HwndSource.AddHook(HwndSourceHook) HwndSource.AddHook(HwndSourceHook) HwndSource.AddHook(HwndSourceHook) HwndSource.AddHook(HwndSourceHook) Method

定義

すべてのウィンドウ メッセージを受信するイベント ハンドラーを追加します。Adds an event handler that receives all window messages.

public:
 void AddHook(System::Windows::Interop::HwndSourceHook ^ hook);
[System.Security.SecurityCritical]
public void AddHook (System.Windows.Interop.HwndSourceHook hook);
member this.AddHook : System.Windows.Interop.HwndSourceHook -> unit
Public Sub AddHook (hook As HwndSourceHook)

パラメーター

hook
HwndSourceHook HwndSourceHook HwndSourceHook HwndSourceHook

ハンドラーの実装 (に基づいて、HwndSourceHook委任) ウィンドウ メッセージを受け取る。The handler implementation (based on the HwndSourceHook delegate) that receives the window messages.

注釈

重要

インターネット セキュリティ ゾーンでは、このメソッドを使用できません。This method is not available in the Internet security zone.

ほとんどWin32Win32に到達したメッセージ、HwndSource概算値があるWPFWPFと同じです。Most Win32Win32 messages that reach the HwndSource have an approximate WPFWPF equivalent. 使用するAddHookメッセージにないケースを処理するWPFWPFと同じです。You use AddHook to handle the cases where the message has no WPFWPF equivalent.

HwndSourceHookデリゲートのパラメーターのプロファイルのようなWin32Win32メイン ウィンドウ プロシージャ。The HwndSourceHook delegate resembles the parameter profile of a Win32Win32 main window procedure. メッセージのすべてのウィンドウのメイン ウィンドウ プロシージャ、HwndSource親ウィンドウに転送されても、HwndSourceHookデリゲート。All window messages that the main window procedure of the HwndSource parent window receives are also forwarded to the HwndSourceHook delegates.

フックは、追加された順序で呼び出されます。Hooks are called in the order that they were added. 返しますフックする場合handled = trueメッセージは後に、呼び出しの順序でのフックは呼び出されませんそのメッセージ。If any hook returns handled=true for a message, the hooks after it in the call order are not called for that message.

セキュリティ

UIPermission
処理を追加します。to add handling. 関連付けられた列挙体。 AllWindowsAssociated enumeration: AllWindows

適用対象

こちらもご覧ください