InputBinding コンストラクター

定義

InputBinding クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the InputBinding class.

オーバーロード

InputBinding()

InputBinding から派生したクラスの基本の初期化を行います。Provides base initialization for classes derived from InputBinding.

InputBinding(ICommand, InputGesture)

コマンドおよび入力ジェスチャを指定して、InputBinding クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the InputBinding class with the specified command and input gesture.

InputBinding()

InputBinding から派生したクラスの基本の初期化を行います。Provides base initialization for classes derived from InputBinding.

protected:
 InputBinding();
protected InputBinding ();
Protected Sub New ()

注釈

InputBinding は技術的には抽象クラスではありませんが、パラメーターなしのコンストラクターは意図的に保護されたアクセスです。InputBinding is not technically an abstract class, but the parameterless constructor is deliberately protected access. これにより、XAML の "抽象" クラス InputBinding する効果があります。This has the effect of making InputBinding an "abstract" class for XAML. WPFWPF には、InputBinding型のオブジェクトを想定する XAML 使用がある既存のプロパティがありますが、XAML で InputBinding インスタンスを指定することはできません。There are existing properties in WPFWPF that have XAML usages that expect objects of type InputBinding, but you cannot specify an InputBinding instance in XAML. 代わりに、デバイス固有の InputBinding 派生クラスの1つを値として指定できます (たとえば、KeyBinding または MouseBinding)。Instead, you can specify one of the device-specific InputBinding derived classes as values, for instance KeyBinding or MouseBinding.

注意 (継承者)

XAML の使用をサポートするカスタム InputBinding を実装する場合は、このコンストラクターを使用して基本の初期化を行います。If you implement a custom InputBinding that supports a XAML usage, use this constructor for base initialization.

InputBinding(ICommand, InputGesture)

コマンドおよび入力ジェスチャを指定して、InputBinding クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the InputBinding class with the specified command and input gesture.

public:
 InputBinding(System::Windows::Input::ICommand ^ command, System::Windows::Input::InputGesture ^ gesture);
public InputBinding (System.Windows.Input.ICommand command, System.Windows.Input.InputGesture gesture);
[System.Security.SecurityCritical]
public InputBinding (System.Windows.Input.ICommand command, System.Windows.Input.InputGesture gesture);
new System.Windows.Input.InputBinding : System.Windows.Input.ICommand * System.Windows.Input.InputGesture -> System.Windows.Input.InputBinding
Public Sub New (command As ICommand, gesture As InputGesture)

パラメーター

command
ICommand

gesture に関連付けるコマンド。The command to associate with gesture.

gesture
InputGesture

command に関連付ける入力ジェスチャ。The input gesture to associate with command.

属性

例外

command または gesturenull です。command or gesture is null.

次の例は、このコンストラクターを使用して、KeyGestureRoutedCommandに関連付ける方法を示しています。The following example shows how to use this constructor to associate a KeyGesture with a RoutedCommand.

KeyGesture HelpCmdKeyGesture = new KeyGesture(Key.H,
    ModifierKeys.Alt);

InputBinding inputBinding;
inputBinding = new InputBinding(ApplicationCommands.Help,
    HelpCmdKeyGesture);

this.InputBindings.Add(inputBinding);
Dim HelpCmdKeyGesture As New KeyGesture(Key.H, ModifierKeys.Alt)

Dim inputBinding As InputBinding
inputBinding = New InputBinding(ApplicationCommands.Help, HelpCmdKeyGesture)

Me.InputBindings.Add(inputBinding)

注釈

既存の入力バインドクラスを使用するソフトウェア開発者は、カスタムコマンドを定義する場合でも、通常、このコンストラクターは使用しません。If you are a software developer using existing input binding classes, you generally will not use this constructor, even if you are defining custom commands. 代わりに、派生クラスのコンストラクター (KeyBindingMouseBinding) を使用するか、このコンストラクターをカスタムクラスの基本インスタンス化として使用します。Instead, you will either use constructors of derived classes (KeyBinding and MouseBinding), or you will use this constructor as the base instantiation of a custom class. InputBinding クラスではさまざまな入力デバイスがサポートされていますが、実際には、入力バインドが表すデバイスを選択する必要があります。Although the InputBinding class supports different input devices in principle, in practice you must choose which device the input binding will represent. 入力バインドで設定できる Gesture 値は1つだけです。ジェスチャはデバイス固有です。You only can set only one Gesture value on the input binding, and gestures are device-specific.

適用対象