MouseGesture クラス

定義

コマンドの呼び出しに使用できるマウス入力ジェスチャを定義します。

public ref class MouseGesture : System::Windows::Input::InputGesture
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Windows.Input.MouseGestureConverter))]
public class MouseGesture : System.Windows.Input.InputGesture
[<System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Windows.Input.MouseGestureConverter))>]
type MouseGesture = class
    inherit InputGesture
Public Class MouseGesture
Inherits InputGesture
継承
MouseGesture
属性

を作成し、を使用してそれをに関連付ける方法を次の例に示し MouseGesture RoutedCommand MouseBinding ます。 キーが押されている間にマウスホイールをクリックすると ControlOpen が呼び出されます。

<MouseBinding Gesture="Control+WheelClick"
              Command="ApplicationCommands.Open" />
MouseGesture OpenCmdMouseGesture = new MouseGesture();
OpenCmdMouseGesture.MouseAction = MouseAction.WheelClick;
OpenCmdMouseGesture.Modifiers = ModifierKeys.Control;

MouseBinding OpenCmdMouseBinding = new MouseBinding();
OpenCmdMouseBinding.Gesture = OpenCmdMouseGesture;
OpenCmdMouseBinding.Command = ApplicationCommands.Open;

this.InputBindings.Add(OpenCmdMouseBinding);
Dim OpenCmdMouseGesture As New MouseGesture()
OpenCmdMouseGesture.MouseAction = MouseAction.WheelClick
OpenCmdMouseGesture.Modifiers = ModifierKeys.Control

Dim OpenCmdMouseBinding As New MouseBinding()
OpenCmdMouseBinding.Gesture = OpenCmdMouseGesture
OpenCmdMouseBinding.Command = ApplicationCommands.Open

Me.InputBindings.Add(OpenCmdMouseBinding)

注釈

とは異なり、は、有効なにするために KeyGesture MouseAction とペアにする必要はありません ModifierKeys MouseGesture

は、が MouseGesture RoutedCommand 発生し ICommand MouseBinding たときにコマンドが呼び出されるように、を介して (または他の実装) にバインドでき MouseGesture ます。

MouseGestureXaml 属性の使用では、通常、xaml で設定されるプロパティはです Gesture 。これは、ジェスチャがマウスアクションと1つ以上の修飾子キーの両方を表すことができる場合です。 また、 Gesture プロパティをマウス操作だけに設定することもできます。 一般に、修飾子を指定しない場合でも、を設定するのではなく、XAML から属性のみを使用することをお勧め Gesture MouseAction します。 これにより、あいまいさが解消され、最も効率的な構文が提供され、シリアル化の最も簡単な表現が提供されます。

MouseGesture XAML オブジェクト要素の使用は、通常、 Gesture MouseBinding プロパティ要素構文を使用せずにインラインのプロパティを設定できるので、一般的ではありません。

XAML 属性の使用方法

<object property="mouseAction"/>  
- or -  
<object property="oneOrMoreModifierKeys+mouseAction"/>  

XAML 値

mouseAction
MouseAction

1つのマウス操作。

oneOrMoreModifierKeys
列挙体で定義される1つ以上の修飾子キー ModifierKeys 。 複数の修飾子キーが指定されている場合は、各修飾子キーが "+" 文字で区切られます。

コンストラクター

MouseGesture()

MouseGesture クラスの新しいインスタンスを初期化します。

MouseGesture(MouseAction)

指定した MouseAction を使用して MouseGesture クラスの新しいインスタンスを初期化します。

MouseGesture(MouseAction, ModifierKeys)

指定した MouseGestureMouseAction を使用して、ModifierKeys クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Modifiers

この MouseGesture に関連付けられている変換キーを取得または設定します。

MouseAction

このジェスチャに関連付けられている MouseAction を取得または設定します。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
Matches(Object, InputEventArgs)

指定した MouseGesture オブジェクトに関連付けられた入力に、InputEventArgs が一致するかどうかを判断します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください