NamespaceMapEntry クラス

定義

XamlTypeMapper が XML 名前空間、CLR 名前空間、およびその CLR 名前空間の関連する型を格納するアセンブリの間の割り当てに使用する情報を提供します。Provides information that the XamlTypeMapper uses for mapping between an XML namespace, a CLR namespace, and the assembly that contains the relevant types for that CLR namespace.

public ref class NamespaceMapEntry
public class NamespaceMapEntry
type NamespaceMapEntry = class
Public Class NamespaceMapEntry
継承
NamespaceMapEntry

注釈

この型は、XAML の WPF 実装に固有のものです。This type is specific to the WPF implementation of XAML. XAML の一般的な実装で使用する場合は、WPF アセンブリを含める必要があります。If you use it in a general XAML implementation, you must include the WPF assemblies.

WPF アセンブリを含める必要のない別の方法としては、xaml スキーマコンテキストの参照 (のIXamlSchemaContextProviderサービスプロバイダーコンテキストで使用可能)、 XamlObjectWriter.SchemaContextまたは xaml ノードループまたは xaml ライターから参照される一般的な xaml ライターのフレームからの参照があります。XAML スキーマコンテキストには、そのアセンブリ、優先するプレフィックスマッピング、および XAML 名前空間情報を返すための API が含まれています。Alternative techniques that do not require including WPF assemblies include referencing the XAML schema context (available in a service provider context from IXamlSchemaContextProvider, or from XamlObjectWriter.SchemaContext from a XAML node loop or general XAML writer frame of reference.) The XAML schema context includes API for returning its assemblies, preferred prefix mappings, and XAML namespace information.

コンストラクター

NamespaceMapEntry()

NamespaceMapEntry クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the NamespaceMapEntry class.

NamespaceMapEntry(String, String, String)

指定された XML 名前空間、CLR 名前空間、およびアセンブリ情報を使用して、NamespaceMapEntry クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the NamespaceMapEntry class, using provided XML namespace, CLR namespace, and assembly information.

プロパティ

AssemblyName

CLR 名前空間にある型を格納しているアセンブリ名を取得または設定します。Gets or sets the assembly name that contains the types in the CLR namespace.

ClrNamespace

割り当てる型を格納している CLR 名前空間を取得または設定します。Gets or sets the CLR namespace that contains the types being mapped.

XmlNamespace

割り当てる XML 名前空間のマッピング プレフィックスを取得または設定します。Gets or sets the mapping prefix for the XML namespace being mapped to.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください