FrameworkPropertyMetadata コンストラクター

定義

FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

オーバーロード

FrameworkPropertyMetadata()

FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(Object)

指定した既定値を使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(PropertyChangedCallback)

指定した FrameworkPropertyMetadata コールバックを使用して、PropertyChangedCallback クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(Object, FrameworkPropertyMetadataOptions)

指定した既定値とフレームワーク レベルのメタデータ オプションを使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(Object, PropertyChangedCallback)

指定した既定値と FrameworkPropertyMetadata コールバックを使用して、PropertyChangedCallback クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(PropertyChangedCallback, CoerceValueCallback)

指定したコールバックを使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(Object, FrameworkPropertyMetadataOptions, PropertyChangedCallback)

指定した既定値、フレームワークのメタデータ オプション、および FrameworkPropertyMetadata コールバックを使用して、PropertyChangedCallback クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(Object, PropertyChangedCallback, CoerceValueCallback)

指定した既定値とコールバックを使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(Object, FrameworkPropertyMetadataOptions, PropertyChangedCallback, CoerceValueCallback)

指定した既定値、フレームワークのメタデータ オプション、およびコールバックを使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(Object, FrameworkPropertyMetadataOptions, PropertyChangedCallback, CoerceValueCallback, Boolean)

指定した既定値、フレームワークのメタデータ オプション、指定したコールバック、およびプロパティでのアニメーションを無効にするブール値を使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(Object, FrameworkPropertyMetadataOptions, PropertyChangedCallback, CoerceValueCallback, Boolean, UpdateSourceTrigger)

指定した既定値、フレームワークのメタデータ オプション、指定したコールバック、プロパティでのアニメーションを無効にするブール値、および既定のデータ バインディング更新トリガーを使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata()

FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 FrameworkPropertyMetadata();
public FrameworkPropertyMetadata ();
Public Sub New ()

注釈

このシグネチャは、のすべての値 FrameworkPropertyMetadata をプロパティの既定値に初期化します。 DefaultValuenull になり、さまざまな FrameworkPropertyMetadata ブール型プロパティがになり false ます。

こちらもご覧ください

適用対象

FrameworkPropertyMetadata(Object)

指定した既定値を使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 FrameworkPropertyMetadata(System::Object ^ defaultValue);
public FrameworkPropertyMetadata (object defaultValue);
new System.Windows.FrameworkPropertyMetadata : obj -> System.Windows.FrameworkPropertyMetadata
Public Sub New (defaultValue As Object)

パラメーター

defaultValue
Object

依存関係プロパティの既定値。通常、特定の型の値として指定されます。

例外

defaultValueUnsetValue に設定されます。

次の例では、このコンストラクターシグネチャを呼び出します。

static FrameworkPropertyMetadata fpm;
fpm = new FrameworkPropertyMetadata(Double.NaN);

注釈

に指定された値の型は、 defaultValue このメタデータが適用される依存関係プロパティの元の登録で指定されている型と一致しているか、その型に関連付けられている必要があります。 メタデータの既定値の型と、それが適用されている依存関係プロパティの型が一致しない場合、コンパイル中に不一致が検出されないため、デバッグが困難になる可能性があります。 プロパティシステムは、プロパティの有効な値を実行時まで評価しません。そのため、既定値の型またはプロパティの型の不一致の結果は実行時エラーになります。

この値は、 UnsetValue プロパティシステムで特別な意味を持ち、依存関係プロパティの既定値として使用することはできません。

こちらもご覧ください

適用対象

FrameworkPropertyMetadata(PropertyChangedCallback)

指定した FrameworkPropertyMetadata コールバックを使用して、PropertyChangedCallback クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 FrameworkPropertyMetadata(System::Windows::PropertyChangedCallback ^ propertyChangedCallback);
public FrameworkPropertyMetadata (System.Windows.PropertyChangedCallback propertyChangedCallback);
new System.Windows.FrameworkPropertyMetadata : System.Windows.PropertyChangedCallback -> System.Windows.FrameworkPropertyMetadata
Public Sub New (propertyChangedCallback As PropertyChangedCallback)

パラメーター

propertyChangedCallback
PropertyChangedCallback

プロパティの有効値が変更されるときにプロパティ システムによって必ず呼び出されるハンドラー実装への参照。

次の例では、このコンストラクターシグネチャを呼び出します。

static FrameworkPropertyMetadata fpm;
fpm = new FrameworkPropertyMetadata(new PropertyChangedCallback(OnCurrentReadingChanged));

適用対象

FrameworkPropertyMetadata(Object, FrameworkPropertyMetadataOptions)

指定した既定値とフレームワーク レベルのメタデータ オプションを使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 FrameworkPropertyMetadata(System::Object ^ defaultValue, System::Windows::FrameworkPropertyMetadataOptions flags);
public FrameworkPropertyMetadata (object defaultValue, System.Windows.FrameworkPropertyMetadataOptions flags);
new System.Windows.FrameworkPropertyMetadata : obj * System.Windows.FrameworkPropertyMetadataOptions -> System.Windows.FrameworkPropertyMetadata
Public Sub New (defaultValue As Object, flags As FrameworkPropertyMetadataOptions)

パラメーター

defaultValue
Object

依存関係プロパティの既定値。通常、特定の型の値として指定されます。

flags
FrameworkPropertyMetadataOptions

メタデータ オプション フラグ (FrameworkPropertyMetadataOptions 値の組み合わせ)。 これらのオプションは、システムと対話する依存関係プロパティの特性 (レイアウトやデータ バインディングなど) を指定します。

例外

defaultValueUnsetValue に設定されます。

次の例では、このコンストラクターシグネチャを呼び出します。

static FrameworkPropertyMetadata fpm;
fpm = new FrameworkPropertyMetadata(
    Double.NaN,
    (FrameworkPropertyMetadataOptions.AffectsRender |
      FrameworkPropertyMetadataOptions.BindsTwoWayByDefault)
);

注釈

に指定された値の型は、 defaultValue このメタデータが適用される依存関係プロパティの元の登録で指定されている型と一致しているか、その型に関連付けられている必要があります。 メタデータの既定値の型と、それが適用されている依存関係プロパティの型が一致しない場合、コンパイル中に不一致が検出されないため、デバッグが困難になる可能性があります。 プロパティシステムは、プロパティの有効な値を実行時まで評価しません。そのため、既定値の型またはプロパティの型の不一致の結果は実行時エラーになります。

この値は、 UnsetValue プロパティシステムで特別な意味を持ち、依存関係プロパティの既定値として使用することはできません。

パラメーターで set フラグとしてマーク flags された値は、 FrameworkPropertyMetadata そのフラグの名前に一致するプロパティのブール値 FrameworkPropertyMetadataOptions をに設定し true ます。 メタデータが特定のプロパティシステム操作にまだ適用されていない限り、メタデータのプロパティの値を変更できます。

こちらもご覧ください

適用対象

FrameworkPropertyMetadata(Object, PropertyChangedCallback)

指定した既定値と FrameworkPropertyMetadata コールバックを使用して、PropertyChangedCallback クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 FrameworkPropertyMetadata(System::Object ^ defaultValue, System::Windows::PropertyChangedCallback ^ propertyChangedCallback);
public FrameworkPropertyMetadata (object defaultValue, System.Windows.PropertyChangedCallback propertyChangedCallback);
new System.Windows.FrameworkPropertyMetadata : obj * System.Windows.PropertyChangedCallback -> System.Windows.FrameworkPropertyMetadata
Public Sub New (defaultValue As Object, propertyChangedCallback As PropertyChangedCallback)

パラメーター

defaultValue
Object

依存関係プロパティの既定値。通常、特定の型の値として指定されます。

propertyChangedCallback
PropertyChangedCallback

プロパティの有効値が変更されるときにプロパティ システムによって必ず呼び出されるハンドラー実装への参照。

例外

defaultValueUnsetValue に設定されます。

次の例では、このコンストラクターシグネチャを呼び出します。

static FrameworkPropertyMetadata fpm;
fpm = new FrameworkPropertyMetadata(
    Double.NaN,
    new PropertyChangedCallback(OnCurrentReadingChanged)
);

注釈

に指定された値の型は、 defaultValue このメタデータが適用される依存関係プロパティの元の登録で指定されている型と一致しているか、その型に関連付けられている必要があります。 メタデータの既定値の型と、それが適用されている依存関係プロパティの型が一致しない場合、コンパイル中に不一致が検出されないため、デバッグが困難になる可能性があります。 プロパティシステムは、プロパティの有効な値を実行時まで評価しません。そのため、既定値の型またはプロパティの型の不一致の結果は実行時エラーになります。

この値は、 UnsetValue プロパティシステムで特別な意味を持ち、依存関係プロパティの既定値として使用することはできません。

こちらもご覧ください

適用対象

FrameworkPropertyMetadata(PropertyChangedCallback, CoerceValueCallback)

指定したコールバックを使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 FrameworkPropertyMetadata(System::Windows::PropertyChangedCallback ^ propertyChangedCallback, System::Windows::CoerceValueCallback ^ coerceValueCallback);
public FrameworkPropertyMetadata (System.Windows.PropertyChangedCallback propertyChangedCallback, System.Windows.CoerceValueCallback coerceValueCallback);
new System.Windows.FrameworkPropertyMetadata : System.Windows.PropertyChangedCallback * System.Windows.CoerceValueCallback -> System.Windows.FrameworkPropertyMetadata
Public Sub New (propertyChangedCallback As PropertyChangedCallback, coerceValueCallback As CoerceValueCallback)

パラメーター

propertyChangedCallback
PropertyChangedCallback

プロパティの有効値が変更されるときにプロパティ システムによって必ず呼び出されるハンドラー実装への参照。

coerceValueCallback
CoerceValueCallback

プロパティ システムがこの依存関係プロパティに対して CoerceValue(DependencyProperty) を呼び出すときに必ず呼び出されるハンドラー実装への参照。

次の例では、このコンストラクターシグネチャを呼び出します。

static FrameworkPropertyMetadata fpm;
fpm = new FrameworkPropertyMetadata(
    new PropertyChangedCallback(OnCurrentReadingChanged),
    new CoerceValueCallback(CoerceCurrentReading)
);

注釈

この実装では、基本初期化子を呼び出し、 coerceValueCallback 基本インスタンスのプロパティを設定することによってを追加します。

こちらもご覧ください

適用対象

FrameworkPropertyMetadata(Object, FrameworkPropertyMetadataOptions, PropertyChangedCallback)

指定した既定値、フレームワークのメタデータ オプション、および FrameworkPropertyMetadata コールバックを使用して、PropertyChangedCallback クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 FrameworkPropertyMetadata(System::Object ^ defaultValue, System::Windows::FrameworkPropertyMetadataOptions flags, System::Windows::PropertyChangedCallback ^ propertyChangedCallback);
public FrameworkPropertyMetadata (object defaultValue, System.Windows.FrameworkPropertyMetadataOptions flags, System.Windows.PropertyChangedCallback propertyChangedCallback);
new System.Windows.FrameworkPropertyMetadata : obj * System.Windows.FrameworkPropertyMetadataOptions * System.Windows.PropertyChangedCallback -> System.Windows.FrameworkPropertyMetadata
Public Sub New (defaultValue As Object, flags As FrameworkPropertyMetadataOptions, propertyChangedCallback As PropertyChangedCallback)

パラメーター

defaultValue
Object

依存関係プロパティの既定値。通常、特定の型の値として指定されます。

flags
FrameworkPropertyMetadataOptions

メタデータ オプション フラグ (FrameworkPropertyMetadataOptions 値の組み合わせ)。 これらのオプションは、システムと対話する依存関係プロパティの特性 (レイアウトやデータ バインディングなど) を指定します。

propertyChangedCallback
PropertyChangedCallback

プロパティの有効値が変更されるときにプロパティ システムによって必ず呼び出されるハンドラー実装への参照。

例外

defaultValueUnsetValue に設定されます。

次の例では、このコンストラクターシグネチャを呼び出します。

static FrameworkPropertyMetadata fpm;
fpm = new FrameworkPropertyMetadata(
    Double.NaN,
    (FrameworkPropertyMetadataOptions.AffectsRender |
      FrameworkPropertyMetadataOptions.BindsTwoWayByDefault),
    new PropertyChangedCallback(OnCurrentReadingChanged)
);

注釈

に指定された値の型は、 defaultValue このメタデータが適用される依存関係プロパティの元の登録で指定されている型と一致しているか、その型に関連付けられている必要があります。 メタデータの既定値の型と、それが適用されている依存関係プロパティの型が一致しない場合、コンパイル中に不一致が検出されないため、デバッグが困難になる可能性があります。 プロパティシステムは、プロパティの有効な値を実行時まで評価しません。そのため、既定値の型またはプロパティの型の不一致の結果は実行時エラーになります。

この値は、 UnsetValue プロパティシステムで特別な意味を持ち、依存関係プロパティの既定値として使用することはできません。

パラメーターで set フラグとしてマーク flags された値は、 FrameworkPropertyMetadata そのフラグの名前に一致するプロパティのブール値 FrameworkPropertyMetadataOptions をに設定し true ます。 メタデータが特定のプロパティシステム操作にまだ適用されていない限り、メタデータのプロパティの値を変更できます。

こちらもご覧ください

適用対象

FrameworkPropertyMetadata(Object, PropertyChangedCallback, CoerceValueCallback)

指定した既定値とコールバックを使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 FrameworkPropertyMetadata(System::Object ^ defaultValue, System::Windows::PropertyChangedCallback ^ propertyChangedCallback, System::Windows::CoerceValueCallback ^ coerceValueCallback);
public FrameworkPropertyMetadata (object defaultValue, System.Windows.PropertyChangedCallback propertyChangedCallback, System.Windows.CoerceValueCallback coerceValueCallback);
new System.Windows.FrameworkPropertyMetadata : obj * System.Windows.PropertyChangedCallback * System.Windows.CoerceValueCallback -> System.Windows.FrameworkPropertyMetadata
Public Sub New (defaultValue As Object, propertyChangedCallback As PropertyChangedCallback, coerceValueCallback As CoerceValueCallback)

パラメーター

defaultValue
Object

依存関係プロパティの既定値。通常、特定の型として指定されます。

propertyChangedCallback
PropertyChangedCallback

プロパティの有効値が変更されるときにプロパティ システムによって必ず呼び出されるハンドラー実装への参照。

coerceValueCallback
CoerceValueCallback

プロパティ システムがこの依存関係プロパティに対して CoerceValue(DependencyProperty) を呼び出すときに必ず呼び出されるハンドラー実装への参照。

例外

defaultValueUnsetValue に設定されます。

次の例では、このコンストラクターシグネチャを呼び出します。

static FrameworkPropertyMetadata fpm;
fpm = new FrameworkPropertyMetadata(
    Double.NaN,
    new PropertyChangedCallback(OnCurrentReadingChanged),
    new CoerceValueCallback(CoerceCurrentReading)
);

注釈

に指定された値の型は、 defaultValue このメタデータが適用される依存関係プロパティの元の登録で指定されている型と一致しているか、その型に関連付けられている必要があります。 メタデータの既定値の型と、それが適用されている依存関係プロパティの型が一致しない場合、コンパイル中に不一致が検出されないため、デバッグが困難になる可能性があります。 プロパティシステムは、プロパティの有効な値を実行時まで評価しません。そのため、既定値の型またはプロパティの型の不一致の結果は実行時エラーになります。

この値は、 UnsetValue プロパティシステムで特別な意味を持ち、依存関係プロパティの既定値として使用することはできません。

こちらもご覧ください

適用対象

FrameworkPropertyMetadata(Object, FrameworkPropertyMetadataOptions, PropertyChangedCallback, CoerceValueCallback)

指定した既定値、フレームワークのメタデータ オプション、およびコールバックを使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 FrameworkPropertyMetadata(System::Object ^ defaultValue, System::Windows::FrameworkPropertyMetadataOptions flags, System::Windows::PropertyChangedCallback ^ propertyChangedCallback, System::Windows::CoerceValueCallback ^ coerceValueCallback);
public FrameworkPropertyMetadata (object defaultValue, System.Windows.FrameworkPropertyMetadataOptions flags, System.Windows.PropertyChangedCallback propertyChangedCallback, System.Windows.CoerceValueCallback coerceValueCallback);
new System.Windows.FrameworkPropertyMetadata : obj * System.Windows.FrameworkPropertyMetadataOptions * System.Windows.PropertyChangedCallback * System.Windows.CoerceValueCallback -> System.Windows.FrameworkPropertyMetadata
Public Sub New (defaultValue As Object, flags As FrameworkPropertyMetadataOptions, propertyChangedCallback As PropertyChangedCallback, coerceValueCallback As CoerceValueCallback)

パラメーター

defaultValue
Object

依存関係プロパティの既定値。通常、特定の型として指定されます。

flags
FrameworkPropertyMetadataOptions

メタデータ オプション フラグ (FrameworkPropertyMetadataOptions 値の組み合わせ)。 これらのオプションは、システムと対話する依存関係プロパティの特性 (レイアウトやデータ バインディングなど) を指定します。

propertyChangedCallback
PropertyChangedCallback

プロパティの有効値が変更されるときにプロパティ システムによって必ず呼び出されるハンドラー実装への参照。

coerceValueCallback
CoerceValueCallback

プロパティ システムがこのプロパティに対して CoerceValue(DependencyProperty) を呼び出すときに必ず呼び出されるハンドラー実装への参照。

例外

defaultValueUnsetValue に設定されます。

次の例では、このコンストラクターシグネチャを呼び出します。

static FrameworkPropertyMetadata fpm;
fpm = new FrameworkPropertyMetadata(
    Double.NaN,
    (FrameworkPropertyMetadataOptions.AffectsRender |
      FrameworkPropertyMetadataOptions.BindsTwoWayByDefault),
    new PropertyChangedCallback(OnCurrentReadingChanged),
    new CoerceValueCallback(CoerceCurrentReading)
);

注釈

に指定された値の型は、 defaultValue このメタデータが適用される依存関係プロパティの元の登録で指定されている型と一致しているか、その型に関連付けられている必要があります。 メタデータの既定値の型と、それが適用されている依存関係プロパティの型が一致しない場合、コンパイル中に不一致が検出されないため、デバッグが困難になる可能性があります。 プロパティシステムは、プロパティの有効な値を実行時まで評価しません。そのため、既定値の型またはプロパティの型の不一致の結果は実行時エラーになります。

この値は、 UnsetValue プロパティシステムで特別な意味を持ち、依存関係プロパティの既定値として使用することはできません。

パラメーターで set フラグとしてマーク flags された値は、 FrameworkPropertyMetadata そのフラグの名前に一致するプロパティのブール値 FrameworkPropertyMetadataOptions をに設定し true ます。 メタデータが特定のプロパティシステム操作にまだ適用されていない限り、メタデータのプロパティの値を変更できます。

こちらもご覧ください

適用対象

FrameworkPropertyMetadata(Object, FrameworkPropertyMetadataOptions, PropertyChangedCallback, CoerceValueCallback, Boolean)

指定した既定値、フレームワークのメタデータ オプション、指定したコールバック、およびプロパティでのアニメーションを無効にするブール値を使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 FrameworkPropertyMetadata(System::Object ^ defaultValue, System::Windows::FrameworkPropertyMetadataOptions flags, System::Windows::PropertyChangedCallback ^ propertyChangedCallback, System::Windows::CoerceValueCallback ^ coerceValueCallback, bool isAnimationProhibited);
public FrameworkPropertyMetadata (object defaultValue, System.Windows.FrameworkPropertyMetadataOptions flags, System.Windows.PropertyChangedCallback propertyChangedCallback, System.Windows.CoerceValueCallback coerceValueCallback, bool isAnimationProhibited);
new System.Windows.FrameworkPropertyMetadata : obj * System.Windows.FrameworkPropertyMetadataOptions * System.Windows.PropertyChangedCallback * System.Windows.CoerceValueCallback * bool -> System.Windows.FrameworkPropertyMetadata
Public Sub New (defaultValue As Object, flags As FrameworkPropertyMetadataOptions, propertyChangedCallback As PropertyChangedCallback, coerceValueCallback As CoerceValueCallback, isAnimationProhibited As Boolean)

パラメーター

defaultValue
Object

依存関係プロパティの既定値。通常、特定の型として指定されます。

flags
FrameworkPropertyMetadataOptions

メタデータ オプション フラグ (FrameworkPropertyMetadataOptions 値の組み合わせ)。 これらのオプションは、システムと対話する依存関係プロパティの特性 (レイアウトやデータ バインディングなど) を指定します。

propertyChangedCallback
PropertyChangedCallback

プロパティの有効値が変更されるときにプロパティ システムによって必ず呼び出されるハンドラー実装への参照。

coerceValueCallback
CoerceValueCallback

プロパティ システムがこの依存関係プロパティに対して CoerceValue(DependencyProperty) を呼び出すときに必ず呼び出されるハンドラー実装への参照。

isAnimationProhibited
Boolean

該当するメタデータが適用されるプロパティがプロパティ システムによってアニメーション化されないようにする場合は true。 このようなプロパティのアニメーション化を試みると、プロパティ システムでランタイム例外が発生します。 プロパティのアニメーション化を許可する場合は false。 既定値は、false です。

例外

defaultValueUnsetValue に設定されます。

次の例では、このコンストラクターシグネチャを呼び出します。

static FrameworkPropertyMetadata fpm;
fpm = new FrameworkPropertyMetadata(
    Double.NaN,
    (FrameworkPropertyMetadataOptions.AffectsRender |
      FrameworkPropertyMetadataOptions.BindsTwoWayByDefault),
    new PropertyChangedCallback(OnCurrentReadingChanged),
    new CoerceValueCallback(CoerceCurrentReading),
    true //Animation prohibited
);

注釈

に指定された値の型は、 defaultValue このメタデータが適用される依存関係プロパティの元の登録で指定されている型と一致しているか、その型に関連付けられている必要があります。 メタデータの既定値の型と、それが適用されている依存関係プロパティの型が一致しない場合、コンパイル中に不一致が検出されないため、デバッグが困難になる可能性があります。 プロパティシステムは、プロパティの有効な値を実行時まで評価しません。そのため、既定値の型またはプロパティの型の不一致の結果は実行時エラーになります。

この値は、 UnsetValue プロパティシステムで特別な意味を持ち、依存関係プロパティの既定値として使用することはできません。

パラメーターは、 isAnimationProhibited IsAnimationProhibited 直接の基底クラスによって宣言されたプロパティの初期値を設定し UIPropertyMetadata ます。

パラメーターで set フラグとしてマーク flags された値は、 FrameworkPropertyMetadata そのフラグの名前に一致するプロパティのブール値 FrameworkPropertyMetadataOptions をに設定し true ます。 メタデータが特定のプロパティシステム操作にまだ適用されていない限り、メタデータのプロパティの値を変更できます。

こちらもご覧ください

適用対象

FrameworkPropertyMetadata(Object, FrameworkPropertyMetadataOptions, PropertyChangedCallback, CoerceValueCallback, Boolean, UpdateSourceTrigger)

指定した既定値、フレームワークのメタデータ オプション、指定したコールバック、プロパティでのアニメーションを無効にするブール値、および既定のデータ バインディング更新トリガーを使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 FrameworkPropertyMetadata(System::Object ^ defaultValue, System::Windows::FrameworkPropertyMetadataOptions flags, System::Windows::PropertyChangedCallback ^ propertyChangedCallback, System::Windows::CoerceValueCallback ^ coerceValueCallback, bool isAnimationProhibited, System::Windows::Data::UpdateSourceTrigger defaultUpdateSourceTrigger);
public FrameworkPropertyMetadata (object defaultValue, System.Windows.FrameworkPropertyMetadataOptions flags, System.Windows.PropertyChangedCallback propertyChangedCallback, System.Windows.CoerceValueCallback coerceValueCallback, bool isAnimationProhibited, System.Windows.Data.UpdateSourceTrigger defaultUpdateSourceTrigger);
new System.Windows.FrameworkPropertyMetadata : obj * System.Windows.FrameworkPropertyMetadataOptions * System.Windows.PropertyChangedCallback * System.Windows.CoerceValueCallback * bool * System.Windows.Data.UpdateSourceTrigger -> System.Windows.FrameworkPropertyMetadata
Public Sub New (defaultValue As Object, flags As FrameworkPropertyMetadataOptions, propertyChangedCallback As PropertyChangedCallback, coerceValueCallback As CoerceValueCallback, isAnimationProhibited As Boolean, defaultUpdateSourceTrigger As UpdateSourceTrigger)

パラメーター

defaultValue
Object

依存関係プロパティの既定値。通常、特定の型として指定されます。

flags
FrameworkPropertyMetadataOptions

メタデータ オプション フラグ (FrameworkPropertyMetadataOptions 値の組み合わせ)。 これらのオプションは、システムと対話する依存関係プロパティの特性 (レイアウトやデータ バインディングなど) を指定します。

propertyChangedCallback
PropertyChangedCallback

プロパティの有効値が変更されるときにプロパティ システムによって必ず呼び出されるハンドラー実装への参照。

coerceValueCallback
CoerceValueCallback

プロパティ システムがこのプロパティに対して CoerceValue(DependencyProperty) を呼び出すときに必ず呼び出されるハンドラー実装への参照。

isAnimationProhibited
Boolean

該当するメタデータが適用されるプロパティがプロパティ システムによってアニメーション化されないようにする場合は true。 このようなプロパティのアニメーション化を試みると、プロパティ システムでランタイム例外が発生します。 既定値は、false です。

defaultUpdateSourceTrigger
UpdateSourceTrigger

UpdateSourceTriggerUpdateSourceTrigger に設定されているバインディングをこのプロパティに対して適用するときに使用する Default

例外

defaultValueUnsetValue に設定されます。

static FrameworkPropertyMetadata fpm;
fpm = new FrameworkPropertyMetadata(
    Double.NaN,
    (FrameworkPropertyMetadataOptions.AffectsRender |
      FrameworkPropertyMetadataOptions.BindsTwoWayByDefault),
    new PropertyChangedCallback(OnCurrentReadingChanged),
    new CoerceValueCallback(CoerceCurrentReading),
    true //Animation prohibited
    , UpdateSourceTrigger.PropertyChanged
);

注釈

に指定された値の型は、 defaultValue このメタデータが適用される依存関係プロパティの元の登録で指定されている型と一致しているか、その型に関連付けられている必要があります。 メタデータの既定値の型と、それが適用されている依存関係プロパティの型が一致しない場合、コンパイル中に不一致が検出されないため、デバッグが困難になる可能性があります。 プロパティシステムは、プロパティの有効な値を実行時まで評価しません。そのため、既定値の型またはプロパティの型の不一致の結果は実行時エラーになります。

この値は、 UnsetValue プロパティシステムで特別な意味を持ち、依存関係プロパティの既定値として使用することはできません。

パラメーターは、 isAnimationProhibited IsAnimationProhibited 直接の基底クラスによって宣言されたプロパティの初期値を設定し UIPropertyMetadata ます。

バインディングの更新ソースの動作の詳細については、「 データバインディングの概要」を参照してください。

パラメーターで set フラグとしてマーク flags された値は、 FrameworkPropertyMetadata そのフラグの名前に一致するプロパティのブール値 FrameworkPropertyMetadataOptions をに設定し true ます。 メタデータが特定のプロパティシステム操作にまだ適用されていない限り、メタデータのプロパティの値を変更できます。

こちらもご覧ください

適用対象