ModifierKeys 列挙型

定義

変換キーのセットを指定します。

この列挙体には FlagsAttribute 属性があり、そのメンバー値のビットごとの組み合わせが可能になります。

public enum class ModifierKeys
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Windows.Input.ModifierKeysConverter))]
[System.Flags]
public enum ModifierKeys
[<System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Windows.Input.ModifierKeysConverter))>]
[<System.Flags>]
type ModifierKeys = 
Public Enum ModifierKeys
継承
ModifierKeys
属性

フィールド

Alt 1

Alt キー。

Control 2

CTRL キー

None 0

どの変換キーも押されていません。

Shift 4

Shift キー

Windows 8

Windows ロゴ キー

次の例は、とを関連付けるを作成する方法を示して KeyBinding KeyGesture RoutedCommand います。 は、 KeyBinding 列挙体を使用して ModifierKeys ジェスチャの修飾キーを指定します。

<Window.InputBindings>
  <KeyBinding Command="ApplicationCommands.Open"
              Gesture="CTRL+R" />
</Window.InputBindings>
// Creating a KeyBinding between the Open command and Ctrl-R
KeyBinding OpenCmdKeyBinding = new KeyBinding(
    ApplicationCommands.Open, 
    Key.R, 
    ModifierKeys.Control);

this.InputBindings.Add(OpenCmdKeyBinding);
' Creating a KeyBinding between the Open command and Ctrl-R
Dim OpenCmdKeyBinding As New KeyBinding(ApplicationCommands.Open, Key.R, ModifierKeys.Control)

Me.InputBindings.Add(OpenCmdKeyBinding)

注釈

クラスのプロパティは、 Modifiers Keyboard 現在押されている修飾キーのセットです。

列挙体を使用する Windows Presentation Foundation (WPF) の一部の api ModifierKeys は、、、 Modifiers Keyboard KeyBinding KeyGesture 、および MouseGesture の各クラスのプロパティです。

XAML 属性の使用方法

<object property="oneOrMoreModifierKeys"/>  

XAML 値

oneOrMoreModifierKeys
列挙体で定義される、 ModifierKeys "+" 文字で区切られた1つ以上の修飾キー。

適用対象

こちらもご覧ください