D3DImage D3DImage D3DImage D3DImage Class

定義

ImageSourceユーザーが作成した Direct3D サーフェイスを表示します。An ImageSource that displays a user-created Direct3D surface.

public ref class D3DImage : System::Windows::Media::ImageSource
public class D3DImage : System.Windows.Media.ImageSource
type D3DImage = class
    inherit ImageSource
Public Class D3DImage
Inherits ImageSource
継承

次のコード例は、宣言する方法を示します、 D3DImage XAML でします。The following code example shows how to declare a D3DImage in XAML. マップする必要があります、System.Windows.Interop名前空間は、既定の XAML 名前空間には含まれませんので。You must map the System.Windows.Interop namespace, because it is not included in the default XAML namespaces. 詳細については、「チュートリアル:WPF での Direct3D9 コンテンツをホストしているします。For more information, see Walkthrough: Hosting Direct3D9 Content in WPF.

    <Window x:Class="D3DHost.MainWindow"
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
    xmlns:i="clr-namespace:System.Windows.Interop;assembly=PresentationCore"
    Title="MainWindow" Height="300" Width="300" Background="PaleGoldenrod">
    <Grid>
        <Image x:Name="imgelt">
            <Image.Source>
                <i:D3DImage x:Name="d3dimg" />
            </Image.Source>
        </Image>
    </Grid>
</Window>

注釈

使用して、 D3DImage Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションで Direct3D コンテンツをホストするクラス。Use the D3DImage class to host Direct3D content in a Windows Presentation Foundation (WPF) application.

呼び出す、Lockによって表示される Direct3D の内容を変更するメソッドをD3DImageします。Call the Lock method to change the Direct3D content displayed by the D3DImage. 呼び出す、SetBackBufferを Direct3D サーフェイスを割り当てるメソッドをD3DImageします。Call the SetBackBuffer method to assign a Direct3D surface to a D3DImage. 呼び出す、 AddDirtyRect Direct3D サーフェイスへの更新プログラムを追跡するメソッド。Call the AddDirtyRect method to track updates to the Direct3D surface. 呼び出す、Unlock変更された領域を表示するメソッド。Call the Unlock method to display the changed areas.

D3DImageクラスは、2 つ表示バッファーと呼ばれる、管理、バック バッファーフロント バッファーします。The D3DImage class manages two display buffers, which are called the back buffer and the front buffer. バック バッファーでは、Direct3D サーフェイスです。The back buffer is your Direct3D surface. バック バッファーへの変更にコピーされますフォワード フロント バッファーを呼び出すとき、Unlockメソッド、ハードウェアで表示されます。Changes to the back buffer are copied forward to the front buffer when you call the Unlock method, where it is displayed on the hardware. 場合によっては、フロント バッファーが使用できなくなります。Occasionally, the front buffer becomes unavailable. 画面のロック、排他 Direct3D アプリケーションを全画面表示、ユーザーの切り替え、またはその他のシステム アクティビティによって、この可用性が不足している可能性があります。This lack of availability can be caused by screen locking, full-screen exclusive Direct3D applications, user-switching, or other system activities. 処理することによって WPF アプリケーションに通知このエラーが発生したとき、IsFrontBufferAvailableChangedイベント。When this occurs, your WPF application is notified by handling the IsFrontBufferAvailableChanged event. アプリケーションが利用できなくなるフロント バッファーに応答する方法は、ソフトウェア レンダリングにフォールバックする WPF が有効になっているかどうかによって異なります。How your application responds to the front buffer becoming unavailable depends on whether WPF is enabled to fall back to software rendering. SetBackBufferメソッドは、WPF ソフトウェア レンダリングにフォールバックするかどうかを指定するパラメーターを受け取るオーバー ロードを持ちます。The SetBackBuffer method has an overload that takes a parameter that specifies whether WPF falls back to software rendering.

WPF はフォールバックされないソフトウェア レンダリングを使用できないフロント バッファー応答Responding to an Unavailable Front Buffer when WPF Does not Fall Back to Software Rendering

呼び出すと、SetBackBuffer(D3DResourceType, IntPtr)オーバー ロードを呼び出したり、SetBackBuffer(D3DResourceType, IntPtr, Boolean)オーバー ロード、enableSoftwareFallbackパラメーターに設定false、フロント バッファーが使用できなくなったとは何もレンダリング システムがバック バッファーへの参照を解放表示されます。When you call the SetBackBuffer(D3DResourceType, IntPtr) overload or call the SetBackBuffer(D3DResourceType, IntPtr, Boolean) overload with the enableSoftwareFallback parameter set to false, the rendering system releases its reference to the back buffer when the front buffer becomes unavailable and nothing is displayed. フロント バッファーが再び使用可能、レンダリング システムが発生、 IsFrontBufferAvailableChanged WPF アプリケーションに通知するイベントです。When the front buffer is available again, the rendering system raises the IsFrontBufferAvailableChanged event to notify your WPF application. イベント ハンドラーを作成することができます、IsFrontBufferAvailableChangedイベントを有効な Direct3D サーフェイスを使用してレンダリングを再起動します。You can create an event handler for the IsFrontBufferAvailableChanged event to restart rendering again with a valid Direct3D surface. レンダリングを再起動して、呼び出す必要があるSetBackBufferします。To restart rendering, you must call SetBackBuffer.

ソフトウェア レンダリングを WPF には該当する場合、使用できないフロント バッファーへの応答Responding to an Unavailable Front Buffer when WPF Falls Back to Software Rendering

呼び出すと、SetBackBuffer(D3DResourceType, IntPtr, Boolean)オーバー ロード、enableSoftwareFallbackパラメーターに設定true、レンダリング システムを呼び出す必要がないフロント バッファーが使用不能になったときにバック バッファーへの参照を保持SetBackBufferと前面バッファーが再び使用可能です。When you call the SetBackBuffer(D3DResourceType, IntPtr, Boolean) overload with the enableSoftwareFallback parameter set to true, the rendering system retains its reference to the back buffer when the front buffer becomes unavailable, so there is no need to call SetBackBuffer when the front buffer is available again. 場所、ユーザーのデバイスが使用できなくなった状況である可能性があります。There may be situations where the user's device becomes unavailable. 発生すると、呼び出すSetBackBufferバック バッファーへの WPF の参照を解放します。When that occurs, call SetBackBuffer to release WPF's reference to the back buffer. デバイスをリセットする必要がある場合は、呼び出すSetBackBufferで、backBufferパラメーターに設定nullを呼び出してSetBackBufferでもう一度backBufferDirect3D サーフェイスを有効に設定します。If you need to reset your device, call SetBackBuffer with the backBuffer parameter set to null, and then call SetBackBuffer again with backBuffer set to a valid Direct3D surface.

注意

パフォーマンスは、Direct3D サーフェイスの設定に大きく依存します。Performance depends greatly on the settings of the Direct3D surface. 詳細については、次を参照してください。 Direct3D9 および WPF の相互運用性のパフォーマンスに関する考慮事項します。For more information, see Performance Considerations for Direct3D9 and WPF Interoperability.

注意

D3DImageクラスはコンテンツが表示されない Direct3D WPF ソフトウェアでレンダリングなど、リモート デスクトップ接続を経由するときを呼び出さない限り、SetBackBuffer(D3DResourceType, IntPtr, Boolean)指定trueenableSoftwareFallbackパラメーター。The D3DImage class does not display Direct3D content when WPF renders in software, such as over a Remote Desktop connection, unless you call SetBackBuffer(D3DResourceType, IntPtr, Boolean) and specify true for the enableSoftwareFallback parameter.

コンストラクター

D3DImage() D3DImage() D3DImage() D3DImage()

D3DImage クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the D3DImage class.

D3DImage(Double, Double) D3DImage(Double, Double) D3DImage(Double, Double) D3DImage(Double, Double)

新しいインスタンスを初期化、D3DImage指定したディスプレイの解像度を持つクラス。Initializes a new instance of the D3DImage class with the specified display resolution.

フィールド

IsFrontBufferAvailableProperty IsFrontBufferAvailableProperty IsFrontBufferAvailableProperty IsFrontBufferAvailableProperty

IsFrontBufferAvailable 依存関係プロパティを識別します。Identifies the IsFrontBufferAvailable dependency property.

プロパティ

CanFreeze CanFreeze CanFreeze CanFreeze

オブジェクトを変更不可能にできるかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the object can be made unmodifiable.

(Inherited from Freezable)
DependencyObjectType DependencyObjectType DependencyObjectType DependencyObjectType

このインスタンスの CLRCLR 型をラップする DependencyObjectType を取得します。Gets the DependencyObjectType that wraps the CLRCLR type of this instance.

(Inherited from DependencyObject)
Dispatcher Dispatcher Dispatcher Dispatcher

取得、DispatcherこのDispatcherObjectに関連付けられています。Gets the Dispatcher this DispatcherObject is associated with.

(Inherited from DispatcherObject)
HasAnimatedProperties HasAnimatedProperties HasAnimatedProperties HasAnimatedProperties

1 つ以上の AnimationClock オブジェクトが、このオブジェクトの任意の依存関係プロパティに関連付けられているかどうかを示す値を取得または設定します。Gets a value that indicates whether one or more AnimationClock objects is associated with any of this object's dependency properties.

(Inherited from Animatable)
Height Height Height Height

高さを取得、D3DImageします。Gets the height of the D3DImage.

IsFrontBufferAvailable IsFrontBufferAvailable IsFrontBufferAvailable IsFrontBufferAvailable

フロント バッファーが存在するかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether a front buffer exists.

IsFrozen IsFrozen IsFrozen IsFrozen

オブジェクトが変更可能かどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the object is currently modifiable.

(Inherited from Freezable)
IsSealed IsSealed IsSealed IsSealed

このインスタンスが現在シールされている (読み取り専用である) かどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this instance is currently sealed (read-only).

(Inherited from DependencyObject)
Metadata Metadata Metadata Metadata

イメージ ソースに関連付けられたメタデータを取得します。Gets the metadata associated with the image source.

PixelHeight PixelHeight PixelHeight PixelHeight

高さを取得、 D3DImage、(ピクセル単位)。Gets the height of the D3DImage, in pixels.

PixelWidth PixelWidth PixelWidth PixelWidth

幅を取得、 D3DImage、(ピクセル単位)。Gets the width of the D3DImage, in pixels.

Width Width Width Width

幅を取得、D3DImageします。Gets the width of the D3DImage.

メソッド

AddDirtyRect(Int32Rect) AddDirtyRect(Int32Rect) AddDirtyRect(Int32Rect) AddDirtyRect(Int32Rect)

変更されるバック バッファーの領域を指定します。Specifies the area of the back buffer that changed.

ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock) ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock) ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock) ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock)

AnimationClock を指定した DependencyProperty に適用します。Applies an AnimationClock to the specified DependencyProperty. プロパティが既にアニメーション化されている場合は、SnapshotAndReplace ハンドオフ動作が使用されます。If the property is already animated, the SnapshotAndReplace handoff behavior is used.

(Inherited from Animatable)
ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock, HandoffBehavior) ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock, HandoffBehavior) ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock, HandoffBehavior) ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock, HandoffBehavior)

AnimationClock を指定した DependencyProperty に適用します。Applies an AnimationClock to the specified DependencyProperty. プロパティが既にアニメーション化されている場合は、指定した HandoffBehavior が使用されます。If the property is already animated, the specified HandoffBehavior is used.

(Inherited from Animatable)
BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline) BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline) BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline) BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline)

指定された DependencyProperty にアニメーションを適用します。Applies an animation to the specified DependencyProperty. アニメーションは、次のフレームがレンダリングされるときに開始されます。The animation is started when the next frame is rendered. 指定されたプロパティが既にアニメーション化されている場合は、SnapshotAndReplace ハンドオフ動作が使用されます。If the specified property is already animated, the SnapshotAndReplace handoff behavior is used.

(Inherited from Animatable)
BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline, HandoffBehavior) BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline, HandoffBehavior) BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline, HandoffBehavior) BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline, HandoffBehavior)

指定された DependencyProperty にアニメーションを適用します。Applies an animation to the specified DependencyProperty. アニメーションは、次のフレームがレンダリングされるときに開始されます。The animation is started when the next frame is rendered. 指定したプロパティが既にアニメーション化されている場合は、指定した HandoffBehavior が使用されます。If the specified property is already animated, the specified HandoffBehavior is used.

(Inherited from Animatable)
CheckAccess() CheckAccess() CheckAccess() CheckAccess()

呼び出し元のスレッドが、これに対するアクセス権を持つかどうかを判断しますDispatcherObjectします。Determines whether the calling thread has access to this DispatcherObject.

(Inherited from DispatcherObject)
ClearValue(DependencyProperty) ClearValue(DependencyProperty) ClearValue(DependencyProperty) ClearValue(DependencyProperty)

プロパティのローカル値をクリアします。Clears the local value of a property. クリアするプロパティは DependencyProperty 識別子で指定されます。The property to be cleared is specified by a DependencyProperty identifier.

(Inherited from DependencyObject)
ClearValue(DependencyPropertyKey) ClearValue(DependencyPropertyKey) ClearValue(DependencyPropertyKey) ClearValue(DependencyPropertyKey)

読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。Clears the local value of a read-only property. 消去するプロパティは、DependencyPropertyKey で指定します。The property to be cleared is specified by a DependencyPropertyKey.

(Inherited from DependencyObject)
Clone() Clone() Clone() Clone()

この D3DImage オブジェクトの変更可能な複製を作成し、このオブジェクトの値の詳細コピーを作成します。Creates a modifiable clone of this D3DImage object, making deep copies of this object's values. 依存関係プロパティをコピーするときに、このメソッドは、アニメーションやその現在の値ではありませんが、リソース参照とデータ バインディングを解決できなくなる可能性があります) をコピーします。When copying dependency properties, this method copies resource references and data bindings (which may no longer resolve), but not animations or their current values.

CloneCore(Freezable) CloneCore(Freezable) CloneCore(Freezable) CloneCore(Freezable)

基本 (アニメーション化されていない) プロパティ値を使用して、インスタンスを、指定した Freezable の複製 (詳細コピー) にします。Makes the instance a clone (deep copy) of the specified Freezable using base (non-animated) property values.

CloneCurrentValue() CloneCurrentValue() CloneCurrentValue() CloneCurrentValue()

この D3DImage オブジェクトの変更可能な複製を作成し、このオブジェクトの現在値の詳細コピーを作成します。Creates a modifiable clone of this D3DImage object, making deep copies of this object's current values. リソース参照、データ バインディング、アニメーションはコピーされませんが、それらの現在値はコピーされます。Resource references, data bindings, and animations are not copied, but their current values are copied.

CloneCurrentValueCore(Freezable) CloneCurrentValueCore(Freezable) CloneCurrentValueCore(Freezable) CloneCurrentValueCore(Freezable)

現在のプロパティ値を使用して、インスタンスを、指定した Freezable の変更可能な複製 (詳細コピー) にします。Makes the instance a modifiable clone (deep copy) of the specified Freezable using current property values.

CoerceValue(DependencyProperty) CoerceValue(DependencyProperty) CoerceValue(DependencyProperty) CoerceValue(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの値を強制します。Coerces the value of the specified dependency property. これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。This is accomplished by invoking any CoerceValueCallback function specified in property metadata for the dependency property as it exists on the calling DependencyObject.

(Inherited from DependencyObject)
CopyBackBuffer() CopyBackBuffer() CopyBackBuffer() CopyBackBuffer()

ソフトウェアのコピーを作成、D3DImageします。Creates a software copy of the D3DImage.

CreateInstance() CreateInstance() CreateInstance() CreateInstance()

Freezable クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Freezable class.

(Inherited from Freezable)
CreateInstanceCore() CreateInstanceCore() CreateInstanceCore() CreateInstanceCore()

派生クラスとして実装された場合は、新しいインスタンスを作成、D3DImageクラスを派生します。When implemented in a derived class, creates a new instance of the D3DImage derived class.

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定した DependencyObject が現在の DependencyObject と等しいかどうかを判断します。Determines whether a provided DependencyObject is equivalent to the current DependencyObject.

(Inherited from DependencyObject)
Finalize() Finalize() Finalize() Finalize()

D3DImage がガベージ コレクションによって回収される前にリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行します。Frees resources and performs other cleanup operations before the D3DImage is reclaimed by garbage collection.

Freeze() Freeze() Freeze() Freeze()

現在のオブジェクトを変更不可能にし、その IsFrozen プロパティを true に設定します。Makes the current object unmodifiable and sets its IsFrozen property to true.

(Inherited from Freezable)
FreezeCore(Boolean) FreezeCore(Boolean) FreezeCore(Boolean) FreezeCore(Boolean)

により、D3DImage変更不可能な状態またはできるかどうか、変更不可能な状態を判断します。Makes the D3DImage unmodifiable or determines whether it can be made unmodifiable.

GetAnimationBaseValue(DependencyProperty) GetAnimationBaseValue(DependencyProperty) GetAnimationBaseValue(DependencyProperty) GetAnimationBaseValue(DependencyProperty)

指定した DependencyProperty のアニメーション化されていない値を返します。Returns the non-animated value of the specified DependencyProperty.

(Inherited from Animatable)
GetAsFrozen() GetAsFrozen() GetAsFrozen() GetAsFrozen()

固定されたコピーを作成し、 Freezable、基本 (アニメーション化されていない) のプロパティの値を使用します。Creates a frozen copy of the Freezable, using base (non-animated) property values. コピーが固定されているために、参照によって任意の固定されたサブオブジェクトがコピーされます。Because the copy is frozen, any frozen sub-objects are copied by reference.

(Inherited from Freezable)
GetAsFrozenCore(Freezable) GetAsFrozenCore(Freezable) GetAsFrozenCore(Freezable) GetAsFrozenCore(Freezable)

基本プロパティ値 (アニメーション化されていない値) を使用して、インスタンスを、指定した Freezable の固定された複製にします。Makes the instance a frozen clone of the specified Freezable using base (non-animated) property values.

GetCurrentValueAsFrozen() GetCurrentValueAsFrozen() GetCurrentValueAsFrozen() GetCurrentValueAsFrozen()

固定されたコピーを作成し、Freezableプロパティの現在の値を使用します。Creates a frozen copy of the Freezable using current property values. コピーが固定されているために、参照によって任意の固定されたサブオブジェクトがコピーされます。Because the copy is frozen, any frozen sub-objects are copied by reference.

(Inherited from Freezable)
GetCurrentValueAsFrozenCore(Freezable) GetCurrentValueAsFrozenCore(Freezable) GetCurrentValueAsFrozenCore(Freezable) GetCurrentValueAsFrozenCore(Freezable)

現在のインスタンスを、指定した Freezable の固定された複製にします。Makes the current instance a frozen clone of the specified Freezable. オブジェクトに、アニメーション化された依存関係プロパティが存在する場合、現在アニメーション化されている値がコピーされます。If the object has animated dependency properties, their current animated values are copied.

GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

この DependencyObject のハッシュ コードを取得します。Gets a hash code for this DependencyObject.

(Inherited from DependencyObject)
GetLocalValueEnumerator() GetLocalValueEnumerator() GetLocalValueEnumerator() GetLocalValueEnumerator()

どの依存関係プロパティがこの DependencyObject 上にローカルに設定された値を持つかを確認するための、専用の列挙子を作成します。Creates a specialized enumerator for determining which dependency properties have locally set values on this DependencyObject.

(Inherited from DependencyObject)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
GetValue(DependencyProperty) GetValue(DependencyProperty) GetValue(DependencyProperty) GetValue(DependencyProperty)

DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。Returns the current effective value of a dependency property on this instance of a DependencyObject.

(Inherited from DependencyObject)
InvalidateProperty(DependencyProperty) InvalidateProperty(DependencyProperty) InvalidateProperty(DependencyProperty) InvalidateProperty(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの有効値を再評価します。Re-evaluates the effective value for the specified dependency property

(Inherited from DependencyObject)
Lock() Lock() Lock() Lock()

ロック、D3DImage操作をバック バッファーで有効です。Locks the D3DImage and enables operations on the back buffer.

MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
OnChanged() OnChanged() OnChanged() OnChanged()

現在の Freezable オブジェクトの変更時に呼び出されます。Called when the current Freezable object is modified.

(Inherited from Freezable)
OnFreezablePropertyChanged(DependencyObject, DependencyObject) OnFreezablePropertyChanged(DependencyObject, DependencyObject) OnFreezablePropertyChanged(DependencyObject, DependencyObject) OnFreezablePropertyChanged(DependencyObject, DependencyObject)

適切なコンテキスト ポインターが確立されているように、DependencyObjectTypeが設定されているデータ メンバー。Ensures that appropriate context pointers are established for a DependencyObjectType data member that has just been set.

(Inherited from Freezable)
OnFreezablePropertyChanged(DependencyObject, DependencyObject, DependencyProperty) OnFreezablePropertyChanged(DependencyObject, DependencyObject, DependencyProperty) OnFreezablePropertyChanged(DependencyObject, DependencyObject, DependencyProperty) OnFreezablePropertyChanged(DependencyObject, DependencyObject, DependencyProperty)

このメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートしますが、独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。This member supports the Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) infrastructure and is not intended to be used directly from your code.

(Inherited from Freezable)
OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs) OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs) OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs) OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)DependencyObject 実装をオーバーライドして、さらに型 Freezable の変化する依存関係プロパティへの応答として任意の Changed ハンドラーも呼び出します。Overrides the DependencyObject implementation of OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs) to also invoke any Changed handlers in response to a changing dependency property of type Freezable.

(Inherited from Freezable)
ReadLocalValue(DependencyProperty) ReadLocalValue(DependencyProperty) ReadLocalValue(DependencyProperty) ReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカルの依存関係プロパティの値を返します (存在する場合)。Returns the local value of a dependency property, if it exists.

(Inherited from DependencyObject)
ReadPreamble() ReadPreamble() ReadPreamble() ReadPreamble()

により、Freezable有効なスレッドからアクセスされています。Ensures that the Freezable is being accessed from a valid thread. 継承元Freezableいずれかの先頭にこのメソッドを呼び出す必要がありますAPIAPI依存関係プロパティではないデータ メンバーを読み取る。Inheritors of Freezable must call this method at the beginning of any APIAPI that reads data members that are not dependency properties.

(Inherited from Freezable)
SetBackBuffer(D3DResourceType, IntPtr) SetBackBuffer(D3DResourceType, IntPtr) SetBackBuffer(D3DResourceType, IntPtr) SetBackBuffer(D3DResourceType, IntPtr)

バック バッファーのソースとして、Direct3D サーフェイスを割り当てます。Assigns a Direct3D surface as the source of the back buffer.

SetBackBuffer(D3DResourceType, IntPtr, Boolean) SetBackBuffer(D3DResourceType, IntPtr, Boolean) SetBackBuffer(D3DResourceType, IntPtr, Boolean) SetBackBuffer(D3DResourceType, IntPtr, Boolean)

バック バッファーのソースとして、Direct3D サーフェイスを割り当てます。Assigns a Direct3D surface as the source of the back buffer.

SetCurrentValue(DependencyProperty, Object) SetCurrentValue(DependencyProperty, Object) SetCurrentValue(DependencyProperty, Object) SetCurrentValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。Sets the value of a dependency property without changing its value source.

(Inherited from DependencyObject)
SetValue(DependencyProperty, Object) SetValue(DependencyProperty, Object) SetValue(DependencyProperty, Object) SetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。Sets the local value of a dependency property, specified by its dependency property identifier.

(Inherited from DependencyObject)
SetValue(DependencyPropertyKey, Object) SetValue(DependencyPropertyKey, Object) SetValue(DependencyPropertyKey, Object) SetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。Sets the local value of a read-only dependency property, specified by the DependencyPropertyKey identifier of the dependency property.

(Inherited from DependencyObject)
ShouldSerializeProperty(DependencyProperty) ShouldSerializeProperty(DependencyProperty) ShouldSerializeProperty(DependencyProperty) ShouldSerializeProperty(DependencyProperty)

シリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether serialization processes should serialize the value for the provided dependency property.

(Inherited from DependencyObject)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のカルチャに基づいて、このオブジェクトの文字列形式を作成します。Creates a string representation of this object based on the current culture.

(Inherited from ImageSource)
ToString(IFormatProvider) ToString(IFormatProvider) ToString(IFormatProvider) ToString(IFormatProvider)

渡された IFormatProvider に基づいて、このオブジェクトの文字列形式を作成します。Creates a string representation of this object based on the IFormatProvider passed in. プロバイダーが null の場合は、CurrentCulture が使用されます。If the provider is null, the CurrentCulture is used.

(Inherited from ImageSource)
TryLock(Duration) TryLock(Duration) TryLock(Duration) TryLock(Duration)

ロックを試行、D3DImageし、指定された期間待機します。Attempts to lock the D3DImage and waits for the specified duration.

Unlock() Unlock() Unlock() Unlock()

ロック カウントをデクリメント、D3DImageします。Decrements the lock count for the D3DImage.

VerifyAccess() VerifyAccess() VerifyAccess() VerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがこのへのアクセスを強制DispatcherObjectします。Enforces that the calling thread has access to this DispatcherObject.

(Inherited from DispatcherObject)
WritePostscript() WritePostscript() WritePostscript() WritePostscript()

FreezableChanged イベントを発生させ、その OnChanged() メソッドを呼び出します。Raises the Changed event for the Freezable and invokes its OnChanged() method. Freezable から派生するクラスは、依存関係プロパティとして格納されていないクラス メンバーを変更するすべての API の終了時に、このメソッドを呼び出す必要があります。Classes that derive from Freezable should call this method at the end of any API that modifies class members that are not stored as dependency properties.

(Inherited from Freezable)
WritePreamble() WritePreamble() WritePreamble() WritePreamble()

検証が行われます、Freezableが固定されてし、有効なスレッド コンテキストからアクセスされていること。Verifies that the Freezable is not frozen and that it is being accessed from a valid threading context. Freezable 継承クラスは、いずれかの先頭にこのメソッドを呼び出す必要がありますAPIAPI依存関係プロパティではないデータ メンバーに書き込みます。Freezable inheritors should call this method at the beginning of any APIAPI that writes to data members that are not dependency properties.

(Inherited from Freezable)

イベント

Changed Changed Changed Changed

発生したときに、Freezableが含まれているオブジェクトが変更されたか。Occurs when the Freezable or an object it contains is modified.

(Inherited from Freezable)
IsFrontBufferAvailableChanged IsFrontBufferAvailableChanged IsFrontBufferAvailableChanged IsFrontBufferAvailableChanged

IsFrontBufferAvailable プロパティが変更されたときに発生します。Occurs when the IsFrontBufferAvailable property changes.

明示的なインターフェイスの実装

IFormattable.ToString(String, IFormatProvider) IFormattable.ToString(String, IFormatProvider) IFormattable.ToString(String, IFormatProvider) IFormattable.ToString(String, IFormatProvider)

指定された書式を使用して現在のインスタンスの値を書式設定します。Formats the value of the current instance using the specified format.

(Inherited from ImageSource)

セキュリティ

SecurityPermission
アンマネージ リソースにアクセスします。for access to unmanaged resources. セキュリティ アクション:InheritanceDemandします。Security action: InheritanceDemand. 関連付けられた列挙体。 UnmanagedCodeAssociated enumeration: UnmanagedCode

適用対象