FrameworkElement.Triggers FrameworkElement.Triggers FrameworkElement.Triggers FrameworkElement.Triggers Property

定義

この要素に直接、または子要素で設定されているトリガーのコレクションを取得します。

public:
 property System::Windows::TriggerCollection ^ Triggers { System::Windows::TriggerCollection ^ get(); };
public System.Windows.TriggerCollection Triggers { get; }
member this.Triggers : System.Windows.TriggerCollection
Public ReadOnly Property Triggers As TriggerCollection

プロパティ値

厳密に型指定された Trigger オブジェクトのコレクション。

注釈

注意

このプロパティのみ設定できますExtensible Application Markup Language (XAML)コレクション オブジェクトにアクセスして、追加などのさまざまなメソッドを使用して、表示、コレクション構文を使用します。 コレクション オブジェクト自体にアクセスするプロパティは読み取り専用、コレクション自体は読み取り/書き込みです。 プロパティは、ルート要素にのみ存在します検索や他の場所で設定しようがスローされる例外が発生します。

このプロパティでは、この要素で使用されているスタイルの一部として存在するトリガーを確認できません。 マークアップまたはコードでは、コレクションに追加されることはトリガーのコレクションを報告するだけです。 要素は、既存の既定では、このような要素を通常必要はありません (テンプレートを使ってインスタンス)。コントロールの複合スタイルで設定する代わりに由来するトリガーの方が一般的です。

動作の観点から (どちらの効果がのどの要素の宣言された元の確立を試みるとTriggersコレクション)、トリガーの条件とトリガーの影響の両方で、この要素がありますまたは論理ツリーの子要素にあります。 などの有効期間イベントを使用する場合Loadedをこのコレクションを取得するには、子要素のトリガーできない可能性がありますまだ完全に読み込まれると、コレクションは、実行時に本当にはそれよりも小さいになります。

要素に設定されているトリガーのコレクションのみがサポートされます。 注EventTrigger、プロパティ トリガーではありません (Trigger)。 スタイルまたはテンプレート内でこれらの配置し、し、そのスタイルまたはテンプレートの要素に代入かする必要がありますプロパティ トリガーが必要な場合経由で直接、Styleプロパティ、または、暗黙的なスタイルの参照を通じて間接的にします。

XAML プロパティ要素の使用

<object>  
  <object.Triggers>  
    oneOrMoreTriggers  
  </object.Triggers>  
</object>  

XAML 値

oneOrMoreTriggers
1 つ以上定義されているEventTrigger要素。 このような各トリガーは、有効なストーリー ボード アクションと参照を含めることが必要です。 このコレクションは、ページのルート要素でのみ設定できますに注意してください。 詳細については、次を参照してください。ストーリー ボードの概要します。

適用対象

こちらもご覧ください