InputBinding.CommandParameter InputBinding.CommandParameter InputBinding.CommandParameter InputBinding.CommandParameter Property

定義

取得または特定のコマンドのコマンドに固有のデータを設定します。Gets or sets the command-specific data for a particular command.

public:
 property System::Object ^ CommandParameter { System::Object ^ get(); void set(System::Object ^ value); };
public object CommandParameter { get; set; }
member this.CommandParameter : obj with get, set
Public Property CommandParameter As Object

プロパティ値

コマンドに固有のデータ。The command-specific data. 既定値は null です。The default is null.

注釈

CommandParameterプロパティを使用して、実行時に特定の情報をコマンドに渡します。The CommandParameter property is used to pass specific information to the command when it is executed. データの型は、コマンドによって定義されます。The type of the data is defined by the command. 多くのコマンドではコマンドのパラメーターが予期しません。これらのコマンドでは、渡されたすべてのコマンド パラメーターは無視されます。Many commands do not expect command parameters; for these commands, any command parameters passed will be ignored.

かどうかは、入力バインディングが関連付けられているコマンド、 RoutedCommandCommandParameterの入力バインドに渡される、RoutedCommandハンドラーを通じて、ExecutedRoutedEventArgsCanExecuteRoutedEventArgsコマンドが処理されるときにイベント データ。If the command that an input binding is associated with is a RoutedCommand, the CommandParameter of the input binding is passed to the RoutedCommand handlers through the ExecutedRoutedEventArgs and the CanExecuteRoutedEventArgs event data when the command is processed.

データ型とコマンド パラメーターの目的はコマンドごとに異なる方法で定義されているし、することができますnullします。The data type and purpose of the command parameter are defined differently for each command and can be null. バインドすることができます、 CommandCommandParameter、およびCommandTargetプロパティをICommandオブジェクトで定義されています。You can bind the Command, CommandParameter, and CommandTarget properties to an ICommand that is defined on an object. これにより、カスタム コマンドを定義し、ユーザー入力に関連付けることができます。This enables you to define a custom command and associate it with user input. 詳細については、2 番目の例を参照してください。InputBindingします。For more information, see the second example in InputBinding.

InputBindingクラスはパブリックの既定のコンス トラクターが公開しないために XAML の使用状況をサポートしません (既定のコンス トラクターがあるが、保護されている)。The InputBinding class does not support XAML usage because it does not expose a public default constructor (it has a default constructor, but it is protected). ただし、派生クラスは、パブリック コンス トラクターを公開でき、そのためから継承されるプロパティを設定できますInputBindingXAML の使用状況とします。However, derived classes can expose a public constructor and therefore, can set properties that are inherited from InputBinding with XAML usage. 既存の 2 つInputBindingを XAML でインスタンス化して、XAML でプロパティを設定する派生クラスはKeyBindingMouseBindingします。Two existing InputBinding derived classes that can be instantiated in XAML and can set properties in XAML are KeyBinding and MouseBinding.

XAML 属性の使用方法XAML Attribute Usage

<inputBindingDerivedClass CommandParameter="commandParameterString"/>  

XAML プロパティ要素の使用XAML Property Element Usage

<inputBindingDerivedClass>  
  <inputBindingDerivedClass.CommandParameter>  
    <commandParameterObject/>  
  </inputBindingDerivedClass.CommandParameter>  
</inputBindingDerivedClass>  

XAML 値XAML Values

inputBindingDerivedClass
派生クラスのInputBindingなどオブジェクト要素構文をサポートするKeyBindingまたはMouseBindingします。A derived class of InputBinding that supports object element syntax, such as KeyBinding or MouseBinding. 「解説」を参照してください。See Remarks.

commandParameterString
特定のコマンドによって処理される文字列。A string that is processed by a particular command. 文字列は、XAML で簡単に設定することができますので、コマンド パラメーターに使用される共通の型です。Strings are the common type used for command parameters because they can be easily set in XAML. 予期される文字列の形式とその目的は、入力バインディングが関連付けられている特定のコマンドのドキュメントを参照してください。For the expected string format and its purpose, see the documentation for the particular command that the input binding is associated with. 多くのコマンドでは、パラメーターは予期しません。Many commands do not expect parameters.

commandParameterObject
特定のコマンドによって処理されるオブジェクト。An object that is processed by a particular command. すべての既存WPFWPFコマンド文字列を使用します。All existing WPFWPF commands use strings. そのため、このプロパティ要素構文では、カスタム コマンドのシナリオに関連するのみです。Therefore, this property element syntax is only relevant for custom command scenarios. この構文をサポートするために、commandParameterObjectオブジェクトは、(既定のパブリック コンス トラクターがあります)、オブジェクト要素構文にもサポートする必要があります。In order to support this syntax, the commandParameterObject object must also support object element syntax (must have a public default constructor).

適用対象