FrameworkPropertyMetadata クラス

定義

依存関係プロパティのメタデータを報告または適用します。特に、フレームワークに固有のプロパティのシステム特性を追加します。

public ref class FrameworkPropertyMetadata : System::Windows::UIPropertyMetadata
public class FrameworkPropertyMetadata : System.Windows.UIPropertyMetadata
type FrameworkPropertyMetadata = class
    inherit UIPropertyMetadata
Public Class FrameworkPropertyMetadata
Inherits UIPropertyMetadata
継承
FrameworkPropertyMetadata

次の例では、初期の基本型として、特定の所有者の依存関係プロパティのメタデータを取得し PropertyMetadata ます。 そのメタデータはにキャストされ FrameworkPropertyMetadata ます。 キャストによって有効なが返された場合 FrameworkPropertyMetadataFrameworkPropertyMetadata 単純な UI を通じてさまざまなプロパティ値が報告されます (図には示されていません)。

pm = dp.GetMetadata(dp.OwnerType);
pm = dp.GetMetadata(dp.OwnerType)
FrameworkPropertyMetadata fpm = pm as FrameworkPropertyMetadata;
if (fpm!=null) {
    AffectsArrange.Text = (fpm.AffectsArrange) ? "Yes" : "No";
    AffectsMeasure.Text = (fpm.AffectsMeasure) ? "Yes" : "No";
    AffectsRender.Text = (fpm.AffectsRender) ? "Yes" : "No";
    Inherits.Text = (fpm.Inherits) ? "Yes" : "No";
    IsDataBindingAllowed.Text = (fpm.IsDataBindingAllowed) ? "Yes" : "No";
    BindsTwoWayByDefault.Text = (fpm.BindsTwoWayByDefault) ? "Yes" : "No";
}
Dim fpm As FrameworkPropertyMetadata = TryCast(pm, FrameworkPropertyMetadata)
If fpm IsNot Nothing Then
    AffectsArrange.Text = If((fpm.AffectsArrange), "Yes", "No")
    AffectsMeasure.Text = If((fpm.AffectsMeasure), "Yes", "No")
    AffectsRender.Text = If((fpm.AffectsRender), "Yes", "No")
        [Inherits].Text = If((fpm.Inherits), "Yes", "No")
    IsDataBindingAllowed.Text = If((fpm.IsDataBindingAllowed), "Yes", "No")
    BindsTwoWayByDefault.Text = If((fpm.BindsTwoWayByDefault), "Yes", "No")

注釈

このクラスは PropertyMetadata 、から派生 UIPropertyMetadata します。 ほとんどの WPF フレームワークレベルのアプリケーション開発で FrameworkPropertyMetadata は、は、基本メタデータ型またはではなく、依存関係プロパティメタデータに使用される型です PropertyMetadata UIPropertyMetadata 。 これは、既存の依存関係プロパティと、ほとんどのカスタム依存関係プロパティのシナリオで当てはまります。

基底クラスを補完するこのクラスによって宣言されたメンバーには、 PropertyMetadata プロパティの継承、データバインディング、レイアウトなど、WPF フレームワークレベルのプロパティシステムの動作を指定または報告する、さまざまなブール型プロパティが含まれます。

インスタンスを作成するためのいくつかのコンストラクターシグネチャ FrameworkPropertyMetadata は、パラメーターを受け取り FrameworkPropertyMetadataOptions ます。 FrameworkPropertyMetadataOptions列挙体は、コンストラクターで初期動作を指定するためにのみ使用され、が構築された後に公開されることはありません FrameworkPropertyMetadata 。 構築されたインスタンスから、コンストラクターの呼び出しで使用される列挙値の名前を共有するさまざまなプロパティを使用して、対応する情報を取得または設定できます。

XAML テキストの使用

このクラスは、通常、XAML では使用されません。

コンストラクター

FrameworkPropertyMetadata()

FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(Object)

指定した既定値を使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(Object, FrameworkPropertyMetadataOptions)

指定した既定値とフレームワーク レベルのメタデータ オプションを使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(Object, FrameworkPropertyMetadataOptions, PropertyChangedCallback)

指定した既定値、フレームワークのメタデータ オプション、および FrameworkPropertyMetadata コールバックを使用して、PropertyChangedCallback クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(Object, FrameworkPropertyMetadataOptions, PropertyChangedCallback, CoerceValueCallback)

指定した既定値、フレームワークのメタデータ オプション、およびコールバックを使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(Object, FrameworkPropertyMetadataOptions, PropertyChangedCallback, CoerceValueCallback, Boolean)

指定した既定値、フレームワークのメタデータ オプション、指定したコールバック、およびプロパティでのアニメーションを無効にするブール値を使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(Object, FrameworkPropertyMetadataOptions, PropertyChangedCallback, CoerceValueCallback, Boolean, UpdateSourceTrigger)

指定した既定値、フレームワークのメタデータ オプション、指定したコールバック、プロパティでのアニメーションを無効にするブール値、および既定のデータ バインディング更新トリガーを使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(Object, PropertyChangedCallback)

指定した既定値と FrameworkPropertyMetadata コールバックを使用して、PropertyChangedCallback クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(Object, PropertyChangedCallback, CoerceValueCallback)

指定した既定値とコールバックを使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(PropertyChangedCallback)

指定した FrameworkPropertyMetadata コールバックを使用して、PropertyChangedCallback クラスの新しいインスタンスを初期化します。

FrameworkPropertyMetadata(PropertyChangedCallback, CoerceValueCallback)

指定したコールバックを使用して、FrameworkPropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

AffectsArrange

レイアウト エンジンの操作中に、依存関係プロパティが配置パスに潜在的に影響するかどうかを示す値を取得または設定します。

AffectsMeasure

レイアウト エンジンの操作中に、依存関係プロパティが測定パスに影響する可能性があるかどうかを示す値を取得または設定します。

AffectsParentArrange

レイアウト エンジンの操作中に、依存関係プロパティがその親要素のレイアウトの配置パスに潜在的に影響するかどうかを示す値を取得または設定します。

AffectsParentMeasure

レイアウト エンジンの操作中に、依存関係プロパティがその親要素のレイアウトの測定パスに潜在的に影響するかどうかを示す値を取得または設定します。

AffectsRender

依存関係プロパティが一般的なレイアウトに何らかの形で影響する (配置や測定に特に影響を与えないが再描画が必要になる) 可能性があるかどうかを示す値を取得または設定します。

BindsTwoWayByDefault

プロパティが既定で双方向をバインドするかどうかを示す値を取得または設定します。

CoerceValueCallback

このメタデータに指定されている CoerceValueCallback 実装への参照を取得または設定します。

(継承元 PropertyMetadata)
DefaultUpdateSourceTrigger

このメタデータを含むプロパティに対して、UpdateSourceTriggerUpdateSourceTrigger に設定されているバインディングを適用するときに使用する Default の既定値を取得または設定します。

DefaultValue

依存関係プロパティの既定値を取得または設定します。

(継承元 PropertyMetadata)
Inherits

依存関係プロパティの値が継承可能かどうかを示す値を取得または設定します。

IsAnimationProhibited

メタデータ インスタンスが適用される依存関係プロパティでアニメーションを無効にするかどうかを宣言する値を取得または設定します。

(継承元 UIPropertyMetadata)
IsDataBindingAllowed

依存関係プロパティのデータ バインディングがサポートされているかどうかを示す値を取得します。

IsNotDataBindable

依存関係プロパティがデータ バインディングをサポートしているかどうかを示す値を取得または設定します。

IsSealed

メタデータが何らかの方法でプロパティに適用されていて、該当のメタデータ インスタンスが不変の状態にあるかどうかを判断する値を取得します。

(継承元 PropertyMetadata)
Journal

ジャーナル実装の一部としてアプリケーションが格納できる、または格納する必要のあるジャーナル情報がこのプロパティに格納されているかどうか示す値を取得または設定します。

OverridesInheritanceBehavior

要素の論理ツリー内の特定のコンテンツ境界にまたがってプロパティ値の継承を評価するかどうかを示す値を取得または設定します。

PropertyChangedCallback

このメタデータに指定されている PropertyChangedCallback 実装への参照を取得または設定します。

(継承元 PropertyMetadata)
SubPropertiesDoNotAffectRender

依存関係プロパティのサブプロパティが格納オブジェクトのレンダリングに影響しないかどうかを示す値を取得または設定します。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
Merge(PropertyMetadata, DependencyProperty)

ソース メタデータと基本メタデータのマージを有効にします。

OnApply(DependencyProperty, Type)

このメタデータがプロパティに適用されたときに呼び出され、メタデータがシールされることを示します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください