CanExecuteRoutedEventArgs クラス

定義

CanExecute および PreviewCanExecute ルーティング イベントのデータを提供します。Provides data for the CanExecute and PreviewCanExecute routed events.

public ref class CanExecuteRoutedEventArgs sealed : System::Windows::RoutedEventArgs
public sealed class CanExecuteRoutedEventArgs : System.Windows.RoutedEventArgs
type CanExecuteRoutedEventArgs = class
    inherit RoutedEventArgs
Public NotInheritable Class CanExecuteRoutedEventArgs
Inherits RoutedEventArgs
継承
CanExecuteRoutedEventArgs

次の例ではCanExecuteRoutedEventHandler 、コマンドtrueターゲットがコントロールである場合にのみを返すを作成します。The follow example creates a CanExecuteRoutedEventHandler that returns true only if the command target is a control. まず、 SourceControlにキャストされます。First, Source is cast to a Control. SourceControl場合falseCanExecuteはにtrue設定されます。それ以外の場合はに設定されます。If Source is a Control, CanExecute is set to true; otherwise, it is set to false.

// CanExecuteRoutedEventHandler that only returns true if
// the source is a control.
private void CanExecuteCustomCommand(object sender, 
    CanExecuteRoutedEventArgs e)
{
    Control target = e.Source as Control;
    
    if(target != null)
    {
        e.CanExecute = true;
    }
    else
    {
        e.CanExecute = false;
    }
}
' CanExecuteRoutedEventHandler that only returns true if
' the source is a control.
Private Sub CanExecuteCustomCommand(ByVal sender As Object, ByVal e As CanExecuteRoutedEventArgs)
    Dim target As Control = TryCast(e.Source, Control)

    If target IsNot Nothing Then
        e.CanExecute = True
    Else
        e.CanExecute = False
    End If
End Sub

注釈

通常、このようMenuItemなコマンドソースは、でCanExecute RoutedCommandメソッドを呼び出して、現在のコマンドターゲットでコマンドを実行できるかどうかを判断します。Typically, a command source, such a MenuItem, will call the CanExecute method on a RoutedCommand to determine if the command can or cannot execute on the current command target. CanExecuteイベントハンドラーからfalseに設定されている場合、コマンドソースはそれ自体を無効にします。If CanExecute is set to false from an event handler, the command source will disable itself. たとえば、 MenuItemがコマンドのコマンドソースとして機能していて、現在のコマンドターゲットでコマンドを実行できない場合MenuItem 、はグレーで表示されます。For example, if a MenuItem is acting as the command source for a command and the command cannot execute on the current command target, then the MenuItem will gray itself out.

イベントCanExecuteChangedは、実行するコマンドの機能が変更された場合に、コマンドソースに通知します。The CanExecuteChanged event notifies a command source when the ability of a command to execute may have changed.

プロパティ

CanExecute

このイベントに関連付けられている RoutedCommand をコマンド ターゲットに対して実行できるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether the RoutedCommand associated with this event can be executed on the command target.

Command

このイベントに関連付けられているコマンドを取得します。Gets the command associated with this event.

ContinueRouting

コマンドを呼び出した入力ルーティング イベントのルーティングを要素ツリーで続行するかどうかを決定します。Determines whether the input routed event that invoked the command should continue to route through the element tree.

Handled

ルーティング イベントがルートをたどる際のイベント処理の現在の状態を示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates the present state of the event handling for a routed event as it travels the route.

(継承元 RoutedEventArgs)
OriginalSource

親クラスによって Source が調整される前の、純粋なヒット テストで判断される元の報告ソースを取得します。Gets the original reporting source as determined by pure hit testing, before any possible Source adjustment by a parent class.

(継承元 RoutedEventArgs)
Parameter

コマンド固有のデータを取得します。Gets the command specific data.

RoutedEvent

この RoutedEventArgs インスタンスに関連付けられている RoutedEvent を取得または設定します。Gets or sets the RoutedEvent associated with this RoutedEventArgs instance.

(継承元 RoutedEventArgs)
Source

イベントを発生させたオブジェクトへの参照を取得または設定します。Gets or sets a reference to the object that raised the event.

(継承元 RoutedEventArgs)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InvokeEventHandler(Delegate, Object)

派生クラスでオーバーライドされた場合、型固有の方法でイベント ハンドラーを呼び出す方法を提供します。これにより、基本実装よりも効率が向上する場合があります。When overridden in a derived class, provides a way to invoke event handlers in a type-specific way, which can increase efficiency over the base implementation.

(継承元 RoutedEventArgs)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
OnSetSource(Object)

派生クラスでオーバーライドした場合、インスタンスの Source プロパティの値が変更されるたびに、通知コールバックのエントリ ポイントを提供します。When overridden in a derived class, provides a notification callback entry point whenever the value of the Source property of an instance changes.

(継承元 RoutedEventArgs)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください