FrameworkPropertyMetadata.AffectsParentArrange FrameworkPropertyMetadata.AffectsParentArrange FrameworkPropertyMetadata.AffectsParentArrange FrameworkPropertyMetadata.AffectsParentArrange Property

定義

レイアウト エンジンの操作中に、依存関係プロパティがその親要素のレイアウトの配置パスに潜在的に影響するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether a dependency property potentially affects the arrange pass of its parent element's layout during layout engine operations.

public:
 property bool AffectsParentArrange { bool get(); void set(bool value); };
public bool AffectsParentArrange { get; set; }
member this.AffectsParentArrange : bool with get, set
Public Property AffectsParentArrange As Boolean

プロパティ値

このメタデータが存在する可能性のある依存関係プロパティが特にその親要素の配置パスに影響する可能性がある場合は true。それ以外の場合は falsetrue if the dependency property on which this metadata exists potentially affects the arrange pass specifically on its parent element; otherwise, false. 既定値は、false です。The default is false.

例外

メタデータがシールされるよう、かつメタデータのプロパティを設定できないように、メタデータは依存関係プロパティの操作に既に適用されています。The metadata has already been applied to a dependency property operation, so that metadata is sealed and properties of the metadata cannot be set.

注釈

FrameworkElement FrameworkContentElementの実装が含まれてOnPropertyChanged要素に存在するすべての依存関係プロパティに対する有効な値の変更を監視します。FrameworkElement and FrameworkContentElement include an implementation of OnPropertyChanged that monitors effective value changes to all dependency properties that exist on an element. ロジックの一部として、依存関係プロパティを変更する有効な値し、を使用してメタデータがあるAffectsParentArrange設定trueが親要素のビジュアルを無効にするための遅延要求を開始します。As part of that logic, dependency properties that change effective value and have metadata with AffectsParentArrange set to true will initiate a deferred request to invalidate the visuals for the parent element.

変更を報告する必要がない一般に、FrameworkElementプロパティを使用して親要素をAffectsParentArrange要素自体は既に存在して、独自ためAffectsArrangeとしてtrueします。Generally, you do not need to report changes of a FrameworkElement property to a parent element using AffectsParentArrange because the element itself would already have its own AffectsArrange as true. 該当する場合に、親が整列子要素の変化を一般に開始するので、通常で十分です。That is usually sufficient, because changes in the child element generally initiate a parent arrange when appropriate. AffectsParentArrange ため、FrameworkContentElementクラスを派生します。AffectsParentArrange is sometimes used for a FrameworkContentElement derived class. この場合、子要素のセットが、プロパティ、FrameworkContentElement派生クラスでは、自身のレンダリングを制御しません。In this case, the child element sets a property, but a FrameworkContentElement derived class does not control its own rendering. によって、レンダリングが処理される、FrameworkElementコンテンツのホストとして機能する親要素。The rendering is handled by a FrameworkElement parent element that serves as the content host. 値の変更など、FixedPage.Left子要素で添付プロパティを無効化、親の子の位置を変更する必要がありますので、親の配置。For instance, a change to the value of the FixedPage.Left attached property by a child element invalidates arrange of the parent, because the position of the child in the parent must be changed. そのため、FixedPage.Left添付プロパティがメタデータでAffectsParentArrangetrueします。Therefore, the FixedPage.Left attached property has metadata where AffectsParentArrange is true. 別の例はPaddingとき、このプロパティの変更では、親の可能性があります変更に使用可能な領域に応じて、子の位置します。Another example is Padding; when this property changes, the parent might change the positioning of the child, depending on available space.

この実装は WPF フレームワーク レベルが既に設定されている、ため、通常必要はありませんで依存関係プロパティを検索するAffectsParentArrange大幅に交換または WPF フレームワーク レベルのレイアウト動作を変更する場合を除き、します。Because this WPF framework-level implementation is already in place, you typically do not need to look for dependency properties with AffectsParentArrange unless you are substantially replacing or modifying the WPF framework-level layout behavior.

カスタムOnPropertyChanged実装の依存関係プロパティの変更と同様の動作を選択、AffectsParentArrangetrueします。Custom OnPropertyChanged implementations might choose to have similar behavior for dependency property changes where AffectsParentArrange is true.

プロパティをいずれかのクラスの派生PropertyMetadata通常は読み取り/書き込みとしてオブジェクト モデルで定義します。Properties on any derived classes of PropertyMetadata are typically defined in the object model as read-write. これは、インスタンスの初期化後に調整できるようにします。This is so they can be adjusted after initialization of the instance. ただし後の呼び出しの一部として、メタデータが消費されるRegisterAddOwner、またはOverrideMetadata、プロパティ システムはそのメタデータ インスタンスを封印およびメタデータの詳細を伝えるためのプロパティを変更できないと見なされますようになりました。However, after the metadata is consumed as part of a call to Register, AddOwner, or OverrideMetadata, the property system will seal that metadata instance and properties that convey the specifics of the metadata are now considered immutable. 後は、このプロパティを設定しようとしています。IsSealedtrueでこのメタデータ インスタンスで例外が発生します。Attempting to set this property after IsSealed is true on this metadata instance will raise an exception.

XAML テキストの使用状況XAML Text Usage

このクラスのメンバーは、通常では使用しないXAMLXAMLします。Members of this class are not typically used in XAMLXAML.

適用対象

こちらもご覧ください