NameScopePropertyAttribute クラス

定義

XAML 名前スコープの値を提供する関連付けらているクラスのプロパティを指定します。Specifies a property of the associated class that provides the XAML namescope value.

public ref class NameScopePropertyAttribute sealed : Attribute
public sealed class NameScopePropertyAttribute : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class, AllowMultiple=false, Inherited=true)]
public sealed class NameScopePropertyAttribute : Attribute
type NameScopePropertyAttribute = class
    inherit Attribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class, AllowMultiple=false, Inherited=true)>]
type NameScopePropertyAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class NameScopePropertyAttribute
Inherits Attribute
継承
NameScopePropertyAttribute
属性

注釈

XAML を使用する典型的なオブジェクトモデル/アプリケーションモデルの組み合わせでは、XAML 名前スコープとして使用されるクラスは、一般にルート要素として使用されるクラス、またはページの比喩をサポートするクラスです。In a typical object model / application model combination where XAML is used, the classes that are used as a XAML namescope are the classes that are generally used as root elements, or that support a page metaphor. これらのクラスは、一般に INameScope を実装し、フレームワークのプログラミングモデルとアプリケーションモデルのコンテキストでの xaml 処理の一般的な動作によって、ルートに対応する xaml 名前スコープを作成します。These classes generally implement INameScope and the XAML namescope is created corresponding to the root by typical XAML processing behavior in context of a framework's programming model and application model.

NameScopePropertyAttributeを使用する場合、xaml 名前スコーププロパティの値は、 INameScope 実際の xaml 名前スコープとその動作を実装して保持するオブジェクトであると想定されます。If NameScopePropertyAttribute is used, the XAML namescope property value is expected to be an object that implements INameScope and holds the actual XAML namescope and its behavior.

この属性には、プロパティ名のみ、または型とプロパティという2つの形式があります。There are two forms for this attribute: property name only, or type and property. 後者の形式は、XAML 名前スコープを保持するプロパティがアタッチ可能なメンバーである場合にのみ使用してください。The latter form should be used only for cases where the property that holds the XAML name scope is an attachable member. アタッチされたメンバーの手法には、サービスクラスが、いくつかの異なるオブジェクト型をサポートする XAML 名前スコープの概念を実装できるという利点があります。The attached member technique has the advantage that service classes can implement a XAML namescope concept that can support several different object types. これらのオブジェクトの種類は、クラスの継承で明示的に関連付けられている必要はありません。Those object types then do not need to be explicitly related in class inheritance.

以前のバージョンの .NET Framework では、このクラスは WPF 固有のアセンブリ WindowsBase に存在していました。In previous versions of the .NET Framework, this class existed in the WPF-specific assembly WindowsBase. .NET Framework 4.NET Framework 4 NameScopePropertyAttribute は、は、システムの .xaml アセンブリにあります。In .NET Framework 4.NET Framework 4, NameScopePropertyAttribute is in the System.Xaml assembly. 詳細については、「 Types Migrated from WPF to System.Xaml」を参照してください。For more information, see Types Migrated from WPF to System.Xaml.

WPF の使用上の注意WPF Usage Notes

WPF では、この属性は1つの型にのみ適用され DependencyObject ます。In WPF, this attribute is applied to only a single type, DependencyObject. この場合、属性付きプロパティは、サービスクラス NameScope とその NameScope.NameScope 添付プロパティです。In this case the attributed property is the service class NameScope and its NameScope.NameScope attached property.

コンストラクター

NameScopePropertyAttribute(String)

指定した名前を使用して、NameScopePropertyAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the NameScopePropertyAttribute class with the specified name.

NameScopePropertyAttribute(String, Type)

指定された名前と型を使用して、NameScopePropertyAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the NameScopePropertyAttribute class with the specified name and type.

プロパティ

Name

XAML 名前スコープを提供するプロパティの名前を取得します。Gets the name of the property that provides the XAML namescope.

Type

XAML 名前スコープのサポートを提供する添付プロパティの所有者の種類を取得します。Gets the owner type of the attached property that provides the XAML namescope support.

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(継承元 Attribute)

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(継承元 Attribute)

適用対象

こちらもご覧ください