FrameworkElement.SetBinding FrameworkElement.SetBinding FrameworkElement.SetBinding FrameworkElement.SetBinding Method

定義

指定した依存関係プロパティのためのバインディングをこの要素に添付します。

オーバーロード

SetBinding(DependencyProperty, String) SetBinding(DependencyProperty, String) SetBinding(DependencyProperty, String) SetBinding(DependencyProperty, String)

指定したソース プロパティ名をデータ ソースへのパスの修飾として使用して、この要素にバインディングを添付します。

SetBinding(DependencyProperty, BindingBase) SetBinding(DependencyProperty, BindingBase) SetBinding(DependencyProperty, BindingBase) SetBinding(DependencyProperty, BindingBase)

指定したバインディング オブジェクトに基づいて、この要素にバインドをアタッチします。

SetBinding(DependencyProperty, String) SetBinding(DependencyProperty, String) SetBinding(DependencyProperty, String) SetBinding(DependencyProperty, String)

指定したソース プロパティ名をデータ ソースへのパスの修飾として使用して、この要素にバインディングを添付します。

public:
 System::Windows::Data::BindingExpression ^ SetBinding(System::Windows::DependencyProperty ^ dp, System::String ^ path);
public System.Windows.Data.BindingExpression SetBinding (System.Windows.DependencyProperty dp, string path);
member this.SetBinding : System.Windows.DependencyProperty * string -> System.Windows.Data.BindingExpression
Public Function SetBinding (dp As DependencyProperty, path As String) As BindingExpression

パラメーター

dp
DependencyProperty DependencyProperty DependencyProperty DependencyProperty

バインディングを確立する必要がある対象のプロパティを識別します。

path
String String String String

ソース プロパティ名、またはバインドに使用されているプロパティへのパス。

戻り値

バインドの条件を記録します。 この戻り値は、エラーをチェックするために役立ちます。

次の例では、特定のパスを使用してバインドを設定します。

myDataObject = new MyData(System.DateTime.Now);
root.DataContext = myDataObject;
myText.SetBinding(TextBlock.TextProperty, "MyDataProperty");
myDataObject = New MyData(Date.Now)
root.DataContext = myDataObject
myText.SetBinding(TextBlock.TextProperty, "MyDataProperty")

注釈

このメソッドを呼び出す便利なメソッドは、 BindingOperations.SetBinding、現在のインスタンスを渡す、 DependencyObject、新たに作成およびBindingに基づいて、指定されたpathパラメーター。 この署名は、単純な既定のバインディングを確立している場合より便利です。 既定以外の条件へのバインディング プロパティを使用する必要がある場合、MultiBindingまたはPriorityBinding、使用する必要があります、SetBinding(DependencyProperty, BindingBase)署名します。

SetBinding(DependencyProperty, BindingBase) SetBinding(DependencyProperty, BindingBase) SetBinding(DependencyProperty, BindingBase) SetBinding(DependencyProperty, BindingBase)

指定したバインディング オブジェクトに基づいて、この要素にバインドをアタッチします。

public:
 System::Windows::Data::BindingExpressionBase ^ SetBinding(System::Windows::DependencyProperty ^ dp, System::Windows::Data::BindingBase ^ binding);
public System.Windows.Data.BindingExpressionBase SetBinding (System.Windows.DependencyProperty dp, System.Windows.Data.BindingBase binding);
member this.SetBinding : System.Windows.DependencyProperty * System.Windows.Data.BindingBase -> System.Windows.Data.BindingExpressionBase
Public Function SetBinding (dp As DependencyProperty, binding As BindingBase) As BindingExpressionBase

パラメーター

dp
DependencyProperty DependencyProperty DependencyProperty DependencyProperty

バインドを確立する必要があるプロパティを識別します。

binding
BindingBase BindingBase BindingBase BindingBase

データ バインディングの詳細を表します。

戻り値

バインドの条件を記録します。 この戻り値は、エラーをチェックするために役立ちます。

注釈

このメソッドは、便利なメソッドを呼び出すBindingOperations.SetBinding、現在のインスタンスを渡す、DependencyObjectします。

適用対象