InputScope クラス

定義

入力方法によって提供されるデータのスコープに関する情報を表します。

public ref class InputScope
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Windows.Input.InputScopeConverter, PresentationCore, Version=3.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35, Custom=null")]
public class InputScope
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Windows.Input.InputScopeConverter, PresentationCore, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35, Custom=null")]
public class InputScope
[<System.ComponentModel.TypeConverter("System.Windows.Input.InputScopeConverter, PresentationCore, Version=3.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35, Custom=null")>]
type InputScope = class
[<System.ComponentModel.TypeConverter("System.Windows.Input.InputScopeConverter, PresentationCore, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35, Custom=null")>]
type InputScope = class
Public Class InputScope
継承
InputScope
属性

注釈

プロパティとプロパティを使用して、 InputScope InputScope InputScope 特定の要素のを取得します。

コンストラクター

InputScope()

InputScope クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Names

入力スコープ名を取得または設定します。

PhraseList

入力プロセッサが推奨入力パターンとして使用する句のコレクションを取得します。

RegularExpression

入力プロセッサが推奨テキスト入力パターンとして使用する正規表現を取得または設定します。

SrgsMarkup

入力プロセッサが推奨入力パターンとして使用する Speech Recognition Grammar Specification (SRGS) マークアップを指定する文字列を取得または設定します。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください