KeyboardEventArgs クラス

定義

キーボード関連イベントのデータを提供します。Provides data for keyboard-related events.

public ref class KeyboardEventArgs : System::Windows::Input::InputEventArgs
public class KeyboardEventArgs : System.Windows.Input.InputEventArgs
type KeyboardEventArgs = class
    inherit InputEventArgs
Public Class KeyboardEventArgs
Inherits InputEventArgs
継承
派生

注釈

の既存のキーボードイベントWPFWPFではKeyboardEventArgs、が使用されません。No existing keyboard event in WPFWPF uses the KeyboardEventArgs. KeyboardEventArgsKeyEventArgs KeyboardFocusChangedEventArgsおよびWPFWPFなどの既存のイベントによって使用される、より具体的なイベントデータクラスの基本クラスとして機能します。UIElement.KeyDown UIElement.LostKeyboardFocusKeyboardEventArgs serves as the base class for the more specific KeyEventArgs and KeyboardFocusChangedEventArgs event data classes, which are used by existing WPFWPF events such as UIElement.KeyDown and UIElement.LostKeyboardFocus.

コンストラクター

KeyboardEventArgs(KeyboardDevice, Int32)

KeyboardEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the KeyboardEventArgs class.

プロパティ

Device

このイベントを開始した入力デバイスを取得します。Gets the input device that initiated this event.

(継承元 InputEventArgs)
Handled

ルーティング イベントがルートをたどる際のイベント処理の現在の状態を示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates the present state of the event handling for a routed event as it travels the route.

(継承元 RoutedEventArgs)
KeyboardDevice

入力イベントに関連付けられたキーボード デバイスを取得します。Gets the keyboard device associated with the input event.

OriginalSource

親クラスによって Source が調整される前の、純粋なヒット テストで判断される元の報告ソースを取得します。Gets the original reporting source as determined by pure hit testing, before any possible Source adjustment by a parent class.

(継承元 RoutedEventArgs)
RoutedEvent

この RoutedEventArgs インスタンスに関連付けられている RoutedEvent を取得または設定します。Gets or sets the RoutedEvent associated with this RoutedEventArgs instance.

(継承元 RoutedEventArgs)
Source

イベントを発生させたオブジェクトへの参照を取得または設定します。Gets or sets a reference to the object that raised the event.

(継承元 RoutedEventArgs)
Timestamp

このイベントが発生した時刻を取得します。Gets the time when this event occurred.

(継承元 InputEventArgs)

メソッド

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InvokeEventHandler(Delegate, Object)

型固有の方法でイベント ハンドラーを呼び出します。これにより、イベント システムの効率を高めることができます。Invokes event handlers in a type-specific way, which can increase event system efficiency.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
OnSetSource(Object)

派生クラスでオーバーライドした場合、インスタンスの Source プロパティの値が変更されるたびに、通知コールバックのエントリ ポイントを提供します。When overridden in a derived class, provides a notification callback entry point whenever the value of the Source property of an instance changes.

(継承元 RoutedEventArgs)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください