FrameworkElement.Language プロパティ

定義

要素に適用されるローカライズ/グローバリゼーション言語情報を取得または設定します。

public:
 property System::Windows::Markup::XmlLanguage ^ Language { System::Windows::Markup::XmlLanguage ^ get(); void set(System::Windows::Markup::XmlLanguage ^ value); };
public System.Windows.Markup.XmlLanguage Language { get; set; }
member this.Language : System.Windows.Markup.XmlLanguage with get, set
Public Property Language As XmlLanguage

プロパティ値

XmlLanguage

この要素の言語情報。 既定値は、IetfLanguageTag 値が文字列 "en-US" に設定されている XmlLanguage です。

注釈

文字列の形式は RFC 3066 標準に従います。 たとえば、英語 (米国) は "en-us" です。 値と形式の詳細については、「」を参照してください XmlLanguage

この依存関係プロパティは、プロパティ値を継承します。 ローカル値またはスタイルによって確立された以外の値を持たない子要素がある場合 Language 、プロパティシステムは、この値が Language 割り当てられている最も近い祖先要素の値になるように値を設定します。

XML は、属性の一般的な意味を定義し xml:lang ます。 Language は、基本的に、この属性の意味を依存関係プロパティとして公開します。 Language プログラムによって調整できます。また、 xml:lang 属性が XML の子要素スコープに継承する方法と同じ方法で、プロパティシステム値の継承に参加できます。 を設定する Language と、その値がになり、 xml:lang 以前の値が上書きされます。 詳細については、「 XAML での xml: lang の処理」を参照してください。

依存プロパティ情報

識別子フィールド LanguageProperty
メタデータプロパティがに設定される true Inherits

適用対象