KeyGesture クラス

定義

コマンドを呼び出すために使用できる、キーの組み合わせを定義します。Defines a keyboard combination that can be used to invoke a command.

public ref class KeyGesture : System::Windows::Input::InputGesture
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Windows.Input.KeyGestureConverter))]
public class KeyGesture : System.Windows.Input.InputGesture
type KeyGesture = class
    inherit InputGesture
Public Class KeyGesture
Inherits InputGesture
継承
KeyGesture
属性

次の例は、KeyBindingを使用して Close コマンドを KeyGesture にバインドする方法を示しています。The following example shows how to bind the Close command to a KeyGesture using a KeyBinding.

KeyGesture CloseCmdKeyGesture = new KeyGesture(
    Key.L, ModifierKeys.Alt);

KeyBinding CloseKeyBinding = new KeyBinding(
    ApplicationCommands.Close, CloseCmdKeyGesture);

this.InputBindings.Add(CloseKeyBinding);
Dim CloseCmdKeyGesture As New KeyGesture(Key.L, ModifierKeys.Alt)

Dim CloseKeyBinding As New KeyBinding(ApplicationCommands.Close, CloseCmdKeyGesture)

Me.InputBindings.Add(CloseKeyBinding)

次の例は、XAMLXAMLKeyGesture を使用する方法を示しています。The following example shows how to use KeyGesture in XAMLXAML. XAMLXAML 使用法では、<KeyGesture> 要素が直接宣言されないことに注意してください。Note that the XAMLXAML usage does not directly declare a <KeyGesture> element. KeyGesture がパブリックのパラメーターなしのコンストラクターを公開していないため、このオブジェクト要素の使用はできません。That object element usage is not possible because KeyGesture does not expose a public parameterless constructor. 代わりに、XAMLXAML 使用法は typeconverter 動作を使用して、Gesture 属性値としてインライン KeyGesture 全体を宣言します。Instead, the XAMLXAML usage uses the typeconverter behavior to declare an entire KeyGesture inline as the Gesture attribute value.

<Window.InputBindings>
  <KeyBinding Command="ApplicationCommands.Open"
              Gesture="CTRL+R" />
</Window.InputBindings>

注釈

ほとんどの場合、KeyGesture は1つ以上の ModifierKeysに関連付けられている必要があります。In most cases, a KeyGesture must be associated with one or more ModifierKeys. この規則の例外として、関数キーとテンキーのキーがあります。これは、単独で有効な KeyGesture にすることができます。The exceptions to this rule are the function keys and the numeric keypad keys, which can be a valid KeyGesture by themselves. たとえば、F12 キーのみを使用して KeyGesture を作成することができますが、KeyGesture で X キーを使用するには、修飾キーとペアにする必要があります。For example, you can create a KeyGesture by using only the F12 key, but to use the X key in a KeyGesture it must be paired with a modifier key.

一般に、In general, you can

KeyBinding を使用すると、KeyGesture の発生時にコマンドが呼び出されるように、KeyGestureICommandにバインドできます。You can use a KeyBinding to bind a KeyGesture to an ICommand, so that the command is invoked when the KeyGesture occurs.

KeyGesture XAMLXAML 使用する場合、ジェスチャが標準キーと修飾子キーの両方を表す場合、XAMLXAML で通常設定されるプロパティは Gestureです。For KeyGesture XAMLXAML usages, the property that is generally set in XAMLXAML is Gesture, in cases where the gesture represents both a standard key and a modifier key. また、Gesture プロパティを関数キーだけに設定することも、修飾子キーの組み合わせを使用することもできます。You can also set the Gesture property to be just a function key, or just a modifier key combination. ただし、意図したコマンドバインディングが修飾子のない関数キーである場合は、Key プロパティを設定するのが一般的です。また、意図したコマンドバインドが修飾子キーに対してのみ使用される場合は Modifiers ます。However, it is more common to set the Key property if the intended command binding is a function key with no modifiers, or Modifiers if the intended command binding is for modifier keys only.

XAML 属性の使用方法XAML Attribute Usage

<object property="oneOrMoreModifierKeys+key"/>  
- or -  
<object property="functionKey"/>  

XAML 値XAML Values

functionKey
Key

1つのキー値。関数キー (F1 + 12) またはテンキーのキーのいずれかである必要があります。A single key value, which must be one of the function keys (F1-12) or numeric keypad keys.

oneOrMoreModifierKeys
ModifierKeys 列挙によって定義される、"+" 文字で区切られた1つ以上の修飾キー。One or more modifier keys, defined by the ModifierKeys enumeration, delimited with a "+" character.

key
Key

1つのキー値。A single key value.

コンストラクター

KeyGesture(Key)

KeyGesture を指定して、Key クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the KeyGesture class with the specified Key.

KeyGesture(Key, ModifierKeys)

指定された KeyGestureKey を使用して、ModifierKeys クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the KeyGesture class with the specified Key and ModifierKeys.

KeyGesture(Key, ModifierKeys, String)

KeyGestureKey、および表示文字列を指定して、ModifierKeys クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the KeyGesture class with the specified Key, ModifierKeys, and display string.

プロパティ

DisplayString

この KeyGesture の文字列表現を取得します。Gets a string representation of this KeyGesture.

Key

この KeyGesture に関連付けられているキーを取得します。Gets the key associated with this KeyGesture.

Modifiers

この KeyGesture に関連付けられている変換キーを取得します。Gets the modifier keys associated with this KeyGesture.

メソッド

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetDisplayStringForCulture(CultureInfo)

KeyGesture の表示に使用できる文字列を返します。Returns a string that can be used to display the KeyGesture.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
Matches(Object, InputEventArgs)

指定した KeyGesture オブジェクトに関連付けられた入力に、この InputEventArgs が一致するかどうかを判断します。Determines whether this KeyGesture matches the input associated with the specified InputEventArgs object.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください