FrameworkElement.Height FrameworkElement.Height FrameworkElement.Height FrameworkElement.Height Property

定義

要素の推奨される高さを取得または設定します。Gets or sets the suggested height of the element.

public:
 property double Height { double get(); void set(double value); };
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Windows.LengthConverter))]
[System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.None, Readability=System.Windows.Readability.Unreadable)]
public double Height { get; set; }
member this.Height : double with get, set
Public Property Height As Double

プロパティ値

要素の高さ (デバイスに依存しない単位 (1 単位は 1/96 インチ)device-independent units (1/96th inch per unit) 単位)。The height of the element, in デバイスに依存しない単位 (1 単位は 1/96 インチ)device-independent units (1/96th inch per unit). 既定値は NaN です。The default value is NaN. この値は 0.0 以上にする必要があります。This value must be equal to or greater than 0.0.

注釈

Height 3 つの書き込み可能なプロパティの 1 つFrameworkElement高さ情報を指定します。Height is one of three writable properties on FrameworkElement that specify height information. その他の 2 つはMinHeightMaxHeightします。The other two are MinHeight and MaxHeight. 間の競合がある場合これらの値、実際の高さを決定するためのアプリケーションの順序は最初MinHeightし、適用する必要がありますMaxHeight、最後に、境界内にある場合Heightします。If there is a conflict between these values, the order of application for actual height determination is that first MinHeight must be honored, then MaxHeight, and finally, if it is within bounds, Height.

この要素が他の要素内の子要素の場合は、値にこのプロパティを設定し、本当にのみ推奨される値です。If this element is a child element within some other element, then setting this property to a value is really only a suggested value. 親要素の特定のレイアウト ロジックと同様に、レイアウト システムは、値として使用非バインド入力レイアウト プロセス中にします。The layout system as well as the particular layout logic of the parent element will use the value as a nonbinding input during the layout process. 実際をFrameworkElementを設定する場合でも、他; の子要素で、ほとんどの場合、HeightWindowします。In practical terms, a FrameworkElement is almost always the child element of something else; even when you set the Height on Window. (のWindow、基になるアプリケーション モデル、Hwnd を作成する基本的なレンダリングの前提条件を確立するときに、値を使用するアプリケーションをホストします)。(For Window, that value is used when the underlying application model establishes the basic rendering assumptions that create the Hwnd that hosts the application.)

さらに許容されるDouble値、このプロパティにすることができますもDouble.NaNします。In addition to acceptable Double values, this property can also be Double.NaN. これは、コードの自動サイズ変更動作を指定する方法です。This is how you specify auto sizing behavior in code. XAMLXAML "Auto"(大文字と小文字は区別されません)、自動サイズ変更動作を有効にする、文字列に値を設定します。In XAMLXAML you set the value to the string "Auto" (case insensitive) to enable the auto sizing behavior. 自動サイズ変更動作は、要素の高さは高さを使用することを意味します。Auto sizing behavior implies that the element will fill the height available to it. ただし、特定のコントロールがサイズ変更動作は具体的には、再度有効にしない限り、自動を無効にするには既定のテーマ スタイルによって既定値を頻繁に提供することに注意してください。Note however that specific controls frequently supply default values through their default theme styles that will disable the auto sizing behavior unless it is specifically re-enabled.

このプロパティの戻り値は、任意の値に設定されたのと同じでは常にします。The return value of this property is always the same as any value that was set to it. これに対しての値、ActualHeight異なる場合があります。In contrast, the value of the ActualHeight may vary. いずれかの静的になっていた、レイアウトは、何らかの理由で推奨されるサイズを拒否または一時的にします。This can happen either statically because the layout rejected the suggested size for some reason, or momentarily. プロパティ システムの一連の基準とした、レイアウト システム自体が非同期的に動作Heightが処理されていない特定のプロパティの変更をまだサイズ変更とします。The layout system itself works asynchronously relative to the property system's set of Height and may not have processed that particular sizing property change yet.

値の制限、Doubleによって値が適用されます、ValidateValueCallbackメカニズム。The value restrictions on the Double value are enforced by a ValidateValueCallback mechanism. 無効な値を設定しようとすると、実行時例外がスローされます。If you attempt to set an invalid value, a run-time exception is thrown.

非決定的の上限値のバインドがあるだけでなく、検証チェックHeightレイアウト システムによって強制適用されるは (これは非常に大きい番号より大きいSingle.MaxValueよりも小さいDouble.MaxValue)。In addition to the validation check, there is a nondeterministic upper value bound for Height that is enforced by the layout system (this is a very large number, larger than Single.MaxValue but smaller than Double.MaxValue). この上限値を超過した場合、要素は表示されませんし、例外はスローされません。If you exceed this bound, the element will not render, and no exception is thrown. 設定しないHeightの表示可能な最大サイズは、非決定的であるこの上限を超える可能性がありますよりも大幅に大きい値にします。Do not set Height to a value that is significantly larger than the maximum size of any possible visual display, or you may exceed this nondeterministic upper bound.

XAML 属性の使用方法XAML Attribute Usage

<object Height="double"/>  
- or -  
<object Height="qualifiedDouble"/>  
- or -  
<object Height="Auto"/>  

XAML 値XAML Values

doubledouble
Double

文字列表現をDouble0.0 以上の値。String representation of a Double value equal to or greater than 0.0. 上限については、「解説」を参照してください。See Remarks for upper bound information. この値として解釈されます、デバイスに依存しない単位 (1/96 インチ)device-independent unit (1/96th inch)測定します。This value is interpreted as a デバイスに依存しない単位 (1/96 インチ)device-independent unit (1/96th inch) measurement. 文字列が必要な 10 進数のポイントを明示的に含まれません。Strings need not explicitly include decimal points. 値のインスタンス1は許容されます。For instance a value of 1 is acceptable.

qualifiedDoublequalifiedDouble
A二重値、上記と続く単位の次の宣言文字列のいずれか: pxincmptします。A double value as described above, followed by one of the following unit declaration strings: px, in, cm, pt.

px (既定値) デバイスに依存しない単位 (1 単位は 1/96 インチ)device-independent units (1/96th inch per unit)px (default) is デバイスに依存しない単位 (1 単位は 1/96 インチ)device-independent units (1/96th inch per unit)

in はインチ。1in==96pxin is inches; 1in==96px

cm センチメートル; は、します。1cm==(96/2.54) pxcm is centimeters; 1cm==(96/2.54) px

pt はポイント。1pt==(96/72) pxpt is points; 1pt==(96/72) px

AutoAuto
自動サイズ調整の動作を有効にします。Enables autosizing behavior. 「解説」を参照してください。See Remarks.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドです。Identifier field HeightProperty
メタデータのプロパティを設定するには trueMetadata properties set to true AffectsMeasure

適用対象

こちらもご覧ください