LocalValueEntry.Inequality(LocalValueEntry, LocalValueEntry) 演算子

定義

指定した LocalValueEnumerator インスタンスを比較し、それらが異なるかどうかを判断します。Compares the specified LocalValueEnumerator instances to determine whether they are different.

public:
 static bool operator !=(System::Windows::LocalValueEntry obj1, System::Windows::LocalValueEntry obj2);
public static bool operator != (System.Windows.LocalValueEntry obj1, System.Windows.LocalValueEntry obj2);
static member op_Inequality : System.Windows.LocalValueEntry * System.Windows.LocalValueEntry -> bool
Public Shared Operator != (obj1 As LocalValueEntry, obj2 As LocalValueEntry) As Boolean

パラメーター

obj1
LocalValueEntry

比較する 1 番目のインスタンス。The first instance to compare.

obj2
LocalValueEntry

比較する 2 番目のインスタンス。The second instance to compare.

戻り値

この実装は、Property の値と ValueLocalValueEntry コンポーネントを比較します。This implementation compares the values of the Property and Value components of a LocalValueEntry. PropertyLocalValueEntry コンポーネントは常に値型であるため、この比較は常にビット単位の比較になります。The Property component of a LocalValueEntry is always a value type, so this comparison will always be a bitwise comparison. Value コンポーネントの場合は、値型であればビット単位の比較を使用します。For the Value component, this implementation employs a bitwise comparison if it is a value type.

ローカルに設定されたプロパティが参照型を持つ場合は、この動作はその型の等価性判定機構まで保留されます。これは、2 つの値を比較する際に、== 演算子を内部的に使用するためです。For locally set properties that have reference types, the behavior is deferred to that type's equality determination mechanisms, because it uses the == operator on the two values internally. これは、既定では、値の参照が等しいことを表します。By default, this is a reference equality of the values.

適用対象

こちらもご覧ください