ICommand インターフェイス

定義

コマンドを定義します。Defines a command.

public interface class ICommand
public interface ICommand
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Windows.Input.CommandConverter, PresentationFramework, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35, Custom=null")]
public interface ICommand
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Windows.Input.CommandConverter, PresentationFramework, Version=3.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35, Custom=null")]
public interface ICommand
type ICommand = interface
Public Interface ICommand
派生
属性

注釈

RoutedCommandRoutedUICommandWindows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF)ICommand インターフェイスの2つの実装です。RoutedCommand and RoutedUICommand are two implementations of the ICommand interface in Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF).

Windows ランタイムアプリでの ICommandICommand in Windows Runtime apps

ICommand インターフェイスは、Windows ランタイムアプリ用に .NET で記述されたコマンドのコードコントラクトです。The ICommand interface is the code contract for commands that are written in .NET for Windows Runtime apps. これらのコマンドは、Windows ランタイム XAML Button などの UI 要素、特に AppBarButtonでのコマンドの動作を提供します。These commands provide the commanding behavior for UI elements such as a Windows Runtime XAML Button and in particular an AppBarButton. Windows ランタイムアプリ用のコマンドを定義する場合は、基本的に、.NET アプリのコマンドを定義するために使用するのと同じ手法を使用します。If you're defining commands for Windows Runtime apps you use basically the same techniques you'd use for defining commands for a .NET app. ICommand を実装し、Execute メソッドを具体的に実装するクラスを定義して、コマンドを実装します。Implement the command by defining a class that implements ICommand and specifically implement the Execute method.

Windows ランタイム用の XAML は x:Staticをサポートしていないため、Windows ランタイム XAML からコマンドが使用されている場合は、x:Static マークアップ拡張機能を使用しないようにしてください。XAML for Windows Runtime does not support x:Static, so don't attempt to use the x:Static markup extension if the command is used from Windows Runtime XAML. また、Windows ランタイムには定義済みのコマンドライブラリがないため、ここに示した XAML 構文は、インターフェイスを実装していて Windows ランタイム使用するためのコマンドを定義する場合には実際には適用されません。Also, the Windows Runtime does not have any predefined command libraries, so the XAML syntax shown here doesn't really apply for the case where you're implementing the interface and defining the command for Windows Runtime usage.

XAML 属性の使用方法XAML Attribute Usage

<オブジェクトプロパティ= "pre><object property="predefinedCommandName"/>

または-or-

<オブジェクトプロパティ= "preの宣言"/><object property="predefinedCommandName.predefinedCommandName"/>

または-or-

<オブジェクトプロパティ= "{ Customclassname. customclassname}"/><object property="{ customClassName.customCommandName}"/>

XAML 値XAML Values

Pre未定義クラス名predefinedClassName
定義済みのコマンドクラスの1つ。One of the predefined command classes.

事前に宣言した CommandnamepredefinedCommandName
定義済みのコマンドの1つ。One of the predefined commands.

customClassNamecustomClassName
カスタムコマンドを格納しているカスタムクラス。A custom class that contains the custom command. 通常、カスタムクラスには xlmns プレフィックスマッピングが必要です。「 WPF xaml の Xaml 名前空間と名前空間のマッピング」を参照してください。Custom classes generally require an xlmns prefix mapping; see XAML Namespaces and Namespace Mapping for WPF XAML.

customCommandNamecustomCommandName
カスタムコマンド。A custom command.

メソッド

CanExecute(Object)

現在の状態でコマンドが実行可能かどうかを決定するメソッドを定義します。Defines the method that determines whether the command can execute in its current state.

Execute(Object)

コマンドが起動される際に呼び出すメソッドを定義します。Defines the method to be called when the command is invoked.

イベント

CanExecuteChanged

コマンドを実行するかどうかに影響するような変更があった場合に発生します。Occurs when changes occur that affect whether or not the command should execute.

適用対象