ContentPropertyAttribute クラス

定義

型のどのプロパティが XAML コンテンツ プロパティであるかを示します。Indicates which property of a type is the XAML content property. XAML プロセッサは、属性付き型の XAML 表現の XAML 子要素を処理するときに、この情報を使用します。A XAML processor uses this information when processing XAML child elements of XAML representations of the attributed type.

public ref class ContentPropertyAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class, AllowMultiple=false, Inherited=true)]
public sealed class ContentPropertyAttribute : Attribute
type ContentPropertyAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class ContentPropertyAttribute
Inherits Attribute
継承
ContentPropertyAttribute
属性

次の例では、 Film ContentPropertyAttributeが適用されたという名前のクラスを作成します。The following example creates a class named Film that has a ContentPropertyAttribute applied. という名前Titleのプロパティは、content プロパティとして指定されます。The property named Title is indicated as the content property.

[ContentProperty("Title")]
public class Film
{
    public Film()
    {
    }

    public string Title
    {
        get { return _title; }
        set { _title = value; }
    }

    private string _title;
}
<ContentProperty("Title")>
Public Class Film
    Public Sub New()
    End Sub

    Public Property Title() As String
        Get
            Return _title
        End Get
        Set(ByVal value As String)
            _title = value
        End Set
    End Property

    Private _title As String
End Class

注釈

ContentPropertyAttribute関連付けられたプロパティの型stringがまたobjectはでない場合、XAML プロセッサは値の変換手法を識別しようとします。If the associated property of a ContentPropertyAttribute is not of type string or object, a XAML processor attempts to identify a value conversion technique. 最初のチェックでは、XAML 言語プリミティブまたは特定の XAML ライター実装によって有効にされた特定のネイティブ変換のいずれかについて、ネイティブ型変換を行います。The first check is for native type conversion, either of the XAML language primitives or of specific native conversions enabled by that particular XAML writer implementation. 次の手順では、型コンバーターを探します。The next step is to look for a type converter. .Net 実装では、型コンバーターは、適用されるTypeConverterAttributeメンバーレベルまたは型レベルの定義に基づいて識別されます。In the .NET implementations, a type converter is identified based on TypeConverterAttribute on either the member level or type level definition that applies. 値の変換を識別できない場合、通常、XAML オブジェクトライターは例外をスローします。If no value conversion can be identified, a XAML object writer typically throws an exception.

複数のオブジェクト要素をコンテンツとして受け入れるには、XAML コンテンツプロパティの型がコレクション型としてサポート可能である必要があります。In order to accept more than a single object element as content, the type of the XAML content property must be supportable as a collection type.

属性のContentPropertyAttribute宣言により、の値は通常、すべての派生クラスにコンテンツプロパティの指定を適用します。 Inherited=trueBecause of the Inherited=true declaration of the attribute, a value for a ContentPropertyAttribute normally applies a content property designation to all derived classes as well. ContentPropertyAttributeのを適用すると、派生クラスは、基本クラスによってコンテンツプロパティ属性の宣言を削除できます (および、クラスにコンテンツプロパティがないことに注意してください)。Applying an empty ContentPropertyAttribute enables a derived class to remove a declaration of a content property attribute by a base class (and to note that the class has no content property). 別の名前ContentPropertyAttributeを適用するとContentPropertyAttribute 、継承されたが新しいものに置き換えられます。Applying a differently named ContentPropertyAttribute replaces the inherited ContentPropertyAttribute with the new one.

以前のバージョンの .NET Framework では、このクラスは WPF 固有のアセンブリ WindowsBase に存在していましたが、Windows Communication Foundation (WCF) でも並列実装されていました。In previous versions of the .NET Framework, this class existed in the WPF-specific assembly WindowsBase, and also had a parallel implementation in Windows Communication Foundation (WCF). .NET Framework 4.0 以降では、 ContentPropertyAttributeは、システムの .xaml アセンブリにあります。Starting with the .NET Framework 4.0, ContentPropertyAttribute is in the System.Xaml assembly. 詳細については、「 Types Migrated from WPF to System.Xaml」を参照してください。For more information, see Types Migrated from WPF to System.Xaml.

WPF の使用上の注意WPF Usage Notes

を使用ContentPropertyAttributeする Windows Presentation Foundation (WPF) のクラスの例としてContentControlButtonクラスはから継承されます。An example of a class in Windows Presentation Foundation (WPF) that uses the ContentPropertyAttribute is ContentControl, which the Button class inherits from. プロパティは、 ContentPropertyAttributeによって設定されたコンテンツプロパティです。 ContentControl.ContentThe ContentControl.Content property is the content property set by the ContentPropertyAttribute. が XAML でインスタンス化されてContentいる場合Button 、のは開始ボタンと終了タグの間にある要素に設定されます。 ButtonIf a Button is instantiated in XAML, the Content of the Button will be set to the element that is between the start and end button tags.

コンストラクター

ContentPropertyAttribute()

ContentPropertyAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ContentPropertyAttribute class.

ContentPropertyAttribute(String)

指定された名前を使用して、ContentPropertyAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ContentPropertyAttribute class, by using the specified name.

プロパティ

Name

コンテンツ プロパティであるプロパティの名前を取得します。Gets the name of the property that is the content property.

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(継承元 Attribute)

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(継承元 Attribute)

適用対象

こちらもご覧ください