InputManager クラス

定義

Windows Presentation Foundation (WPF) ですべての入力システムを管理します。

public ref class InputManager sealed : System::Windows::Threading::DispatcherObject
public sealed class InputManager : System.Windows.Threading.DispatcherObject
type InputManager = class
    inherit DispatcherObject
Public NotInheritable Class InputManager
Inherits DispatcherObject
継承
InputManager

注釈

クラスは、 InputManager WPF のすべての入力システムを調整する役割を担います。

フィルターは、またはをリッスンする任意のコードです PreProcessInput PostProcessInput 。 フィルターは入力ステージング領域を変更できます。

モニターとは、またはをリッスンする任意のコードです PreNotifyInput PostNotifyInput 。 モニターは入力ステージング領域を変更できません。

は、 InputManager 入力のステージング領域を制御します。 入力ステージング領域は、Windows Presentation Foundation (WPF) イベントへの入力を処理します。

入力は、次の段階で WPF で処理されます。

  1. プロセス前の段階。 入力マネージャーによってイベントが発生し PreProcessInput ます。

  2. 事前通知段階。 入力マネージャーによってイベントが発生し PreNotifyInput ます。

  3. WPF 入力イベントまたはイベントが発生します。

  4. 通知後の段階。 入力マネージャーによってイベントが発生し PostNotifyInput ます。

  5. プロセス後の段階。 入力マネージャーによってイベントが発生し PostProcessInput ます。

プロパティ

Current

現在のスレッドに関連付けられている InputManager を取得します。

Dispatcher

この Dispatcher が関連付けられている DispatcherObject を取得します。

(継承元 DispatcherObject)
InputProviders

InputProviders に登録された InputManager のコレクションを取得します。

IsInMenuMode

ComponentDispatcher がメニュー モードかどうかを示す値を取得します。

MostRecentInputDevice

最新の入力イベントに関連付けられている入力デバイスを表す値を取得します。

PrimaryKeyboardDevice

プライマリ キーボード デバイスを取得します。

PrimaryMouseDevice

プライマリ マウス デバイスを取得します。

メソッド

CheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるかどうかを確認します。

(継承元 DispatcherObject)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
PopMenuMode(PresentationSource)

メニュー モードを終了するコンポーネントによって呼び出されます。

ProcessInput(InputEventArgs)

指定した入力を同期的に処理します。

PushMenuMode(PresentationSource)

メニュー モードを開始するコンポーネントによって呼び出されます。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
VerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるように強制します。

(継承元 DispatcherObject)

イベント

EnterMenuMode

PushMenuMode(PresentationSource) メソッドを呼び出すことで、コントロールがメニュー モードを開始すると発生します。

HitTestInvalidatedAsync

ヒット テストの結果が変更された可能性のある場合に発生します。

LeaveMenuMode

PopMenuMode(PresentationSource) メソッドを呼び出すことで、コントロールがメニュー モードを終了すると発生します。

PostNotifyInput

PreNotifyInputハンドラーが入力の処理を完了し、対応する Windows Presentation Foundation (WPF) イベントが発生した後に発生します。

PostProcessInput

PreNotifyInput ハンドラーが入力の処理を終了した後で発生します。

PreNotifyInput

入力がキャンセルされなかった場合、PreProcessInput ハンドラーが入力の処理を終了すると発生します。

PreProcessInput

InputManager が入力項目の処理を開始すると発生します。

適用対象

こちらもご覧ください