ArrayExtension クラス

定義

.NET Framework XAML サービスの x:Array サポートを実装します。Implements x:Array support for .NET Framework XAML Services.

public ref class ArrayExtension : System::Windows::Markup::MarkupExtension
[System.Windows.Markup.ContentProperty("Items")]
[System.Windows.Markup.MarkupExtensionReturnType(typeof(System.Array))]
public class ArrayExtension : System.Windows.Markup.MarkupExtension
type ArrayExtension = class
    inherit MarkupExtension
Public Class ArrayExtension
Inherits MarkupExtension
継承
ArrayExtension
属性

注釈

ArrayExtension は、x:Array マークアップ拡張機能の動作を実装するクラスと、[MS-DTC] の x:ArrayExtension 情報項目です。ArrayExtension is the class that implements the x:Array markup extension behavior, and the x:ArrayExtension information item from [MS-XAML]. x:Array は、特定のマークアップ拡張機能を有効にした構文を使用して、配列内の任意の子要素を追加できる XAML 言語機能をサポートしています。x:Array supports a XAML language feature that allows adding arbitrary child elements within an array, through a particular markup extension enabled syntax. マークアップ拡張構文には、マークアップ拡張機能の使用に関する明示的な Type 属性と、Itemsを指定するためのコンテンツ構文が必要です。The markup extension syntax requires an explicit Type attribute on the markup extension usage, and a content syntax for specifying the Items. 構文の詳細と詳細については、「 X:Array Markup Extension」を参照してください。For more information and details on the syntax, see x:Array Markup Extension.

このクラスは、マークアップ拡張機能の実装です。This class is a markup extension implementation. マークアップ拡張クラスは、主に XAML プロセッサ実装の一部に対するインフラストラクチャサポートを提供するために存在します。また、マークアップ拡張クラスによって公開されるメンバーは、通常、ユーザーコードからは呼び出されません。Markup extension classes exist mainly to provide infrastructure support for some aspect of a XAML processor implementation, and the members exposed by a markup extension class are not typically called from user code. この拡張機能では、xaml のX:Array マークアップ拡張機能の使用がサポートされており、xaml とその xaml リーダーおよび xaml ライターの xaml サービスの実装 .NET Framework ます。This extension supports the x:Array Markup Extension usage from XAML for .NET Framework XAML Services implementation of XAML and its XAML readers and XAML writers.

以前のバージョンの .NET Framework では、このクラスは WPF 固有のアセンブリのプレゼンテーションのフレームワーク .dll に存在していました。In previous versions of the .NET Framework, this class existed in the WPF-specific assembly PresentationFramework.dll. .NET Framework 4 以降では、ArrayExtension がシステムの .Xaml アセンブリにあります。Starting with the .NET Framework 4, ArrayExtension is in the System.Xaml assembly. これにより、.NET Framework XAML サービス上に構築された Windows Workflow Foundation などのフレームワークまたはテクノロジで x:Array 使用できるようになります。This makes the x:Array usage available to frameworks or technologies such as Windows Workflow Foundation that are built on .NET Framework XAML Services. 詳細については、「 Types Migrated from WPF to System.Xaml」を参照してください。For more information, see Types Migrated from WPF to System.Xaml.

システムの .Xaml アセンブリは XmlnsDefinitionAttribute を使用して、アセンブリ内の System.Windows.Markup CLR 名前空間から XAML 言語 (http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml) の XAML 名前空間に型をマップします。The System.Xaml assembly uses XmlnsDefinitionAttribute to map types from the System.Windows.Markup CLR namespace in the assembly to the XAML namespace for the XAML language (http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml). 一般的な XAML マークアップでは、ルート要素のマッピングで http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml のプレフィックスを宣言し、xプレフィックスを使用します。In typical XAML markup, you declare a prefix for http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml in a root element mapping and use the prefix x.

コンストラクター

ArrayExtension()

ArrayExtension クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ArrayExtension class. これにより、空の配列が作成されます。This creates an empty array.

ArrayExtension(Array)

指定された生の配列に基づいて、ArrayExtension クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ArrayExtension class based on the provided raw array.

ArrayExtension(Type)

ArrayExtension クラスの新しいインスタンスを初期化し、配列の型を初期化します。Initializes a new instance of the ArrayExtension class and initializes the type of the array.

プロパティ

Items

配列の内容を取得します。Gets the contents of the array. XAML のコレクション構文を使用して XAML で設定可能。Settable in XAML through XAML collection syntax.

Type

ProvideValue(IServiceProvider) の呼び出し時に作成される配列の型を取得または設定します。Gets or sets the type of array to be created when calling ProvideValue(IServiceProvider).

メソッド

AddChild(Object)

指定したオブジェクトを配列の末尾に追加します。Appends the supplied object to the end of the array.

AddText(String)

新しい配列項目としてテキスト ノードを追加します。Adds a text node as a new array item.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ProvideValue(IServiceProvider)

Items の値で指定されたオブジェクトの数に合わせてサイズが設定されている配列を返します。Returns an array that is sized to the number of objects supplied in the Items values.

ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください