FrameworkElement.Margin FrameworkElement.Margin FrameworkElement.Margin FrameworkElement.Margin Property

定義

要素の外側の余白を取得または設定します。

public:
 property System::Windows::Thickness Margin { System::Windows::Thickness get(); void set(System::Windows::Thickness value); };
public System.Windows.Thickness Margin { get; set; }
member this.Margin : System.Windows.Thickness with get, set
Public Property Margin As Thickness

プロパティ値

要素の余白の値を提供します。 既定値は、すべてのプロパティが 0 (ゼロ) の Thickness です。

注釈

余白は、この要素とレイアウトを作成するときに、隣接するその他の要素間のスペース、ユーザー インターフェイス (UI)します。 共有要素は、ピア要素 (など、他の要素に共通の親コントロールのコレクション) があります。 または、この要素の親の場合もあります。

Margin として設定されて、Thickness構造ではなく数値としてマージンを非対称的設定できるようにします。 Thickness構造体自体には文字列型の変換がサポートされているため、非対称を指定できますMarginでXAML属性構文もします。

0 以外の余白は要素のレイアウトのActualWidthActualHeightします。

余白は、レイアウトの兄弟要素の追加たとえば、2 つの隣接する要素が隣接する端に余白 30 をどちらも設定では、60 のユニットの間にスペースがあります。

余白の設定を持つ要素を通常の指定したサイズ制約しないMargin割り当てられた四角形領域が十分な大きさの余白と要素のコンテンツ領域でないかどうか。 要素のコンテンツ領域は、レイアウトの計算時に、代わりに制限されます。 コンテンツが既に 0 に制約されていますもは余白が制限される場合だけです。

XAML 属性の使用方法

<object Margin="left,top,right,bottom"/>  
- or -  
<object Margin="left,top"/>  
- or -  
<object Margin="thicknessReference"/>  

XAML プロパティ要素の使用

<object>  
  <object.Margin>  
    <Thickness Left="left" Top="top" Right="right" Bottom="bottom"/>  
  </object.Margin>  
</object>  

XAML 値

左、上、右、下
番号を 0 までの値とPositiveInfinityの 4 つの考えられるディメンション プロパティを指定する、Thickness構造体。

属性の使用法も指定すると、対称的および論理的な順序で適用される省略形の値を受け取ります。 たとえば、Margin="20"として解釈する、Thicknessすべてのプロパティを 20 に設定します。 Margin="20,50" として解釈する、ThicknessLeftRightを 20 に設定し、TopBottom50 に設定します。

既定の単位をThicknessメジャーがデバイスに依存しない単位 (1/96 インチ)します。 単位の種類の文字列を追加して、他の単位を指定することもcmin、またはpt測定値にします。

数値として指定されたXAML属性は、10 進数のポイントを指定しない必要があります (0 は、0.0 として指定する必要はありません)。 詳細についてはExtensible Application Markup Language (XAML)使用状況を参照してくださいThicknessします。

thicknessReference
既存のオブジェクト参照Thicknessします。 これは、可能性があります、 }、a、または}参照。 詳細についてはExtensible Application Markup Language (XAML)使用状況を参照してくださいThicknessします。

依存プロパティ情報

識別子フィールドです。 MarginProperty
メタデータのプロパティを設定するには true AffectsMeasure

適用対象

こちらもご覧ください