FrameworkElement.MeasureCore(Size) FrameworkElement.MeasureCore(Size) FrameworkElement.MeasureCore(Size) FrameworkElement.MeasureCore(Size) Method

定義

FrameworkElement の測定パス レイアウト システムの基本動作を実装します。

protected:
 override System::Windows::Size MeasureCore(System::Windows::Size availableSize);
protected override sealed System.Windows.Size MeasureCore (System.Windows.Size availableSize);
override this.MeasureCore : System.Windows.Size -> System.Windows.Size
Protected Overrides NotOverridable Function MeasureCore (availableSize As Size) As Size

パラメーター

availableSize
Size Size Size Size

親要素が子要素に与えることが利用可能なサイズ。

戻り値

レイアウト内のこの要素の必要なサイズ。

注釈

このメソッドはUIElement.MeasureCoreWPF コア レベルと WPF フレームワーク レベルのレイアウトの測定の実装に接続します。 FrameworkElement封印し、メソッドを実装します。 WPF フレームワーク レベル上に構築される要素の測定パス レイアウト動作を調整するのには、オーバーライドMeasureOverride代わりにします。 測定パスを意図的に WPF フレームワーク レベル上に構築を使用して、要素のレイアウト動作を調整するFrameworkElement、オーバーライドUIElement.MeasureCoreします。

適用対象