FrameworkElement.RemoveLogicalChild(Object) メソッド

定義

指定されたオブジェクトをこの要素の論理ツリーから削除します。 FrameworkElement は、この削除との同期を維持するために影響を受ける論理ツリーの親ポインターを更新します。

protected public:
 void RemoveLogicalChild(System::Object ^ child);
protected internal void RemoveLogicalChild (object child);
member this.RemoveLogicalChild : obj -> unit
Protected Friend Sub RemoveLogicalChild (child As Object)

パラメーター

child
Object

削除する要素。

次の例では、 Child 独自のビジュアル層の実装を行うカスタムのプロパティを実装 FrameworkElement しています。 プロパティの setter は、値が変更された場合に、クラス固有のビジュアルコレクションだけでなく、論理ツリーから古い値が削除されるように設計されています。 値がキャッシュされた後、新しい値が標準の WPF フレームワークレベルの論理ツリーとカスタムビジュアルコレクションの両方に追加されます。

public virtual UIElement Child
{
    get
    {
        return _child;
    }
    set
    {
        if (_child != value)
        {
            //need to remove old element from logical tree
            if (_child != null)
            {
                OnDetachChild(_child);
                RemoveLogicalChild(_child);
            }

            _vc.Clear();

            if (value != null)
            {
                //add to visual
                _vc.Add(value);
                //add to logical
                AddLogicalChild(value);
            }

            //always add the overlay child back into the visual tree if its set
            if (_overlayVisual != null)
                _vc.Add(_overlayVisual);

            //cache the new child
            _child = value;

            //notify derived types of the new child
            if (value != null)
                OnAttachChild(_child);

            InvalidateMeasure();
        }
    }
}
<System.ComponentModel.DefaultValue(GetType(Object), Nothing)>
Public Overridable Property Child() As UIElement
    Get
        Return _child
    End Get
    Set(ByVal value As UIElement)
        If _child IsNot value Then
            'need to remove old element from logical tree
            If _child IsNot Nothing Then
                OnDetachChild(_child)
                RemoveLogicalChild(_child)
            End If

            _vc.Clear()

            If value IsNot Nothing Then
                'add to visual
                _vc.Add(value)
                'add to logical
                AddLogicalChild(value)
            End If

            'always add the overlay child back into the visual tree if its set
            If _overlayVisual IsNot Nothing Then
                _vc.Add(_overlayVisual)
            End If

            'cache the new child
            _child = value

            'notify derived types of the new child
            If value IsNot Nothing Then
                OnAttachChild(_child)
            End If

            InvalidateMeasure()
        End If
    End Set
End Property

注釈

このメソッドは、要素の論理的な子を表すオブジェクトのコレクションの実装に使用します。 これは、プロパティの getter または setter、イベントのクラスハンドラー、 Changed コンストラクター、またはコレクション型自体で行うことができます。

コントロールの作成者は、指定された基本コントロールクラスのコンテンツモデルが適切でない場合を除き、このレベルで論理ツリーを操作することは推奨されません。 、、およびのレベルでサブクラス化することを検討してください ContentControl ItemsControl HeaderedItemsControl 。 これらのクラスは、専用の Api を使用して論理的な子の適用を特定するコンテンツモデルを提供します。また、テンプレートを使用したスタイル設定などの WPF コントロールで通常は望ましい他の機能をサポートします。

適用対象

こちらもご覧ください