FrameworkElementFactory クラス

定義

テンプレートの作成をサポートします。

public ref class FrameworkElementFactory
[System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.NeverLocalize)]
public class FrameworkElementFactory
[<System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.NeverLocalize)>]
type FrameworkElementFactory = class
Public Class FrameworkElementFactory
継承
FrameworkElementFactory
属性

注釈

このクラスは、やなどのサブクラスであるテンプレートをプログラムで作成するための非推奨の方法です FrameworkTemplate ControlTemplate DataTemplate 。このクラスを使用してテンプレートを作成するときに、テンプレート機能のすべてを使用できるわけではありません。 プログラムによってテンプレートを作成する方法として、クラスのメソッドを使用して、文字列またはメモリストリームから XAML を読み込むことをお勧めし Load XamlReader ます。

コンストラクター

FrameworkElementFactory()

FrameworkElementFactory クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkElementFactory(String)

生成するテキストを指定して、FrameworkElementFactory クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkElementFactory(Type)

FrameworkElementFactory を指定して、Type クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkElementFactory(Type, String)

FrameworkElementFactory と名前を指定して、Type クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

FirstChild

最初の子ファクトリを取得します。

IsSealed

このオブジェクトが変更できない状態にあるかどうかを示す値を取得します。

Name

テンプレート項目の名前を取得または設定します。

NextSibling

次の兄弟ファクトリを取得します。

Parent

FrameworkElementFactory を取得します。

Text

生成するテキスト文字列を取得または設定します。

Type

このファクトリが生成するオブジェクトの型を取得または設定します。

メソッド

AddHandler(RoutedEvent, Delegate)

このファクトリで作成されたインスタンスに、指定したルーティング イベントのイベント ハンドラーを追加します。

AddHandler(RoutedEvent, Delegate, Boolean)

指定したルーティング イベントのイベント ハンドラーを、このファクトリで作成されたインスタンスに追加します。このメソッドでは、ルーティング イベントがルート上で別の要素により既に処理済みとしてマークされている場合でも、指定したハンドラーを呼び出すかどうかを指定できます。

AppendChild(FrameworkElementFactory)

子ファクトリをこのファクトリに追加します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
RemoveHandler(RoutedEvent, Delegate)

指定したルーティング イベントからイベント ハンドラーを削除します。 これは、このファクトリで作成されたインスタンスに適用されます。

SetBinding(DependencyProperty, BindingBase)

プロパティのデータ バインディングを設定します。

SetResourceReference(DependencyProperty, Object)

子プロパティに動的リソース参照を設定します。

SetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティの値を設定します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象