FrameworkElement.Triggers FrameworkElement.Triggers FrameworkElement.Triggers FrameworkElement.Triggers Property

定義

この要素に直接、または子要素で設定されているトリガーのコレクションを取得します。Gets the collection of triggers established directly on this element, or in child elements.

public:
 property System::Windows::TriggerCollection ^ Triggers { System::Windows::TriggerCollection ^ get(); };
public System.Windows.TriggerCollection Triggers { get; }
member this.Triggers : System.Windows.TriggerCollection
Public ReadOnly Property Triggers As TriggerCollection

プロパティ値

厳密に型指定された Trigger オブジェクトのコレクション。A strongly typed collection of Trigger objects.

注釈

注意

このプロパティを設定できるのExtensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML)は、表示されているコレクション構文を使用するか、コレクションオブジェクトにアクセスして、Add などのさまざまなメソッドを使用することです。This property can only be set in Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML) through the collection syntax shown, or by accessing the collection object and using its various methods such as Add. コレクションオブジェクト自体にアクセスするプロパティは読み取り専用で、コレクション自体は読み取り/書き込み可能です。The property to access the collection object itself is read-only, the collection itself is read-write. プロパティはルート要素にのみ存在します。検索または他の場所に設定しようとすると、例外がスローされます。The property only exists on root elements; attempting to find it or set it elsewhere will cause an exception to be thrown.

このプロパティを使用すると、この要素で使用されているスタイルの一部として存在するトリガーを調べることはできません。This property does not enable you to examine triggers that exist as part of styles in use on this element. このメソッドは、マークアップまたはコードのいずれかでコレクションに文字どおりに追加されるトリガーのコレクションのみを報告します。It only reports the collection of triggers that are literally added to the collection, either in markup or code. 通常、要素には、既定ではそのような要素が存在しません (インスタンスのテンプレートを使用)。これは、コントロールの複合から、代わりにスタイルで設定されるトリガーの方が一般的です。Elements do not typically have such elements existing by default (through a template for instance); it is more common for triggers that come from control compositing to be established in styles instead.

動作の観点から (そして、要素の宣言Triggersされたコレクションに起因する効果を確立しようとすると)、トリガー条件とトリガー効果の両方がこの要素に存在するか、論理ツリー内の子要素にある可能性があります。In terms of behavior (and trying to establish which effect came from which element's declared Triggers collection), both the triggering condition and the trigger effect might be on this element, or might be on its child elements in the logical tree. このコレクションを取得するためになどLoadedの有効期間イベントを使用する場合は、子要素のトリガーがまだ完全に読み込まれていない可能性があります。また、コレクションは、実際に実行される場合よりも小さくなります。Note that if you use lifetime events such as Loaded to get this collection, the child element's triggers might not yet be fully loaded, and the collection will be smaller than it would truly be at run time.

要素に対して確立されたトリガーのコレクションでEventTriggerは、プロパティトリガー (Trigger) ではなく、のみがサポートされていることに注意してください。Note that the collection of triggers established on an element only supports EventTrigger, not property triggers (Trigger). プロパティトリガーが必要な場合は、これらをスタイルまたはテンプレート内に配置し、 Styleプロパティを直接使用するか、暗黙的なスタイル参照を使用して、そのスタイルまたはテンプレートを要素に割り当てる必要があります。If you require property triggers, you must place these within a style or template and then assign that style or template to the element either directly through the Style property, or indirectly through an implicit style reference.

XAML プロパティ要素の使用XAML Property Element Usage

<object>  
  <object.Triggers>  
    oneOrMoreTriggers  
  </object.Triggers>  
</object>  

XAML 値XAML Values

oneOrMoreTriggersoneOrMoreTriggers
1つ以上のEventTrigger定義済みの要素。One or more defined EventTrigger elements. このようなトリガーには、有効なストーリーボードアクションと参照が含まれている必要があります。Each such trigger is expected to contain valid storyboard actions and references. このコレクションは、ページのルート要素でのみ設定できることに注意してください。Note that this collection can only be established on the root element of a page. 詳細については、「ストーリーボードの概要」を参照してください。For more information, see Storyboards Overview.

適用対象

こちらもご覧ください