Reference クラス

定義

{x:Reference} のマークアップ拡張機能を実装します。Implements the {x:Reference} markup extension.

public ref class Reference : System::Windows::Markup::MarkupExtension
[System.Windows.Markup.ContentProperty("Name")]
public class Reference : System.Windows.Markup.MarkupExtension
type Reference = class
    inherit MarkupExtension
Public Class Reference
Inherits MarkupExtension
継承
属性

注釈

マークアップ拡張機能では、位置指定の使用 (パラメーターが1つだけ) と名前付き引数の使用name(名前付き引数を使用) がサポートされています。 {x:Reference}The {x:Reference} markup extension supports a positional usage (there is only one parameter) and a named argument usage (with the named argument name).

{x:Reference}マークアップ拡張機能は、オブジェクトグラフ内の別の名前付きオブジェクトを参照するために使用されます。The {x:Reference} markup extension is used to reference another named object in the object graph. このシナリオのオブジェクトは、最初はによって名前が付けられRuntimeNamePropertyAttributeますが、特定の実装では、多くの場合、別のを定義しますObjects in this scenario are initially named by , although specific implementations often define a different RuntimeNamePropertyAttribute. 詳細については、「 x:Reference Markup Extension」を参照してください。For more information, see x:Reference Markup Extension.

マークアップ拡張機能の詳細については、「 XAML の型コンバーターとマークアップ拡張機能」を参照してください。For more information about markup extensions, see Type Converters and Markup Extensions for XAML.

システムの .xaml アセンブリは、 XmlnsDefinitionAttributeを使用して、アセンブリ内のすべての型を xaml 言語 (http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml) の xaml 名前空間にマップします。The System.Xaml assembly uses XmlnsDefinitionAttribute to map all types in the assembly to the XAML namespace for the XAML language (http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml). 通常は、ルート要素のhttp://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xamlマッピングでのプレフィックスを宣言し、プレフィックスxを使用します。Typically you declare a prefix for http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml in a root element mapping and use the prefix x.

コンストラクター

Reference()

Reference クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Reference class.

Reference(String)

name 引数で Reference クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Reference class with the name argument.

プロパティ

Name

参照を取得する XAML の名前を取得または設定します。Gets or sets the XAML name to obtain the reference for.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ProvideValue(IServiceProvider)

ターゲット プロパティの値であるオブジェクトを返します。Returns an object that is the value of the target property. Reference 型の場合、これは指定した Name が参照するオブジェクトです。For the Reference type, this is the object that the provided Name references.

ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください