力方式エディター (IME) などの入力方式システムが、この要素への入力の処理に対して有効になっているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 ContentElement)
IsKeyboardFocused

この要素にキーボード フォーカスがあるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 ContentElement)
IsKeyboardFocusWithin

キーボード フォーカスが要素または子要素内にあるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 ContentElement)
IsLoaded

この要素が表示のために読み込まれているかどうかを示す値を取得します。

IsMouseCaptured

マウスがこの要素にキャプチャされているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 ContentElement)
IsMouseCaptureWithin

この要素または要素ツリー内の子要素がマウス キャプチャを保持するかどうかを決定する値を取得します。

(継承元 ContentElement)
IsMouseDirectlyOver

マウス ポインターの位置が、要素の構成を考慮したヒット テストの結果に対応しているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 ContentElement)
IsMouseOver

マウス ポインターがこの要素 (子ビジュアル要素またはそのコントロールの複合を含む) 上にあるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 ContentElement)
IsSealed

このインスタンスが現在シールされている (読み取り専用である) かどうかを示す値を取得します。

(継承元 DependencyObject)
IsStylusCaptured

この要素にスタイラスがキャプチャされるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 ContentElement)
IsStylusCaptureWithin

スタイラスのキャプチャをこの要素 (子要素およびコントロールの複合を含む) が保持するかどうかを示す値を取得します。

(継承元 ContentElement)
IsStylusDirectlyOver

スタイラスの位置が、要素の構成を考慮したヒット テストの結果に対応しているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 ContentElement)
IsStylusOver

スタイラスがこの要素 (子ビジュアル要素を含む) 上にあるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 ContentElement)
Language

個々の要素に適用されるローカリゼーション/グローバリゼーション言語情報を取得または設定します。

LogicalChildren

この要素の論理上の子要素に対する列挙子を取得します。

Name

要素の識別名を取得または設定します。 この名前は、イベント ハンドラー コードなどのプログラムによるコードの取り出しが XAML の解析中に構築された後に要素を参照できるよう、インスタンス参照を提供します。

OverridesDefaultStyle

この要素にテーマ スタイルのスタイル プロパティを組み込むかどうかを示す値を取得または設定します。

Parent

この要素の論理ツリー内での親を取得します。

Resources

ローカルで定義された現在のリソース ディクショナリを取得または設定します。

Style

この要素が使用するスタイルを取得または設定します。

Tag

この要素に関するユーザー定義情報の格納に使用できる任意のオブジェクト値を取得または設定します。

TemplatedParent

この要素の親テンプレートへの参照を取得します。 このプロパティは、要素がテンプレートによって作成されていない場合は無効です。

ToolTip

ユーザーインターフェイス (UI) でこの要素に対して表示されるツールヒントオブジェクトを取得または設定します。

TouchesCaptured

この要素にキャプチャされているすべてのタッチ デバイスを取得します。

(継承元 ContentElement)
TouchesCapturedWithin

この要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素にキャプチャされているすべてのタッチ デバイスを取得します。

(継承元 ContentElement)
TouchesDirectlyOver

この要素上にあるすべてのタッチ デバイスを取得します。

(継承元 ContentElement)
TouchesOver

この要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素上にあるすべてのタッチ デバイスを取得します。

(継承元 ContentElement)

メソッド

AddHandler(RoutedEvent, Delegate)

指定したルーティング イベントのルーティング イベント ハンドラーを追加します。このハンドラーは、現在の要素のハンドラー コレクションに追加されます。

(継承元 ContentElement)
AddHandler(RoutedEvent, Delegate, Boolean)

指定したルーティング イベントのルーティング イベント ハンドラーを追加します。このハンドラーは、現在の要素のハンドラー コレクションに追加されます。 イベント ルート上の別の要素により既にハンドル済みとしてマークされているルーティング イベントに対し、指定したハンドラーが呼び出されるようにするには、handledEventsTootrue に指定します。

(継承元 ContentElement)
AddLogicalChild(Object)

指定した要素をこの要素の子として追加します。

AddToEventRoute(EventRoute, RoutedEventArgs)

現在の EventRoute イベント ハンドラー コレクションのハンドラーを、指定した ContentElement に追加します。

(継承元 ContentElement)
ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock)

この要素の指定した依存関係プロパティにアニメーションを適用します。 既存のアニメーションは停止され、新しいアニメーションに置き換えられます。

(継承元 ContentElement)
ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock, HandoffBehavior)

この要素の指定した依存関係プロパティにアニメーションを適用し、プロパティでアニメーションが既に適用されているときに行われる処理を指定する機能も提供します。

(継承元 ContentElement)
BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline)

この要素のアニメーション化対象のプロパティを指定して、アニメーションを開始します。

(継承元 ContentElement)
BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline, HandoffBehavior)

この要素のアニメーション化対象のプロパティを指定して、特定のアニメーションを開始します。プロパティの既存のアニメーションが実行中である場合の動作も指定できます。

(継承元 ContentElement)
BeginInit()

要素が初期化される前に呼び出されます。

BeginStoryboard(Storyboard)

指定したストーリーボードに含まれるアクションのシーケンスを開始します。

BeginStoryboard(Storyboard, HandoffBehavior)

プロパティが既にアニメーション化されていた場合に行う処理を指定するオプションを使用して、指定したストーリーボードに含まれるアクションのシーケンスを開始します。

BeginStoryboard(Storyboard, HandoffBehavior, Boolean)

開始後のアニメーションの制御の状態を指定して、指定したストーリーボードに含まれるアクションのシーケンスを開始します。

BringIntoView()

この要素が含まれているスクロール可能な領域内に、この要素を表示することを試みます。

CaptureMouse()

この要素にマウスをキャプチャするように強制することを試みます。

(継承元 ContentElement)
CaptureStylus()

この要素にスタイラスをキャプチャするように強制することを試みます。

(継承元 ContentElement)
CaptureTouch(TouchDevice)

この要素にタッチをキャプチャするように強制することを試みます。

(継承元 ContentElement)
CheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるかどうかを確認します。

(継承元 DispatcherObject)
ClearValue(DependencyProperty)

プロパティのローカル値をクリアします。 クリアするプロパティは DependencyProperty 識別子で指定されます。

(継承元 DependencyObject)
ClearValue(DependencyPropertyKey)

読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。 消去するプロパティは、DependencyPropertyKey で指定します。

(継承元 DependencyObject)
CoerceValue(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの値を強制します。 これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。

(継承元 DependencyObject)
EndInit()

要素が初期化された直後に呼び出されます。

Equals(Object)

指定した DependencyObject が現在の DependencyObject と等しいかどうかを判断します。

(継承元 DependencyObject)
FindName(String)

指定した識別名を持つ要素を検索します。

FindResource(Object)

指定されたキーを使用してリソースを検索し、要求されたリソースが見つからない場合は例外をスローします。

Focus()

この要素にフォーカスを設定することを試みます。

(継承元 ContentElement)
GetAnimationBaseValue(DependencyProperty)

この要素の、指定したプロパティの基本プロパティ値を返します。実行中または停止済みのアニメーションでアニメーション化される値は無視されます。

(継承元 ContentElement)
GetBindingExpression(DependencyProperty)

指定したプロパティのバインディングに関する BindingExpression を取得します。

GetHashCode()

この DependencyObject のハッシュ コードを取得します。

(継承元 DependencyObject)
GetLocalValueEnumerator()

どの依存関係プロパティがこの DependencyObject 上にローカルに設定された値を持つかを確認するための、専用の列挙子を作成します。

(継承元 DependencyObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
GetUIParentCore()

ビジュアル親が存在しない場合に、この要素に対する代替の論理上の親を返します。 この場合、FrameworkContentElement の親の値は常に Parent プロパティの値と同じになります。

GetValue(DependencyProperty)

DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。

(継承元 DependencyObject)
InvalidateProperty(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの有効値を再評価します。

(継承元 DependencyObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MoveFocus(TraversalRequest)

この要素から別の要素にキーボード フォーカスを移動します。

OnContextMenuClosing(ContextMenuEventArgs)

ContextMenuClosing ルーティング イベントが、その経路上でこのクラスに到達するたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnContextMenuOpening(ContextMenuEventArgs)

ContextMenuOpening ルーティング イベントが、その経路上でこのクラスに到達するたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnCreateAutomationPeer()

Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャに対するクラス固有の AutomationPeer の実装を返します。

(継承元 ContentElement)
OnDragEnter(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の DragEnter イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnDragLeave(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の DragLeave イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnDragOver(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の DragOver イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnDrop(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の DragEnter イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnGiveFeedback(GiveFeedbackEventArgs)

アタッチされた未処理の GiveFeedback イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnGotFocus(RoutedEventArgs)

GotFocus イベントのクラス ハンドラー。

OnGotKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

アタッチされた未処理の GotKeyboardFocus イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnGotMouseCapture(MouseEventArgs)

アタッチされた未処理の GotMouseCapture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnGotStylusCapture(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の GotStylusCapture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnGotTouchCapture(TouchEventArgs)

タッチがこの要素にキャプチャされているときに発生する GotTouchCapture ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 ContentElement)
OnInitialized(EventArgs)

Initialized イベントを発生させます。 このメソッドは、IsInitializedtrue に設定されるたびに呼び出されます。

OnIsKeyboardFocusedChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsKeyboardFocusedChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnIsKeyboardFocusWithinChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素によって IsKeyboardFocusWithinChanged イベントが発生する直前に呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnIsMouseCapturedChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsMouseCapturedChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnIsMouseCaptureWithinChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsMouseCaptureWithinChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnIsMouseDirectlyOverChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsMouseDirectlyOverChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnIsStylusCapturedChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsStylusCapturedChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnIsStylusCaptureWithinChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsStylusCaptureWithinChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnIsStylusDirectlyOverChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsStylusDirectlyOverChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnKeyDown(KeyEventArgs)

アタッチされた未処理の KeyDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnKeyUp(KeyEventArgs)

アタッチされた未処理の KeyUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnLostFocus(RoutedEventArgs)

提供されたイベント データを使って、LostFocus ルーティング イベントを発生させます。

(継承元 ContentElement)
OnLostKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

アタッチされた未処理の LostKeyboardFocus イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnLostMouseCapture(MouseEventArgs)

アタッチされた未処理の LostMouseCapture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnLostStylusCapture(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の LostStylusCapture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnLostTouchCapture(TouchEventArgs)

この要素がタッチのキャプチャを失ったときに発生する LostTouchCapture ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 ContentElement)
OnMouseDown(MouseButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の MouseDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnMouseEnter(MouseEventArgs)

未処理の MouseEnter 添付イベントがこの要素で発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnMouseLeave(MouseEventArgs)

未処理の MouseLeave 添付イベントがこの要素で発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnMouseLeftButtonDown(MouseButtonEventArgs)

この要素上で未処理の MouseLeftButtonDown ルーティング イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnMouseLeftButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の MouseLeftButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnMouseMove(MouseEventArgs)

アタッチされた未処理の MouseMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnMouseRightButtonDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の MouseRightButtonDown ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnMouseRightButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の MouseRightButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnMouseUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の MouseUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnMouseWheel(MouseWheelEventArgs)

アタッチされた未処理の MouseWheel イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewDragEnter(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewDragEnter イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewDragLeave(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewDragLeave イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewDragOver(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewDragOver イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewDrop(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewDrop イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewGiveFeedback(GiveFeedbackEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewGiveFeedback イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewGotKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewGotKeyboardFocus イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewKeyDown(KeyEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewKeyDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewKeyUp(KeyEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewKeyUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewLostKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewKeyDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewMouseDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseDown 添付ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewMouseLeftButtonDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseLeftButtonDown ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewMouseLeftButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseLeftButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewMouseMove(MouseEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewMouseMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewMouseRightButtonDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseRightButtonDown ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewMouseRightButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseRightButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewMouseUp(MouseButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewMouseUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewMouseWheel(MouseWheelEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewMouseWheel イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewQueryContinueDrag(QueryContinueDragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewQueryContinueDrag イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewStylusButtonDown(StylusButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusButtonDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewStylusButtonUp(StylusButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusButtonUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewStylusDown(StylusDownEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewStylusInAirMove(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusInAirMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewStylusInRange(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusInRange イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewStylusMove(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewStylusOutOfRange(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusOutOfRange イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewStylusSystemGesture(StylusSystemGestureEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusSystemGesture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewStylusUp(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewTextInput(TextCompositionEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewTextInput イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewTouchDown(TouchEventArgs)

この要素がタッチで押されたときに発生する PreviewTouchDown ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewTouchMove(TouchEventArgs)

タッチがこの要素の内部にある間にタッチが移動すると発生する PreviewTouchMove ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 ContentElement)
OnPreviewTouchUp(TouchEventArgs)

この要素の内部のタッチが解放されたときに発生する PreviewTouchUp ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 ContentElement)
OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この FrameworkContentElement の依存関係プロパティの有効値が更新された場合に必ず呼び出されます。 変更が発生した特定の依存関係プロパティが引数パラメーターで報告されます。 OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs) をオーバーライドします。

OnQueryContinueDrag(QueryContinueDragEventArgs)

アタッチされた未処理の QueryContinueDrag イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnQueryCursor(QueryCursorEventArgs)

アタッチされた未処理の QueryCursor イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnStyleChanged(Style, Style)

この要素で使用されているスタイルが変更された場合に呼び出されます。

OnStylusButtonDown(StylusButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusButtonDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnStylusButtonUp(StylusButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusButtonUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnStylusDown(StylusDownEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnStylusEnter(StylusEventArgs)

未処理の StylusEnter 添付イベントがこの要素で発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnStylusInAirMove(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusInAirMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnStylusInRange(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusInRange イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnStylusLeave(StylusEventArgs)

未処理の StylusLeave 添付イベントがこの要素で発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnStylusMove(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnStylusOutOfRange(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusOutOfRange イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnStylusSystemGesture(StylusSystemGestureEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusSystemGesture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnStylusUp(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnTextInput(TextCompositionEventArgs)

アタッチされた未処理の TextInput イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 ContentElement)
OnToolTipClosing(ToolTipEventArgs)

ToolTipClosing ルーティング イベントが、その経路上でこのクラスに到達するたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnToolTipOpening(ToolTipEventArgs)

ToolTipOpening ルーティング イベントが、その経路上でこのクラスに到達するたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnTouchDown(TouchEventArgs)

この要素の内部がタッチで押されたときに発生する TouchDown ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 ContentElement)
OnTouchEnter(TouchEventArgs)

この要素の境界の外部から内部にタッチが移動したときに発生する TouchEnter ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 ContentElement)
OnTouchLeave(TouchEventArgs)

この要素の境界の内部から外部にタッチが移動したときに発生する TouchLeave ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 ContentElement)
OnTouchMove(TouchEventArgs)

タッチがこの要素の内部にある間にタッチが移動すると発生する TouchMove ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 ContentElement)
OnTouchUp(TouchEventArgs)

この要素の内部のタッチが解放されたときに発生する TouchUp ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 ContentElement)
PredictFocus(FocusNavigationDirection)

この要素を基準に、指定したフォーカスの移動方向で次にフォーカスを受け取る要素を特定します。ただし、実際のフォーカスの移動は行われません。 このメソッドはシールされているため、オーバーライドできません。

RaiseEvent(RoutedEventArgs)

特定のルーティング イベントを発生させます。 発生する RoutedEvent は、提供された RoutedEventArgs インスタンス内で識別されます (そのイベント データの RoutedEvent プロパティとして)。

(継承元 ContentElement)
ReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカルの依存関係プロパティの値を返します (存在する場合)。

(継承元 DependencyObject)
RegisterName(String, Object)

NameScope の登録メソッドへのアクセスを簡略化するアクセサーを提供します。

ReleaseAllTouchCaptures()

キャプチャされているすべてのタッチ デバイスをこの要素から解放します。

(継承元 ContentElement)
ReleaseMouseCapture()

この要素がマウス キャプチャを保持していた場合、キャプチャを解放します。

(継承元 ContentElement)
ReleaseStylusCapture()

この要素がスタイラス デバイス キャプチャを保持していた場合、キャプチャを解放します。

(継承元 ContentElement)
ReleaseTouchCapture(TouchDevice)

指定されたタッチ デバイスをこの要素から解放することを試みます。

(継承元 ContentElement)
RemoveHandler(RoutedEvent, Delegate)

指定したルーティング イベント ハンドラーをこの要素から削除します。

(継承元 ContentElement)
RemoveLogicalChild(Object)

この要素の論理ツリーから、指定した要素を削除します。

SetBinding(DependencyProperty, BindingBase)

指定したバインディング オブジェクトに基づいて、この要素にバインドをアタッチします。

SetBinding(DependencyProperty, String)

指定したソース プロパティ名をデータ ソースへのパスの修飾として使用して、この要素にバインディングを添付します。

SetCurrentValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
SetResourceReference(DependencyProperty, Object)

指定した名前のリソースを検索し、指定したプロパティにそのリソースへのリソース参照を設定します。

SetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
SetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
ShouldSerializeCommandBindings()

シリアル化プロセスが、このクラスのインスタンスに関する CommandBindings プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 ContentElement)
ShouldSerializeInputBindings()

シリアル化プロセスが、このクラスのインスタンスに関する InputBindings プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 ContentElement)
ShouldSerializeProperty(DependencyProperty)

シリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 DependencyObject)
ShouldSerializeResources()

シリアル化プロセスが、このクラスのインスタンスに関する Resources プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

ShouldSerializeStyle()

シリアル化プロセスが、このクラスのインスタンスに関する Style プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
TryFindResource(Object)

指定されたキーを使用してリソースを検索し、見つかった場合はそのリソースを返します。

UnregisterName(String)

NameScope の登録解除メソッドへのアクセスを簡略化します。

UpdateDefaultStyle()

現在の FrameworkContentElement に既定のスタイルを再度適用します。

VerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるように強制します。

(継承元 DispatcherObject)

イベント

ContextMenuClosing

要素のコンテキスト メニューが閉じる直前に発生します。

ContextMenuOpening

要素のコンテキスト メニューが開くときに発生します。

DataContextChanged

この要素のデータ コンテキストが変更されたときに発生します。

DragEnter

この要素をドラッグ先とする、基になるドラッグ イベントが入力システムによって報告されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
DragLeave

入力システムが、この要素をドラッグ元とする、基になるドラッグ イベントを報告したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
DragOver

この要素がドロップ先となる可能性のある、基になるドラッグ イベントを入力システムが報告したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
Drop

入力システムがこの要素をドロップ先とするドロップ イベントを報告したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
FocusableChanged

Focusable プロパティの値が変化したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
GiveFeedback

入力システムがこの要素を対象とするドラッグ アンド ドロップ イベントを報告したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
GotFocus

この要素が論理フォーカスを取得したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
GotKeyboardFocus

この要素にキーボード フォーカスが移動したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
GotMouseCapture

この要素がマウスをキャプチャしたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
GotStylusCapture

この要素がスタイラスをキャプチャしたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
GotTouchCapture

タッチがこの要素にキャプチャされると発生します。

(継承元 ContentElement)
Initialized

この FrameworkContentElement が初期化されるときに発生します。 これと同時に、IsInitialized プロパティの値が false (未定義) から true に変更されます。

IsEnabledChanged

この要素の IsEnabled プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
IsKeyboardFocusedChanged

この要素の IsKeyboardFocused プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
IsKeyboardFocusWithinChanged

この要素の IsKeyboardFocusWithinChanged プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
IsMouseCapturedChanged

この要素の IsMouseCaptured プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
IsMouseCaptureWithinChanged

この要素の IsMouseCaptureWithinProperty の値が変更されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
IsMouseDirectlyOverChanged

この要素の IsMouseDirectlyOver プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
IsStylusCapturedChanged

この要素の IsStylusCaptured プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
IsStylusCaptureWithinChanged

この要素の IsStylusCaptureWithin プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
IsStylusDirectlyOverChanged

この要素の IsStylusDirectlyOver プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
KeyDown

この要素にフォーカスがある状態でキーが押されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
KeyUp

この要素にフォーカスがあるときにキーが離されると発生します。

(継承元 ContentElement)
Loaded

要素のレイアウトやレンダリングが完了し、操作を受け入れる準備が整ったときに発生します。

LostFocus

この要素が論理フォーカスを失ったときに発生します。

(継承元 ContentElement)
LostKeyboardFocus

この要素からキーボード フォーカスが離れたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
LostMouseCapture

この要素がマウス キャプチャを失ったときに発生します。

(継承元 ContentElement)
LostStylusCapture

この要素がスタイラス キャプチャを失ったときに発生します。

(継承元 ContentElement)
LostTouchCapture

この要素がタッチのキャプチャを失うと発生します。

(継承元 ContentElement)
MouseDown

この要素の上にポインターがある状態でマウス ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
MouseEnter

マウス ポインターがこの要素の境界内に入ったときに発生します。

(継承元 ContentElement)
MouseLeave

マウス ポインターがこの要素の境界内から出たときに発生します。

(継承元 ContentElement)
MouseLeftButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
MouseLeftButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
MouseMove

この要素の上でマウス ポインターが動かされたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
MouseRightButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
MouseRightButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
MouseUp

この要素の上でいずれかのマウス ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
MouseWheel

この要素の上にマウス ポインターがある状態でユーザーがマウス ホイールを使用したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewDragEnter

この要素をドラッグ先とする、基になるドラッグ イベントが入力システムによって報告されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewDragLeave

入力システムが、この要素をドラッグ元とする、基になるドラッグ イベントを報告したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewDragOver

この要素がドロップ先となる可能性のある、基になるドラッグ イベントを入力システムが報告したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewDrop

入力システムがこの要素をドロップ先とするドロップ イベントを報告したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewGiveFeedback

ドラッグ アンド ドロップ操作が開始されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewGotKeyboardFocus

この要素にキーボード フォーカスが移動したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewKeyDown

この要素にキーボード フォーカスがある状態でいずれかのキーが押されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewKeyUp

この要素にキーボード フォーカスがある状態でキーが離されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewLostKeyboardFocus

この要素からキーボード フォーカスが離れたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewMouseDown

この要素の上にポインターがある状態でマウス ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewMouseLeftButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewMouseLeftButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewMouseMove

この要素上でマウス ポインターが動かされたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewMouseRightButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewMouseRightButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewMouseUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でいずれかのマウス ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewMouseWheel

この要素の上にマウス ポインターがある状態でユーザーがマウス ホイールを使用したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewQueryContinueDrag

ドラッグ アンド ドロップ操作の実行中にキーボードまたはマウス ボタンの状態が変化したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewStylusButtonDown

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewStylusButtonUp

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewStylusDown

この要素上でスタイラスがデジタイザーに触れたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewStylusInAirMove

デジタイザーに実際に触れることなく、要素上でスタイラスを動かしたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewStylusInRange

この要素上で検出可能になるまでスタイラスがデジタイザーに近づいたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewStylusMove

スタイラスが要素上にあるときにスタイラスが移動すると発生します。 このイベントを発生させるためには、デジタイザーによって検出されている間にスタイラスが移動する必要があります。それ以外の場合には、代わりに PreviewStylusInAirMove が発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewStylusOutOfRange

スタイラスがデジタイザーから離れすぎているために検出されないときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewStylusSystemGesture

ユーザーがいずれかのスタイラス ジェスチャを実行したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewStylusUp

ユーザーがこの要素上でスタイラスをデジタイザーから離したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewTextInput

この要素がデバイスに依存しない方法でテキストを取得したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewTouchDown

指がこの要素の上にある間に、その指で画面に触れると発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewTouchMove

この要素の上に指があるときに、その指を画面上で動かすと発生します。

(継承元 ContentElement)
PreviewTouchUp

この要素の上に指があるときに、その指が画面から離れると発生します。

(継承元 ContentElement)
QueryContinueDrag

ドラッグ アンド ドロップ操作の実行中にキーボードまたはマウス ボタンの状態が変化したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
QueryCursor

カーソルの表示が要求されると発生します。 このイベントは、マウス ポインターが別の位置へ移動するたびに要素上で発生します。したがって、場合によってはカーソル オブジェクトを移動先の位置に基づいて変更する必要があります。

(継承元 ContentElement)
SourceUpdated

この要素のバインディングに参加しているデータ ソースが変更されたときに発生します。

StylusButtonDown

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
StylusButtonUp

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
StylusDown

この要素上でスタイラスがデジタイザーに触れたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
StylusEnter

スタイラスがこの要素の境界内に入ったときに発生します。

(継承元 ContentElement)
StylusInAirMove

デジタイザーに実際に触れることなく、要素上でスタイラスを動かしたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
StylusInRange

この要素上で検出可能になるまでスタイラスがデジタイザーに近づいたときに発生します。

(継承元 ContentElement)
StylusLeave

スタイラスが要素の境界内から出たときに発生します。

(継承元 ContentElement)
StylusMove

スタイラスがこの要素上を移動すると発生します。 このイベントを発生させるには、デジタイザー上でスタイラスを移動する必要があります。 それ以外の場合は、代わりに StylusInAirMove が発生します。

(継承元 ContentElement)
StylusOutOfRange

この要素上でスタイラスが検出可能になるにはデジタイザーから離れすぎているときに発生します。

(継承元 ContentElement)
StylusSystemGesture

ユーザーがいずれかのスタイラス ジェスチャを実行したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
StylusUp

ユーザーがこの要素上でスタイラスをデジタイザーから離したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
TargetUpdated

この要素のバインドに関連する対象プロパティが変更されたときに発生します。

TextInput

この要素がデバイスに依存しない方法でテキストを取得したときに発生します。

(継承元 ContentElement)
ToolTipClosing

要素のツールヒントが閉じる直前に発生します。

ToolTipOpening

要素のツールヒントが開かれたときに発生します。

TouchDown

指がこの要素の上にある間に、その指で画面に触れると発生します。

(継承元 ContentElement)
TouchEnter

タッチがこの要素の境界の外部から内部に移動すると発生します。

(継承元 ContentElement)
TouchLeave

タッチがこの要素の境界の内部から外部に移動すると発生します。

(継承元 ContentElement)
TouchMove

この要素の上に指があるときに、その指を画面上で動かすと発生します。

(継承元 ContentElement)
TouchUp

この要素の上に指があるときに、その指が画面から離れると発生します。

(継承元 ContentElement)
Unloaded

読み込まれた要素の要素ツリーから要素が削除されたときに発生します。

明示的なインターフェイスの実装

IQueryAmbient.IsAmbientPropertyAvailable(String)

このメンバーの説明については、IsAmbientPropertyAvailable(String) メソッドのトピックを参照してください。

適用対象

こちらもご覧ください