InputGesture クラス

定義

入力デバイスのジェスチャを記述する抽象クラス。Abstract class that describes input device gestures.

public ref class InputGesture abstract
public abstract class InputGesture
type InputGesture = class
Public MustInherit Class InputGesture
継承
InputGesture
派生

注釈

Windows Presentation Foundation のInputGestureの実装はKeyGestureおよびMouseGestureです。Implementations of InputGesture in Windows Presentation Foundation are KeyGesture and MouseGesture.

ジェスチャを実行するとコマンドが呼び出されるように、入力ジェスチャをコマンドに関連付けることができます。An input gesture can be associated with a command so that when the gesture is performed the command is invoked. 詳細についてはInputBinding 、「」および「コマンドの概要」を参照してください。For more information, see InputBinding and the Commanding Overview.

コンストラクター

InputGesture()

InputGesture クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the InputGesture class.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
Matches(Object, InputEventArgs)

派生クラスでオーバーライドされると、指定した InputGesture が、指定した InputEventArgs オブジェクトと関連付けられた入力と一致するかどうかを判断します。When overridden in a derived class, determines whether the specified InputGesture matches the input associated with the specified InputEventArgs object.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください