FrameworkElement.FlowDirection プロパティ

定義

レイアウトを制御する親要素内でのテキストやその他の ユーザー インターフェイス (UI)user interface (UI) 要素のフロー方向を取得または設定します。Gets or sets the direction that text and other ユーザー インターフェイス (UI)user interface (UI) elements flow within any parent element that controls their layout.

public:
 property System::Windows::FlowDirection FlowDirection { System::Windows::FlowDirection get(); void set(System::Windows::FlowDirection value); };
[System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.None)]
public System.Windows.FlowDirection FlowDirection { get; set; }
member this.FlowDirection : System.Windows.FlowDirection with get, set
Public Property FlowDirection As FlowDirection

プロパティ値

テキストやその他の UIUI 要素の親要素内でのフロー方向を示す列挙値。The direction that text and other UIUI elements flow within their parent element, as a value of the enumeration. 既定値は LeftToRight です。The default value is LeftToRight.

属性

注釈

依存関係プロパティの使用法によって、この要素の FlowDirection が設定されます。The dependency property usage sets the FlowDirection on this element. プロパティ値の継承により、要素に FlowDirection を設定すると、ローカルに FlowDirection 設定されていないすべての子要素、またはスタイルなどの他の手段で FlowDirection が設定される可能性があります。Because of property value inheritance, setting FlowDirection on an element can potentially set FlowDirection on all child elements that did not set FlowDirection locally or though other means such as styles.

このプロパティは、アプリケーションのカルチャ情報の一部として自動的に設定されるわけではありません。要素には、必ずしもカルチャ情報によって暗黙的に指定される一般的なフロー方向に従うことを意図していないコンテンツが含まれる可能性があるためです。This property is not automatically set as part of any application culture information, because an element might contain content that is not necessarily intended to obey the general flow direction implied by the culture information. グローバリゼーションの考慮事項の詳細については、「 WPF のグローバリゼーション」を参照してください。For more information on globalization considerations, see Globalization for WPF.

このプロパティには 共通言語ランタイム (CLR)common language runtime (CLR) プロパティアクセサーが定義されているため、依存関係プロパティとして機能します。This property has a defined 共通言語ランタイム (CLR)common language runtime (CLR) property accessor, so it functions as a dependency property. ただし、添付ファイルとして登録されているので、添付プロパティとしても機能することができます。However, it is also registered as attached, so it can also function as an attached property. アタッチされた登録は、主にプロパティ値の継承がサポートされるようにするために使用されますが、プロパティを添付プロパティとして使用することもできます。The attached registration is mainly so that property value inheritance is supported, but the property can also be used as a true attached property. 添付プロパティの使用は、フローの方向を設定する対象のオブジェクトが、レイアウトを実行する FrameworkElement 親要素を持ち、それ自体が FrameworkElementではなく、FlowDirection プロパティが直接定義されていない場合にのみ関連します。The attached property usage is only relevant if the object you intend to set the flow direction on has a FrameworkElement parent element that performs layout upon it, is itself not a FrameworkElement, and does not already have a more directly defined FlowDirection property. (BlockInline などのフロードキュメントクラスの中には、独自の FlowDirectionを定義するものもあれば、フローの方向を設定することもできます。(Some of the flow document classes such as Block and Inline define their own FlowDirection, and this property can also set the flow direction. プロパティ値は、添付プロパティの使用を必要とせずに最終的なコンテンツホストによって読み取られます)。The property value is then read by the eventual content host without requiring attached property usage.)

XAML 属性の使用方法XAML Attribute Usage

<オブジェクト system.windows.flowdirection>= "FlowDirection"/><object FlowDirection="FlowDirection"/>

XAML テキストの使用XAML Text Usage

このプロパティは、次の XAMLXAML 添付プロパティを使用して、派生クラス FrameworkElement ないクラスで設定することもできます。This property can also be set on classes that are not FrameworkElement derived classes, by the following XAMLXAML attached property usage:

<オブジェクトFrameworkElement.system.windows.flowdirection>= "FlowDirection"/>< object FrameworkElement.FlowDirection="FlowDirection"/>

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドIdentifier field FlowDirectionProperty
メタデータプロパティが true に設定されるMetadata properties set to true AffectsMeasureAffectsParentArrangeInheritsAffectsMeasure, AffectsParentArrange, Inherits

このプロパティは、依存関係プロパティと添付プロパティの両方です。「解説」を参照してください。This property is both a dependency property and an attached property; see Remarks.

適用対象