FrameworkElement.MeasureCore(Size) メソッド

定義

FrameworkElement の測定パス レイアウト システムの基本動作を実装します。Implements basic measure-pass layout system behavior for FrameworkElement.

protected:
 override System::Windows::Size MeasureCore(System::Windows::Size availableSize);
protected override sealed System.Windows.Size MeasureCore (System.Windows.Size availableSize);
override this.MeasureCore : System.Windows.Size -> System.Windows.Size
Protected Overrides NotOverridable Function MeasureCore (availableSize As Size) As Size

パラメーター

availableSize
Size

親要素が子要素に与えることが利用可能なサイズ。The available size that the parent element can give to the child elements.

戻り値

Size

レイアウト内のこの要素の必要なサイズ。The desired size of this element in layout.

注釈

このメソッド UIElement.MeasureCore は、wpf のコアレベルと wpf フレームワークレベルのレイアウトメジャーの実装を接続するようにをオーバーライドします。This method overrides UIElement.MeasureCore to connect the WPF core-level and WPF framework-level layout measure implementations. 実装は、 FrameworkElement メソッドをシールします。The FrameworkElement implementation seals the method. WPF フレームワークレベルでビルドされる要素の測定パスレイアウト動作を調整するには、代わりにをオーバーライドし MeasureOverride ます。To adjust the measure pass layout behavior of any element that builds on the WPF framework-level, override MeasureOverride instead. WPF フレームワークレベルで意図的に構築されていない要素の測定パスレイアウト動作を調整するには FrameworkElement 、をオーバーライド UIElement.MeasureCore します。To adjust the measure pass layout behavior of an element that deliberately does not build on the WPF framework-level or use FrameworkElement, override UIElement.MeasureCore.

適用対象