FrameworkPropertyMetadata.SubPropertiesDoNotAffectRender FrameworkPropertyMetadata.SubPropertiesDoNotAffectRender FrameworkPropertyMetadata.SubPropertiesDoNotAffectRender FrameworkPropertyMetadata.SubPropertiesDoNotAffectRender Property

定義

依存関係プロパティのサブプロパティが格納オブジェクトのレンダリングに影響しないかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether sub-properties of the dependency property do not affect the rendering of the containing object.

public:
 property bool SubPropertiesDoNotAffectRender { bool get(); void set(bool value); };
public bool SubPropertiesDoNotAffectRender { get; set; }
member this.SubPropertiesDoNotAffectRender : bool with get, set
Public Property SubPropertiesDoNotAffectRender As Boolean

プロパティ値

サブプロパティ値の変更がレンダリングに影響しない場合はtrue 。それ以外の場合は falsetrue if changes to sub-property values do not affect rendering if changed; otherwise, false. 既定値は、false です。The default is false.

例外

メタデータがシールされるよう、かつメタデータのプロパティを設定できないように、メタデータは依存関係プロパティの操作に既に適用されています。The metadata has already been applied to a dependency property operation, so that metadata is sealed and properties of the metadata cannot be set.

注釈

このメタデータオプションは、参照型である依存関係プロパティに関連します。この型には、独自のプロパティ値が含まれています。This metadata option is pertinent for dependency properties that are reference types, where that type has property values of its own. 通常、レイアウトシステムのロジックでは、サブプロパティを持つすべての依存関係プロパティがレイアウトに影響を与える可能性があると想定します。これは、変更のすべてのサブプロパティを確認すると、実際に別のレンダリングパスを実行するよりも時間がかかるためです。Typically, the layout system logic is to assume that any dependency property with sub-properties potentially will affect layout, because checking all sub-properties for changes is more time consuming than actually running another render pass. このオプションをにtrue設定すると、WPF フレームワークレベルのレイアウトシステム実装のパフォーマンスを最適化するのに役立ちます。Setting this option to true is useful for optimizing performance of the WPF framework level layout system implementation.

PropertyMetadata派生クラスのプロパティは、通常、読み取り/書き込み可能としてオブジェクトモデルで定義されます。Properties on derived classes of PropertyMetadata are typically defined in the object model as read-write. これは、インスタンスの初期化後に調整できるようにするためです。This is so they can be adjusted after initialization of the instance. ただし、メタデータがRegisterAddOwner、またはOverrideMetadataの呼び出しの一部として使用されると、メタデータの詳細を示すメタデータインスタンスとプロパティが不変と見なされるようになります。However, once the metadata is consumed as part of a call to Register, AddOwner, or OverrideMetadata, the property system will seal that metadata instance and properties that convey the specifics of the metadata are now considered immutable. このメタデータインスタンスのがIsSealed trueの後にこのプロパティを設定しようとすると、例外が発生します。Attempting to set this property after IsSealed is true on this metadata instance will raise an exception.

XAML テキストの使用XAML Text Usage

このクラスのメンバーは、通常、でXAMLXAMLは使用されません。Members of this class are not typically used in XAMLXAML.

適用対象

こちらもご覧ください