Stylus.StylusDown Stylus.StylusDown Stylus.StylusDown Attached Event

定義

ユーザーがスタイラスの先端をタブレットに付けたときに発生します。

see AddStylusDownHandler, and RemoveStylusDownHandler
see AddStylusDownHandler, and RemoveStylusDownHandler
see AddStylusDownHandler, and RemoveStylusDownHandler

スタイラスがの境界から出た場合でも、次の例は、スタイラスの座標を記録する方法を示します、TextBoxします。 この例では、TextBoxと呼ばれるtextBox1、および、 StylusDownStylusUp、およびStylusMoveイベントがイベント ハンドラーに接続しています。

void textbox1_StylusDown(object sender, StylusDownEventArgs e)
{
    Stylus.Capture(textbox1);
}

void textbox1_StylusMove(object sender, StylusEventArgs e)
{
    Point pos = e.GetPosition(textbox1);
    textbox1.AppendText("X: " + pos.X + " Y: " + pos.Y + "\n");
}

void textbox1_StylusUp(object sender, StylusEventArgs e)
{
    Stylus.Capture(textbox1, CaptureMode.None);
}
Private Sub textbox1_StylusDown(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.Input.StylusDownEventArgs) _
    Handles textbox1.StylusDown

    Stylus.Capture(textbox1)

End Sub 'textbox1_StylusDown


Private Sub textbox1_StylusMove(ByVal sender As Object, ByVal e As StylusEventArgs) _
    Handles textbox1.StylusMove

    Dim pos As Point = e.GetPosition(textbox1)
    textbox1.AppendText("X: " & pos.X.ToString() & " Y: " & pos.Y.ToString() & vbLf)

End Sub 'textbox1_StylusMove


Private Sub textbox1_StylusUp(ByVal sender As Object, ByVal e As StylusEventArgs) _
    Handles textbox1.StylusUp

    Stylus.Capture(textbox1, CaptureMode.None)

End Sub 'textbox1_StylusUp

注釈

これは、添付イベントです。 WPF ルーティング イベントとして添付イベントを実装します。 添付イベントは、基本的に、XAML言語の概念で、イベント、ないオブジェクトの処理自体を参照して、イベントを定義するために使用します。 WPF さらに、ルートを走査することができます、添付イベントの機能を展開します。 アタッチされるイベントでは、コードでは、直接処理構文はありません。コード内でルーティング イベントのハンドラーをアタッチするには、指定された追加を使用して * ハンドラー メソッド。 詳細については、次を参照してください。添付イベントの概要します。

ルーティングされたイベント情報

識別子フィールドです。 StylusDownEvent
ルーティング方法 バブル
Delegate StylusDownEventHandler

適用対象

こちらもご覧ください