MouseButtonEventHandler 代理人

定義

MouseLeftButtonDown など、マウス ボタン関連のルーティング イベントを処理するメソッドを表します。

public delegate void MouseButtonEventHandler(System::Object ^ sender, MouseButtonEventArgs ^ e);
public delegate void MouseButtonEventHandler(object sender, MouseButtonEventArgs e);
type MouseButtonEventHandler = delegate of obj * MouseButtonEventArgs -> unit
Public Delegate Sub MouseButtonEventHandler(sender As Object, e As MouseButtonEventArgs)

パラメーター

sender
Object

イベント ハンドラーがアタッチされているオブジェクト。

e
MouseButtonEventArgs

イベントのデータ。

次の例では、イベント MouseDown のソースの背景色を変更するイベントハンドラーを作成します。 背景色は、どのボタンが押されたかによって決まります。

private void MouseButtonDownHandler(object sender, MouseButtonEventArgs e)
{
    Control src = e.Source as Control;

    if (src != null)
    {
        switch (e.ChangedButton)
        {
            case MouseButton.Left:
                src.Background = Brushes.Green;
                break;
            case MouseButton.Middle:
                src.Background = Brushes.Red;
                break;
            case MouseButton.Right:
                src.Background = Brushes.Yellow;
                break;
            case MouseButton.XButton1:
                src.Background = Brushes.Brown;
                break;
            case MouseButton.XButton2:
                src.Background = Brushes.Purple;
                break;
            default:
                break;
        }
    }
}
Private Sub MouseButtonDownHandler(ByVal sender As Object, ByVal e As MouseButtonEventArgs)
    Dim src As Control = TryCast(e.Source, Control)

    If src IsNot Nothing Then
        Select Case e.ChangedButton
            Case MouseButton.Left
                src.Background = Brushes.Green
            Case MouseButton.Middle
                src.Background = Brushes.Red
            Case MouseButton.Right
                src.Background = Brushes.Yellow
            Case MouseButton.XButton1
                src.Background = Brushes.Brown
            Case MouseButton.XButton2
                src.Background = Brushes.Purple
            Case Else
        End Select
    End If
End Sub

注釈

このデリゲートは、添付された次のイベントと共に使用されます。

このデリゲートは、次のルーティングイベントで使用されます。 これらのルーティングイベントは、前に示した添付イベントを転送して、WPF の一般的な要素モデルによりアクセスしやすくします。

添付イベントと基本要素のルーティングイベントは、イベントデータを共有します。また、ルーティングイベントのバブルおよびトンネリングバージョンも、イベントデータを共有します。 これは、イベントがルーティングされるときにイベントの処理される特性に影響を与える可能性があります。 詳細については、「 入力の概要」を参照してください。

拡張メソッド

GetMethodInfo(Delegate)

指定したデリゲートによって表されるメソッドを表すオブジェクトを取得します。

適用対象

こちらもご覧ください