MarkupObject クラス

定義

オブジェクトのツリー内を移動するのに使用できるオブジェクトを表す抽象クラス。

public ref class MarkupObject abstract
public abstract class MarkupObject
type MarkupObject = class
Public MustInherit Class MarkupObject
継承
MarkupObject

注釈

をインスタンス化するには MarkupObject 、クラスのメソッドを参照してください GetMarkupObjectFor MarkupWriter

プロパティ

Attributes

派生クラスでオーバーライドされると、この MarkupObject に関連付けられている属性を取得します。

Instance

派生クラスでオーバーライドされると、この MarkupObject で表されるオブジェクトのインスタンスを取得します。

ObjectType

派生クラスでオーバーライドされると、MarkupObject インスタンスの型を取得します。

Properties

派生クラスでオーバーライドされると、XAML に書き込む必要があるこのインスタンスのプロパティを取得し MarkupObject ます。

メソッド

AssignRootContext(IValueSerializerContext)

派生クラスでオーバーライドされると、ValueSerializer クラスのルート コンテキストを割り当てます。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください