FrameworkElement.ArrangeOverride(Size) メソッド

定義

派生クラスでオーバーライドされると、子要素を配置し、FrameworkElement 派生クラスのサイズを決定します。When overridden in a derived class, positions child elements and determines a size for a FrameworkElement derived class.

protected:
 virtual System::Windows::Size ArrangeOverride(System::Windows::Size finalSize);
protected virtual System.Windows.Size ArrangeOverride (System.Windows.Size finalSize);
abstract member ArrangeOverride : System.Windows.Size -> System.Windows.Size
override this.ArrangeOverride : System.Windows.Size -> System.Windows.Size
Protected Overridable Function ArrangeOverride (finalSize As Size) As Size

パラメーター

finalSize
Size

この要素が要素自体と子を配置するために使用する親の末尾の領域。The final area within the parent that this element should use to arrange itself and its children.

戻り値

使用する実際のサイズ。The actual size used.

注意 (継承者)

レイアウト処理の配置パスをカスタマイズするコントロールの作成者は、このメソッドをオーバーライドする必要があります。Control authors who want to customize the arrange pass of layout processing should override this method. 実装パターンでは、表示されている各子要素の Arrange(Rect) を呼び出し、各子要素の最終的な目的のサイズを finalRect パラメーターとして渡す必要があります。The implementation pattern should call Arrange(Rect) on each visible child element, and pass the final desired size for each child element as the finalRect parameter. 親要素は各子の Arrange(Rect) を呼び出す必要があります。そうしないと、子要素はレンダリングされません。Parent elements should call Arrange(Rect) on each child, otherwise the child elements will not be rendered.

多くの派生クラスは、このメソッドの実装を提供します。Many derived classes offer implementations of this method. 目立つのは、ArrangeOverride(Size)ArrangeOverride(Size)ArrangeOverride(Size)です。Prominent ones include: ArrangeOverride(Size), ArrangeOverride(Size) and ArrangeOverride(Size).

適用対象

こちらもご覧ください