MarkupWriter クラス

定義

XAML 形式でオブジェクトを記述するためのメソッドを提供します。Provides methods to write an object to XAML format.

public ref class MarkupWriter sealed : IDisposable
public sealed class MarkupWriter : IDisposable
type MarkupWriter = class
    interface IDisposable
Public NotInheritable Class MarkupWriter
Implements IDisposable
継承
MarkupWriter
実装

注釈

GetMarkupObjectForをインスタンス化するために使用でき MarkupObject ます。GetMarkupObjectFor can be used to instantiate a MarkupObject.

メソッド

Dispose()

MarkupWriter で使用したリソースを解放します。Releases the resources used by the MarkupWriter.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetMarkupObjectFor(Object)

指定したオブジェクトから MarkupObject のインスタンスを作成します。Creates an instance of a MarkupObject from the specified object.

GetMarkupObjectFor(Object, XamlDesignerSerializationManager)

指定したオブジェクトと指定したシリアル化マネージャーから MarkupObject のインスタンスを作成します。Creates an instance of a MarkupObject from the specified object and the specified serialization manager.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください