TypeExtension クラス

定義

文字列の入力に基づき Type を返すマークアップ拡張を実装します。Implements a markup extension that returns a Type based on a string input.

public ref class TypeExtension : System::Windows::Markup::MarkupExtension
[System.Windows.Markup.MarkupExtensionReturnType(typeof(System.Type))]
public class TypeExtension : System.Windows.Markup.MarkupExtension
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Windows.Markup.TypeExtensionConverter))]
[System.Windows.Markup.MarkupExtensionReturnType(typeof(System.Type))]
public class TypeExtension : System.Windows.Markup.MarkupExtension
type TypeExtension = class
    inherit MarkupExtension
Public Class TypeExtension
Inherits MarkupExtension
継承
TypeExtension
属性

注釈

XAMLXAML の使用方法については、「 X:Type Markup Extension」を参照してください。For XAMLXAML usage information, see x:Type Markup Extension.

注意

{x:Type} の機能は、通常、マークアップからユーザーコードを呼び出すときに使用されます。The {x:Type} functionality is generally for user code invocation from markup. XAML サポートを実装しているコードの場合、型解決サービスは IXamlTypeResolver から取得され、動作する XAML スキーマコンテキストの実装に関連します。For code that is implementing XAML support, type resolution services come from IXamlTypeResolver and are related to the implementation of the acting XAML schema context. IXamlTypeResolver サービスプロバイダーの代わりとして ProvideValue を参照しないでください。渡されたコンテキストが型解決に対して有効でない可能性があり、有効なサービスを使用せずにを呼び出すと失敗します。Do not attempt to reference ProvideValue as a substitute for a IXamlTypeResolver service provider; the context you pass in might not be valid for a type resolution, and attempts to call without valid services will fail.

WPF の使用上の注意WPF Usage Notes

型参照は、これらの機能が XAML によって参照されている場合に、WPFWPFのスタイル、テンプレート、およびデータバインド機能の領域でよく使用されます。Type references are commonly used for style, template, and databinding feature areas in WPFWPF, when these features are referenced by XAML.

コンストラクター

TypeExtension() TypeExtension クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TypeExtension class.
TypeExtension(String)

TypeExtension クラスの新しいインスタンスを初期化します。TypeName 値は、指定された typeName 文字列に基づいて初期化されます。Initializes a new instance of the TypeExtension class, initializing the TypeName value based on the provided typeName string.

TypeExtension(Type)

型を直接宣言して、TypeExtension クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TypeExtension class, declaring the type directly.

プロパティ

Type

この拡張機能の型情報を取得または設定します。Gets or sets the type information for this extension.

TypeName

このマークアップ拡張機能によって表される型名を取得または設定します。Gets or sets the type name represented by this markup extension.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ProvideValue(IServiceProvider)

この拡張機能を適用するプロパティで設定するオブジェクトを返します。Returns an object that should be set on the property where this extension is applied. TypeExtension の場合、これは要求された型名の評価対象となる Type 値です。For TypeExtension , this is the Type value as evaluated for the requested type name.

ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください