IReceiveMarkupExtension IReceiveMarkupExtension IReceiveMarkupExtension IReceiveMarkupExtension Interface

定義

警告

この API は現在使われていません。

型によりマークアップ拡張機能から式 (または他のクラス) を受け取ることを宣言できる機構が用意されています。ここでは、出力はターゲット プロパティとは異なるプロパティの型になります。Provides a mechanism whereby types can declare that they can receive an expression (or another class) from a markup extension, where the output is a different property type than the target property. .NET Framework 4 の実装には使用しないでください。Do not use for .NET Framework 4 implementations.

public interface class IReceiveMarkupExtension
[System.Obsolete("IReceiveMarkupExtension has been deprecated. This interface is no longer in use.")]
public interface IReceiveMarkupExtension
type IReceiveMarkupExtension = interface
Public Interface IReceiveMarkupExtension
属性

注釈

.NET Framework 3.0.NET Framework 3.0IReceiveMarkupExtension 、xaml の解析中にマークアップ拡張機能として設定されている xaml アクセス可能なメンバーのいずれかに対して、型が別の codepath を入力することを許可する WPF 固有の手法でした。In .NET Framework 3.0.NET Framework 3.0, IReceiveMarkupExtension was a WPF-specific technique for permitting types to enter a different codepath whenever any of its XAML-accessible members where set as markup extensions during XAML parsing. .NET Framework 4.NET Framework 4は、このインターフェイスは互換性のために残されていますが、マークアップ拡張機能がサービスまたは型を受け取ることにより、マークアップ拡張機能の特定のロジックを呼び出すことができるように、.NET Framework XAML サービスの実装に置き換えられました。In .NET Framework 4.NET Framework 4, this interface is obsolete, and is replaced with a .NET Framework XAML Services implementation for how markup extensions can receive services or types can invoke markup-extension specific setter logic.

実装.NET Framework 4.NET Framework 4の場合、型が他の方法ではなくマークアップ拡張機能によってプロパティを設定するときに特別なXamlSetMarkupExtensionAttribute処理を実行する場合は、属性が適用された型を定義する必要があります。For .NET Framework 4.NET Framework 4 implementations, if types want to perform special processing when setting properties by markup extension rather than by other means, types should be defined with XamlSetMarkupExtensionAttribute attributes applied. 属性は、通常、型のプライベートメンバーとして定義されるコールバックを指定します。The attribute specifies a callback, which is typically defined as a private member of the type.

WPF クラスのインフラストラクチャ実装でXamlSetMarkupExtensionAttributeは、が適用されるほとんどの場合、このインターフェイスを以前に実装したメソッドをReceiveMarkupExtension参照しますが、代わりにコールバックからコンテキストを使用します。In infrastructure implementations of WPF classes, most cases where XamlSetMarkupExtensionAttribute is applied reference a ReceiveMarkupExtension method that previously implemented this interface, but now instead use context through the callback.

メソッド

ReceiveMarkupExtension(String, MarkupExtension, IServiceProvider) ReceiveMarkupExtension(String, MarkupExtension, IServiceProvider) ReceiveMarkupExtension(String, MarkupExtension, IServiceProvider) ReceiveMarkupExtension(String, MarkupExtension, IServiceProvider)

プロパティの値を提供するマークアップ拡張機能の処理を行います。Provides the handling for markup extensions that provide property values. .NET Framework 4.NET Framework 4 の実装には使用しないでください。「IReceiveMarkupExtension」を参照してください。Do not use for .NET Framework 4.NET Framework 4 implementations; see IReceiveMarkupExtension.

適用対象

こちらもご覧ください